スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライ麦畑で捕まえて(仮)
初の試みとしてFlashゲーム作ってます。
といってもシンプルなクリックゲームなので全然難しいこたぁーないのですが、まともにアクションスクリプト(Flashを動作させる為の言語)を勉強してないので、えらく不恰好なものになってます。

とりあえずステージ2まで作ったのでアップ。
スコア化やデザイン、ステージの追加とかやんないとダメですね。

【ライ麦畑で捕まえて(仮)】

一応秒数計算だけは付いてますので、軽くタイムアタックできるかもですが、結構すぐ終わっちゃいます。



・・・あれ、そういえばレポート書くの忘れt(ゲフ
スポンサーサイト
忘れ去られたマンデルチーゲル。
そういえば先週の木曜日にお菓子作ったのだけども、ずっと載せるのを忘れていた。

こちらがその写真
035.jpg

忘れ雪さんにインスパイアされ、猪口才にも画像装飾を施してみました。

Mandel Ziegelはドイツ語で、カタカナ表記だとマンデルチーゲルとなります。
Mandel=アーモンド
Ziegel=瓦
という意味で、屋根の瓦アーモンド葺きとかそんなイメージ。

母御の友人からレシピが流れてきたので作ることにしたのですが、材料だけしかわからなかったので製作に悪戦苦闘。

何とか最後には写真のようにカタチ整えられる段階まできましたけど、本物はもっと薄く焼きあがってます。

基本的にシンプルなお菓子として手軽に作れるんですけども、アーモンドが高くつくのが難点・・・。


例に漏れず大学の知り合いに散布されました。
 
色付け。
久々にカラーイラスト・・・。
といっても、黒白の二色+グラデーションなのでそんなには。

mikideru.jpg

みっきゃん(RO)+HELLSING

アンデルセン神父のポーズを真似させてみたのですが、手元に漫画持たずに描いてたので大分違ってます。まぁ、4頭身のキャラに7~8頭身のポーズさせるというのも、手足の長さの点で結構無理あるのですが。


おまけ:ツッコミ入りました。
015.jpg

「不死族(みっきゃん)が神父のマネをするのはどーかと思う。」

もっともだけど、あの神父だって不死者並に怖いじゃないか!(何
みくし。
ソルちんからお誘いメールがあったので、適当にmixiにとりあえずアカウントだけ取得してみた。

かといって日記として使うかは微妙。もうBlog二つ持ってるしね。

ともあれmixiの話題だけれども、『友達を探してみよう』という表示があったので、適当に検索かけてみることに。

中高や地元の知り合いの名前で探してみるも、見つからず。


そーこーしてるうちに、知る必要の無いことを知ってしまったり。
なんかこーアンニュイ。

大人しくレポートと絵描いてよう。
腹、時々減る。
『絵に描いた餅』という言葉があります。
空腹の極みまで至ると少しでもそれを癒そうともがくのは人の性。

そんなわけで絵に描いた餅的なイラストが溜まってきたので出してみやう。
008.jpg

『南山大学第一食堂オススメメニュー アジアの太陽』
 ドライカレー+半熟卵の一品。
 第一食堂だと最近これしか食べてません。


009.jpg

 マンガ肉に憧れてみる。
 でも実際骨がある肉(スペアリブ、手羽先)って食べにくい。


010.jpg

 いつも携帯しているオヤツ、しるこサンドを忘れた時に描いたもの。
 みっきゃんに食わせれば多少はお腹が膨れるかも、と期待し、虚しさに泣く。


007.jpg

・・・さすがにまだ時期が早いかも。
氷の輪郭が薄過ぎて天辺見えにくいです。
ちなみに中に入ってるかきっぴは懐かしの青髪アサ。


011.jpg

「おはよう」から「おやすみ」まで暮らしを見つめる大福。
『雪』該当者はたくさん居ますが、白羽の矢が立ったのは忘れ雪さん
段々食欲とか関係無くなってきた。
  ↓ ↓ ↓
012.jpg

