スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長袖。
さみー・・・。
今日初めて長袖に手ぇつけたよ!

雨ってこともあったけど、急に冷え込んだ感がある。
そろそろ上着とか用意しないとマズそだ。
スポンサーサイト
がとー。
ガトーショコラ。
失敗しました。

p188.jpg
お友達の誕生日祝いに焼いたもの。
この角度からぱっと見はそんなにおかしくなさそうだけど、サランラップと比較してよくよく考えるとサイズがおかしい。



p187.jpg
そう、つまりこうなのだ。

このレシピは前に何回か試してるんだけども、今回は焼きが甘かった為、オーブンから出した後のしぼみがかなりハデに起きてしまったのが問題。
まぁ、理由がはっきりしてるから対処しやすいちゃしやすいんだけど、誕生日祝いのものしくったのはちょっと痛い。
味はいつもどおりな感じ。

p186.jpg
中がしっとりチョコなのだよ。
つきあいげのむ。
レオさんから何か回ってきました。
別にネタが無いわけじゃないんだけど、更新する時間が無いからこういう小ネタでとりあえず更新は止まってないんだぞと主張したい21歳。

↓ツキアイノゲノム
http://www.charamil.com/


01. 貴方のツキアイゲノムは何ですか?

○ツキアイゲノム
 ●基本的に『おせっかい』です。
 ●奔放で独創的。で、少しわがまま。
 ●ふやーっとモノを考えるのが好き。
 ●話好きだけど、お互い
  あまり詮索しすぎない距離が好き。

○オモテゲノム

 スマート:軽快トークでもめ事ブロックすりぬけ系のコミュニケーション

○ウラゲノム

 ワイルド:思うがままに楽しいことやりたい「イェーイ系発想」
 マザー:仲間のハッピーが大好物「オカン系発想」
 フィーリング:気持ちや直感で物事をジャッジする「フィーリング系発想」


02. 当たってますか

ツキアイゲノムって前もやったことあるけどね。
そのときもウラゲノムにフィーリングとワイルドがあったのは覚えてる。
他は「それってどうなの的な発想」みたいなのだったと思うけど・・・。
それがオカン系発想に変わってるってことは丸くなったってことなのかな?
確かに最近他人に攻撃的な意見をぶつけることは減ったとは思うけど。


03. どんな点が当たってる or 違ってると思う?

○当たってるところ

ワイルド、フィーリングは当たってると思う。
野生で直感て動物か、わしは。

○違ってるところ

軽快トークというよりはのらりくらりと言を広げて逃げるタイプだけど。

04. ウラゲノム、貴方はどのタイプに憧れる or なってみたい?

全種類知ってるわけじゃないから憧れるとかどうやって。


05. この人のツキアイゲノムが知りたいな!を5人

適当にやってみたい人どうぞ。
二色まどれ・異。
久々のお菓子作りー。
前回はプレーンとココアの二色だったけど、今回はよりバリエーションを広げるためにオレンジピールと抹茶の二色に挑戦。
p185.jpg

オレンジピールは刻んだオレンジピールとママレードを、抹茶は粉の1/5を抹茶に。
どっちも分量が多かったのか、味が大分強かった。
逆にそんなにマドレーヌっぽくないらしく。

オレンジピールの方はママレードの水分量で焼き時間が狂って、コゲが目立ってるから見栄えがよくないかな・・・。

抹茶は分量減らしで、オレンジピールはオレンジリキュールかなんかでまた微調整してみようかしら。
宮古&沖縄レポ⑤。
【9/4】

実は今日でメンバー中、二人は宮古島での調査が終わる。
というのも、二人は宮古島以外でも調査が必要になってくるので、竹富や西表に向かうのである。

というわけで今夜別れのプチ宴をやることに。
近くのファミマに酒とツマミの買出しに行ったんだけど、まぁ、一本ぐらい先輩だからおごってやろうと意気込んだのが間違いだったかもしれない。気がつけばカゴいっぱいの酒とつまみを持たされていた。
容赦ねぇな、後輩。

