スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『まんまごと』。
『まんまこと』(畠中恵/文藝春秋)

図書館で小説と実用書を1冊ずつ借りるのが最近の傾向。

今週借りたのは『しゃばけ』シリーズで有名(だと思う)な畠中恵さんの『まんまこと』。
畠中さんは『しゃばけ』シリーズを読んで気に入ってたので、前にも『つくもがみ貸します』『ゆめつげ』なども借りてみたり。

『しゃばけ』のように、ある人物についての小エピソードが続いて一つの物語になっている構成。
畠中さんらしい文章で、さくさくと読めて面白かったのだけれども。

だけれども。


~以下ネタバレを含む感想 注意~














最初から提示されていた主人公の想いについて、決着が付いたラスト3ページ。
主人公に、それで本当によかったの?って言いたかった。
自分でも、それが後悔する選択かもしれないって、ずっとそのことを悔やみ続けるかもしれないってわかってたのに。

こういう結末を受け入れられない自分は、きっと自分本位に人を想って破滅するタイプなんだろうなぁって思う。
スポンサーサイト
今週末買ってしまった本s。
一冊目:京極夏彦『狂骨の夢』(講談社ノベルス)

最近は京極堂にはまりすぎだと思う。
シリーズ一作目・二作目は立ち読みで読み通したけど、三冊目だけは行きつけの古本屋さんになくって、ちょっと遠くの古本屋さんで購入。
それでも550円・・・まぁ、元が1100円なわけだからしょうがないと言えばしょうがないのかなぁ。

今やっと1/3くらいまで読み。
まだ京極堂が出てこない・・・。


二冊目:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)

古本屋さんになくって、仕方なく普通の書店で購入。
それでも上記『狂骨の夢』と同じお値段。
三倍くらい厚さが違うのに。

これを買ったきっかけは、友達からこの本の主人公がわしによく似ている、との話を聞いたから。

だからジャンルとか一切知らずに読んだのだけれど、なかなか面白いストーリー展開。
割とすぐに読了してしまった。

そして、肝心の主人公について。

―似てた。

最初はあんまり思ってなかったけど、二章あたりからじわじわと来るものがっ・・・。
まあ、もう学生じゃないからこんな風にはならないよなぁ。


三冊目:月刊SAVVY1月号(大阪 神戸 京都 最新パン&ロールケーキ)

仕事も兼ねてだけど購入。
実はSAVVYは結構買ってたりする。

まだ読んでないけど、知ってるお店をどんどん広げていきたいなぁ。
ほりみや二巻ー。
堀さんと宮村くん 2』好評発売中。
というわけで買いました。さっそく。

ついでにヘタリアの2巻も平積みにあったので買いました。

部屋の本棚。
CA3C0088.jpg
Webコミック関連や4コマ作品が多いなぁ・・・。


ん・・・?


CA3C0088-b.jpg
なん・・・だと・・・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。