大福の中の人。
ぼてくり。
濃ゆくないみっきゃん三点。
落書き止まりでCG化する元気足りてません。

p066.jpg

あほ毛生えました。


p067.jpg

顔に影。
右にいるみっきゃんのは割とうまく行ってるけど、左がいまいちー・・・。


p069.jpg

「自分のすることで
 誰かを笑わせたり、楽しい気分に(させたり)できるなら
 それだけで『する』理由にならないかな。」
別にマンガの一コマというわけでもないのに、こうやってセリフを入れたくなる病。
 
でみぐら再び。
お菓子作りましたー。
ブラウニーもどきにチョコかけてあるアレです。
今回台座はうまくいってたんですが、上にかけるチョコに加える生クリーム買い忘れてて・・・。
とりあえず牛乳でいいや、と同じ配分でやったらしゃびしゃびになったので、適当に目に付いたちょうど良くそこにあったチョコを追加。非常に濃い(くどい)味になっていまいしました。

というか、時期がまずいです。
この暑い時期にチョコはくどくど・・・。
アイス位に冷えてるといいのですが。

今度は冷たいお菓子作ろうかな~。

あ、写真撮り忘れたッ。
こんなんも描くのです。
p068.jpg


夜にふと何かにとり憑かれた様に描いた絵。
自分でも何がしたいのかよくわかりません。

何気に裏に描いた別の絵が透けて見えてたり。
とうもろ。
ベルガさんに落書きシリーズがよかったと言われたので、それっぽいタッチで描いたプチイラストをアップロードしてくことに。

p065.jpg

というわけでさっそく一枚。

・・・撮り方がえらく変。まぁそれは置いといて。

トウモロコシをぷち擬人。
服装のイメージはアンデスとかその辺。
最初は髪の毛ストレートだったんだけど、トウモロコシのひげをイメージしてこんな感じに。


ところで何でわしはこんなの描いたんだっけ?(-ω-)
きっとお腹がすいてたんだろう。
「テルーの唄」「ユバナ」。
大学帰りにナナムジカのアルバム『ユバナ』を買いにCDショップへ。

お店に入ると、どっかで聞いたことある曲が流れてました。
しばらく考えてると、ようやくゲド戦記に使われてる曲だと思い出す。

ゲド戦記はジブリで取り上げられる前から、大学の教授に勧められて読破したシリーズです。

そんなわけで微妙にゲド戦記に期待してたわけで、ついついこの流れていた曲「テルーの唄」のCDも購入。
ゲド戦記サントラに先行して、一曲だけ入ってるCDで500円。微妙。でも買う。


そんなわけで久々に音楽れびぅー。


テルーの唄  手嶌 葵

 間奏以外は基本低音で演奏は抑えられ、声が主体で表現されてます。
 作詞は宮崎吾朗・・・Σ って監督ー!?
 作品のイメージのある歌詞だなぁとは思ったけどまさか監督自ら・・・。
 映画を見て、更にこの歌詞に何か感じるようになるんだろか?
 
 『 人影途絶えた野の道を 私とともに歩んでる
   あなたもきっと寂しかろう
   虫のささやく草原を ともに道行く人だけど
   絶えて物言うこともなく
  
   心を何にたとえよう 一人道行くこの心
   心を何にたとえよう 一人ぼっちの寂しさを 』


風よどこへ吹く(『ユバナ』より ナナムジカ)

 『ユバナ』を再生して、一番最初に流れたのがこの曲。(ランダム再生にしてたのでいきなり5トラック目からに。) 曲調に惹かれて、音量最大にして聞き入りました。
 テンポや間奏はかなり気に入ってるのですが、もうちょっと盛り上がりがある方が好きになったかもしれません。
 でもいい曲はいい曲です。

 『 君に出会えた偶然をもっともっと噛み締めてゆこう
     駆け抜ける時代の早さに慣れてしまわぬ様に  』


七つの海(『ユバナ』より ナナムジカ)