プチ宴ということで、ほそぼそと半分過ぎたフィールドワークを振り返りつつ飲み。
メンバーは入れ替わったり立ちかわったりだったけど、結局わしは最初から最後までいたんかな・・・。
無難な飲み会だ、と思ってたところで、泡盛でできあがった酔っ払いが何を思ったかスルメでポッキーゲームを強要。
危うくわしもターゲットにされかけたところで、助け舟が。

メンバーの一人が、颯爽とトランプを用いて華麗なマジックを披露。その見事な手際に、酔っ払いもスルメを忘れるほどに。
で、しばらくトランプに熱中するも、時間も遅くなって明日立つ二人が睡魔に負けてきたので離脱。

しっかし、軽くカクテル一杯飲んだだけでも結構来たなー。
自重自重・・・。
もっと自重してほしいのは酔っ払いの方だけど・・・。
まぁ、ポッキーゲームのときの動画撮れたからよし。



沖縄&宮古レポ⑥に続く。
緑かれー。
母御がタイのおみやげに、緑・黄・赤の三色のカレーを買って来た。
とりあえず今日は緑に挑戦。

p184.jpg

想像より大分淡い緑。
いや、確かに蛍光グリーンとかだったら食品として怪しむけど。

まぁまぁ辛さはよかったけど、嫌いな香草が入ってたのが残念。
今度は赤と黄色、どっちにしよかな。
宮古&沖縄レポ④。
【9/3】

今日はインタビューの為に、お土産屋さんを二つほどめぐることに。
ちょっとばかし遠出なので自転車をレンタル。
で、えっちらおっちら出発したわけだけど、ここで問題が。

お土産屋さんの場所がわからない。
グーグルアースで大体の位置は確認してたんだけども、それだけではどうにもわからない。
まぁ、急ぐようなことはないから、人に尋ねながらゆっくりでいいやとキコキコ移動。

大体この辺じゃないか、というところで聞き込み開始。
おじーちゃんおばーちゃんに結構訊きました。
でも皆知りませんでした(ぉぃ
コンビニで訊こうにも、コンビニすら見つからない始末。

迷走すること一時間、どうしようかしらん、と空港とかでくばってる無料の地図とにらめっこをしていると、現在地とかけ離れたところに目標のお店の名前が。

・・・あれ? 最初っから載ってたの?

(ノ´ωン)ウヴァー


どうにかこうにかお土産屋さん二軒共で話を聞けて、さぁ宿に帰ろうかと思ったときに電話が。

泡盛について研究してる子が、酒造所見学させてもらうことになったのだけども、一人だとインタビューに自信がないのでヘルプをお願いしたいとのこと。
ちょうど自分の作業終わったところなので、合流することに。

酒造所は日本酒のなら一回見たことあったけど、泡盛のは初めて。
色んなところを見せてもらったわけだけど、見学を担当してくれたおやっさんが面白すぎた。
気さくなおやっさんで、冗談とかかますんだけども、特にやらかしてくれたのは発酵の工程を見せてもらってたとき。
発酵を行なっている桶の近くまで行くと、おやっさんがいきなし首根っこをつかんできて、桶に半ば顔を突っ込んだ状態に。
発酵してアルコールを出している桶である。
まず、副次的に炭酸ガスを出すから息が出来ない。で、アルコールの臭いがキツい。日本酒とかでも臭いが強いのあるけど、そんな比ではない。鼻がひん曲がるくらいなのだ。
おやっさん曰く、桶の中に首を突っ込んだりすることは危険だと伝えたかったらしいが、殺人未遂だ、これは

結局その日一日は鼻が利かないまんますごすことになったとさ。


晩御飯てのは特に決まってなくて、ちょうどお腹すいた人とかが集まって行くんだけども、今回は六人で民謡居酒屋に。
入るとちょうど六人で満席といった感じで、ぎりぎり。
で、しかもちょうど曲も始まるといった風だった。
涙そうそうとか三線、ギターを使っての演奏を聴いたりしてたんだけども、お客さんの常連(だと思う)の方が今日誕生日とかで若干ハッスルしてた。

食事の方はソーメンチャンプルを注文。
ヾ(-ω-)ノ゛ 沖縄料理でのいっちゃんの好物ー。
なんか胡椒がえらく効いてたけど。

引き上げ際には記念にステージで写真撮らせてもらったりして宿に戻りー。
わしは大して意識してなかったんだけど、まだ作業が残ったままご飯に来てた子は、楽しいけど作業がまだ残ってる、という精神的苦痛の中にあったそうな。
まー、多少は根つめてもいいけど、ほどほどに。


実はそんなことを言いつつ、午前二時ぐらいまで作業を続けていた迷惑さんはわし(ノ´ωン)
皆寝ようとしてるのに部屋で作業やってたら怒られちったから(当然だ)、お外で蛍雪の功ごっこ。
いや、実際のところ蛍でも月明かりでもなく、街灯なんだけど。

おかげで今日もぐったりだったんだぜー。


宮古&沖縄レポ⑤に続く。
せかんどあかうんと。
20070920210137.jpg

サードアカウントのイラストに続き、セカンドアカウント。
相変わらず公式無視の服装とカラー。ケミなんてマントまるっきり違うし。
三人しか描いてないけども、現在四人目が育っているとかいないとか。

抱っこされてるヴァイスは一応進化後です。
誰が何といおうとこれが進化後です。


さて、こうなると次はファーストアカウントなわけだけど、はてさて描く気が起きるやら・・・。
宮古&沖縄レポ③。
【9/2】

海、二日目。
今日のはツアーパックということで、運転手役ではなかった。
パック内容は昨日行ってきたのと同じ前浜ビーチで、宿まで送迎・バナナボート・マリンジェット・シュノーケリング。
マリンジェットは乗ったことあったけども、バナナボートとシュノーkリングは初。

今回のメンバーは昨日のに加えて三人、合計七人。
フィールドワークメンバーの半数近くなわけだ。

最初の方にバナナボートに乗ったわけだけども、四人と三人に別れて搭乗。
で、四人組の方にわしが入ってて、先に三人を乗せてバナナボートがびゅーんと行っちゃったわけだけど、中々帰ってこない。

だーいぶ経ってから戻ってきたんだけども、何と途中で三人とも海に落っこちたらしい。
そいつぁ気をつけねば、と今度はわし含む四人の番。

バナナボートは、またがってプラスチックの取っ手つかむだけだから、左右にぶれると不安定。
それを結構なスピードで引っ張られるわけだから、もはや正面しか見てられない。
何せ、横を見ようと首をそらすだけでバナナボートが倒れちゃいそうな感じがするものだから。

バナナボートをマリンジェットで牽引していたのは中々渋いおっちゃんだったわけですが、大分沖に出たところですこーしばかりカーブをかけてきた。
すこーしばかりのカーブでも、バナナボートには結構きつい傾きがかかるわけで、必死に傾かないよう重心を調整する四人。

ふと前を見ると、おっちゃんがこっちをちらちら見ている。
それはきっと、カーブかけてるだろうから落ちないかどうか心配してこっちを確認していたんだろうけど、どうしてなのか「何だ、まだ落ちないのかお前ら」という視線に見えてた。
まぁ、とりあえず一回も落ちずにすんだけど。

マリンジェットの方は自分で動かした方が楽しいと思ったかな。
しがみついて乗ってるだけじゃイマイチ・・・。

で、シュノーケリングは船で沖に少しだけ出るというので、準備が要るとのこと。それまでフリーに海で遊ぶ。

ところで、海といえば生き埋めが定番ですが、やっぱり埋められてきましたとも
希望としては縦埋めがよかったんだけども、掘るのが大変てことで横埋めに。

六人の手で埋められるとなると結構さくさく埋められてって、気がつくともう腕は完全に関節が動かない状態にまでの砂に埋められてたり。
で、その状態のわしに座る始末。
このときわしにかかる力は、上に座る人の体重+砂の重さ。砂は支えにはなりません。全てダイレクトに力が加わってます。
若干死ぬかと思った。