 エレキギ&アコギがいい音ー。
 今回はローテンポな選択が多いような。
 ちなみにさっき挙げた「風よどこへ吹く」と訴えてることはなんとなく似ていたり。
 こっちは盛り上がりには足りてる感が。
 でもまだまだ月凪並の幻想感には足りない・・・。
 あれを超えれるのは無いのかしらん。

 『 Ah 君と過ごした季節は
   虹の様だったよ
   どうして僕ら何度傷ついても
   まだ人を愛せるんだろう   』



 
こんなカタチで逢うとは。
地元の友達とゲーセンに行きました。
そこでげおの人が勧めていたゲーム機を見っけたので、ちょっと見てみることに。

デモをぼんやり眺めつつ「あぁ、こんな感じかぁ」と思っていると、画面変わってランキング表示に。

一位 GEO
二位 GEO
三位 GEO
(以下略)

Σ( ̄□ ̄;) やってくれるよあの人は!

 
祭りの二。
西枇杷島の祭りに次いで、弁天祭りに参加ー。

友達と一緒に行ってたのですが、そこでいとことその友人に遭遇。
なんとなくだべってるうちに一緒に行動することに。

いとこの友達てーのは初対面だったのですが、いとことえらく仲良かったし、気さくな子だったのでこっちとは面白かったかな。

(-ω-)考えてみればあっちは迷惑じゃなかったかなぁ・・・?

訊こうにも二度と会うことなさそうだけど(何


祭りの途中、今更ながらに誕生日プレゼントとして帽子をもらいました。
p064.jpg

黒い。
鎖付き。
十字架付き。← (゚□゚;≡゚□゚)!

かぶったら何か活力奪われそうです。
鎖が十字架を押さえ込んでると解釈するならなんとか・・・(謎

ありがたく日が強いときに使わせていただきやーす。
 
試行錯誤。
絵をCGにするにあたって、色んな方法を試しているわけですが、いまいちどれもパッとしないとゆーかなんとゆーか。

まず原画をスキャンしてますが、原画段階だとまずこんな感じ。
toc2.jpg

エンピツで薄く描いた上に、今回は細いボールペンで主要線をなぞり。

で、それをスキャンしてどうするかで二択。

 a.スキャンした線をそのまま利用し色を塗る。
 b.スキャンした線を描線ツールでなぞって、そのあとに色を塗る。

aだともう色塗るだけでいい、というので楽なのですが、線をそのまま利用しようとすると、非常に雑なライン化されてしまうという・・・。
実際どんな感じかというとこんな感じ。
toc3.jpg

すごくガタガタです。

bだと時間はかかりますが、仕上がりはいい方です。
微調整も楽ですしね。
toc.jpg

でもやっぱり原画と雰囲気変わりますよね。やっぱり。


特に色を塗る必要性が無いようなものだったら、無理にCGにしないで原画状態で載せようかなーとか思ってみたり。
いっそのこと、色(もしくはトーン)をつけてからスキャンするのもありかもしれない。

じめじめ。
最近暑いです。
というわけで、寝巻き用に甚平(甚平について)を購入しました。

また爺くさいとか言われるのでしょうけども、涼しくていい感じー。
あとはうちわとハラマキがあれb(ゲフゲフ
指定型バトン
あっきーんとこから「指定型バトン」なるものが回ってきました。
この前「漢字バトン」を回したことへの復讐お返しかしらん。

■■■[指定型バトン]のルール■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

もらった指定は『フラッシュ』。
カメラに付いてるあれでもなく、キューティーハニーのあれでもないと思いたい。
というかカタカナであることが気に食わない。
そういうわけで以降は『Flash』と記述する。

Wikipediaで説明する、『Flash』とは何ぞや


◆最近思う『Flash』

いい長編に中々めぐり合ってませんね。
短編でも面白いのはあるのですが。
一発ネタの方が作者としてはやりやすいんでしょう。きっと。

長編作って苦労している本人が言ってるのだから間違いない。


◆この『Flash』に感動

ストーリーで泣けるのもあるのだけれど、Flashとして感動するのであれば、そのFlashのアクション性から言った方がいいのだろうか。

だとすると上げたいのは『GunDrive』。
3年前の紅白Flashで登場。
アクションと音楽のテンポが合ってて、短くとも爽快さがあると感じてます。
確かに今はこれよりいいものがあるかもしれませんが、『目標』として感動したFlash作品です。