体が完全に動けなくなるまで埋めるつもりだったらしいのですが、段々飽きてきたらしく、最終的には腹筋で上半身持ち上げて脱出。
腹筋以外では関節押さえられて動く部位がなかったという恐怖。

埋められたとき、髪にも結構砂が入ってたらしくて、以後数日髪につめを立てるとつめの隙間に砂が・・・。
髪ちゃんと洗ってても出てくる脅威。

で、その後がシュノーケリング。
これが結構面白かった。

装備をつけて、エサもらってもぐるわけだけど、軽くエサを散らすだけで魚に囲まれる。
で、あんまりにも手の近くでエサを散らすと、指すらかまれる(-ω-)四度くらいかまれた。
日が出てなかったのが残念だけど、それでも魚はきれいだったかな。
ダイビングとかならもう少し珊瑚礁に近づけたりできたのに・・・。

ところでシュノケーリングのとき使ったエサというのが、魚肉ソーセージだったわけなんだけど・・・共食い?

結構な時間シュノーケリング楽しんだわけだけど、天気が下り坂に。
風も出てきて寒くなってきたので引き上げたんだけども、浜まで戻る間に雨も。

ここでもう宿に戻るとゆーことに。

フィールドワーク開始は今日の17:00ということだったので、宿にはもう全員が集合。

もう前の宿から荷物だけは持ってきてたので、それを自分の部屋に。
わしを含む男子5人は9畳の一室。
一人当たり1.8畳のスペース・・・。まぁ、我慢。

で、今日の晩御飯は地元の役所の方で、フィールドワークの仲介役のようなことをやってくれる人と一緒に食べるということに。

飲み屋に17人というと、中々空いているお店がなくって、三軒目くらいにようやく確保。

そのときの晩御飯の様子は・・・あんまり思い出したくないかなぁ。
一応その方が話すことも、フィールドワークの一環としてメモ取り作業が必要だったわけなんだけども、フィールドワーク初めての参加者が多くってそれに気づいてないところもちらほら。
フィールドワーク経験者として、メモを取るように皆にお願いしてったけど、あんまりいいようにはできなかったかなぁ。
とりあえずまともに食べれたのはおにぎり一個だったような。

そんなこんなで割と疲れ果てて宿へ。
体力的にも精神的にもぐっと来る一日であった。
宮古&沖縄レポ②。
一日あいたけど、続き。

【9/1】

九時ぐらいに他のメンバーが泊まってる宿へ。
その宿っていうのはフィールドワーク中も学生全員が利用するところで、わしも早くからそこに泊まってればよかったんだけど、少し街に近い方が事前調査便利かな、というつもりで別の宿を利用。
ただ、実際そこまで距離変わらなくって、値段だけ損した感じ。

とりあえず今日の移動はレンタカーとのこと。
メンバーはわしを含めて四人なわけでしたが、免許持ちは二人。
一人はわしで、もう一人は「地獄へのドライブにしたくないなら運転席に乗せないで」とのこと。
というわけで、付知峡に続いて運転手係になったわけでしたヾ(-ω-)ノ゛

で、レンタカーなのですが、ATなのは別に構わない。
でもコラムシフトとかびっくりだよ。

まぁ、MTじゃないからそんなにガチャガチャはやらんでいいんだけど。


そんなこんななレンタカーで、海に行くということだったのですが、事前調査もやりたかったので、午前中は調査、午後に海というスケジュールに。

宮古の車道は基本市街地がのんびりな感じ。
どこから何が飛び出してくるかわからないし。

石垣よりはよっぽど楽ちん。


で、調査のためにスーパーやらみやげ店やら周ってたわけですが、ツレがわしが水着もってきてないということを思い出したらしく、服売り場へ。
わしも行くしかなかったわけだよ。
だって、ほっといたら勝手にビキニ海パンとか買ってきそうな勢いだったんだもの。