ストーリーなら一押しBassDrill
SFのストーリーの裏に、多くのメッセージが込められてるとのこと。
こっちも古いですが、今のところこれより長い作品は見たことがないです。
RO迷作劇場はこれの影響を受けてるからあんなに長く(ゲフゲフ


◆直感的『Flash』

何かで面白いものを見るとつい、「Flashにしたらどんな感じかな」とか考えたりします。
病気かも。


◆好きな『Flash』

技巧やストーリーに関わらず好きだと言うなら、『天空都市』。
残念ながら公開してるサイトは見つからず・・・。
好きな理由はわかりませんが、DLしてあるファイルをよく見たりしてます。
あとこのFlashにはonokenさんの『探し物』という曲がBGMに使われています。
onokenさんの曲はかなり好きなのですが、その出会いはこのFlashからになりますかね・・・。


◆こんな『Flash』は嫌だ!

長編を作りながらもいつまでも完結しないFlashとその造り手。

Σ ・・・って自分だ!


◆この世に『Flash』がなかったら

映像作品としてのパソコンの利用価値が減る。
mikiyaの趣味が一個減る。


◆次に回す5人(『指定』付きで)

あんまりたくさんの人に回すと某の人に恨まれそうなので、三名だけに。

忘れ雪さんへ『絵』。
 みっきゃんの絵を描いてもらってとてもうれしく思ってます!
 こっちのFlash作品は何年後にできるやr(ゲフゲフ
 あんまり期待されるとツブれるので注意です(ぉぃ

ソラちんへ『映画』。
 Blogにダビンチコードについて書いてあったから、なんとなく。

ヒロへ『ドイツ』。
 なんでドイツかは訊いちゃダメ。



そういえば昨日お祭りに行ってきました。
地元の友達と一緒に。

うん、つまり土曜のが日曜になっただけでちゃんと誘ってもらえたわけで。
ぬか悲しみ。
 
花火。
窓の外から時折花火の音が聞こえてきます。
近所でこんなのやってるんですよ。

去年までは地元の知り合いと行ってたんですけども、今年は声がかからず・・・。
かといって一人で行くのもあれだし・・・と思ってたらもう花火の時間になってました。

こなったら家から花火見つつ写真でも撮ろうかなーとも思ったら、今度はT○SHIBAのビルが邪魔で見えない。

泣きっ面に蜂。

ハタチになるってこういうことなんだろうか。
 
リンクがばっと。
このBlogと、ROBlog(行雲流水)のリンクを追加。
まとめてがばがばやりました。

中にはリンクフリーでないところに勝手に張ってしまっている場合もあるので、ご迷惑でしたらその旨お伝えくださいましー。


加えて現在両Blogのアーカイブとして構築しているFlashサイト、『蒼穹白路』をHTMLに戻そうかと考案中。
デザインは非常に気に入ってるのですが、更新のしにくさがネック。
その辺りのブレイクスルーがあるまでは、機能重視のHTMLで行こうと思います。
とりあえずデザインだけは新しく作らないと・・・。


(-ω-)そういえば昨日二十歳になりました。
年金のなにやら届けを書くのがめんどくさかったです、まる
最近絵ばっかり。
beruga_small.jpg

最近お絵かきばっかり。

今回のはエンピツ下書き→スキャン→線画ツール→色彩。
線画ツール使うときれいにまとまるし、加工もしやすいですが、時間がかかるのがあれです。
背景に使ってる画像はどっかから引っ張ってきたもの。



063.jpg

原画がこんなに描き溜まってます。

ほとんどがFlashムービー用の原画なので、単品でアップロードすることも出来ず・・・。
ならFlash作れよ、と言われるでしょうけど、それもまた中々・・・。

ほどほどに完成待ちしててください。
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。