結局のところ自分で選んだのがこれ。
p183.jpg
ゆったりハーフパンツ。


調査も終わって、いよいよ海ー・・・。
向かったのはレンタカー持ってきてくれた兄ちゃんオススメの前浜ビーチ。
水が澄みきってきれいなのはもちろんのこと、砂がとってもやわらかかったのである。
近くのお店で浮き輪レンタルして、4人で突入。
数mのところでもう足がつかなくなるくらいで、ぷかぷか漂う感じ。
たまーに「流刑じゃー」と浮き輪つかんで沖に流したりして遊んでたものの、満ち潮の時間だったので特に波にさらわれるとかそういうのも無かったわけで。
ただ、悪かったのは天気。
だんだんと曇ってきて風も出てきて、陸に上がると寒くって、海水の中のほうがあったかい現象が。
もっと寒くなってくる予感がしたので、今日はその辺で切り上げ、ということに。

で、そいでもまっすぐには帰らず、温泉へと足を伸ばす一行。
宮古にも温泉あるもんで、割と新しい感じ。
何でも巨人の清原が来たとか来ないとか・・・。

驚いたのが泉質で、塩分たっぷり。
最初口の周りが塩っ辛いと思って、ちゃんと海水落とせてないのかと心配したくらいなんだけども、元々塩分が多いものらしい。
・・・つまり上がるときちゃんとシャワーで落とさないと、海みたいに塩が吹くのかな。

温泉上がりに、ちょっとおされなカフェに寄ることに。
温泉→カフェの流れは付知峡の恐怖を思い出させるけども、今回はそんなことはなく、無事やってましたとも。

my-001.jpg
それぞれ注文したのは
 柚子のカキ氷
 レアチーズケーキ
 バナナのパフェ
 フォンダンショコラ(バニラアイス付き)

わしが頼んだのがフォンダンショコラだったわけですが、これがおいしいヾ(-ω-)ノ゛
アイスと一緒にすくって食べると絶妙な味です。
他のも一口ずつもらったけども、やっぱりフォンダンショコラが一番えがったわー。

カフェ後、空港へ。
というのも、もうすぐ到着の飛行機でフィールドワークのメンバー二人がやってくるというので、それのお迎えに。

待つこと十数分、荷物受け取りロビーに人が集まってきたわけで、そこにちらっとそれらしい影を見つけたので、あれかな、と皆で言い合ってたそのとき

ギロリ

その人に超・不機嫌な視線で睨まれる。
恨み、こもってます的な非常に鋭い視線。

まさか彼がこっちに向かってそんな視線するわけないよー、と思って人違いだと思ってたら、

実は本人だった

本人曰く、よく見えなかったら少し睨んだように見えたかも。そっちには全然気づかなかった とのこと。
少しどころの睨みっぷりじゃなかったのになぁ。

ともあれ、もう一人と合流して宿に戻り。

帰りの車の中とかで、明日の予定が立っていて、他に合流予定のメンバーとまた海に遊びに行くことに。


わしはまだ一泊分別の宿だったのでここで別れーの。

また明日海かぁ、と少し疲れつつ、宿へ戻るのであった。



宮古&沖縄レポ③へ続く。
『Hello Hello』。
ついさっき、TVつけてお昼食べてたんですが、CMの間にすっと耳になじんだ音楽が聞こえてきました。

まさかと思ってTVに駆け寄って見ると、画面右下に

♪東京エスムジカ/Hello Hello

『Hello Hello』は未完成旅行記に入ってる曲なのですが、携帯のプレイリストにも☆5つの結構お気に入りの曲でした。

平得さん、瑛愛さんが卒業した東京エスムジカのこの曲を、自分のプレイヤー以外で聴く機会はもうないものかと思ってたのですが、わざわざこの曲を見つけて使ってくれる人が、どうやらいるみたいです。
宮古&沖縄レポ①。
作業にちょっと区切りがついたので書くぞう。


とりあえず、8/31~9/10まで宮古&沖縄に行ってきたわけですが、その内容は大学のフィールドワーク(現地調査)実習。
人員は三年が8人、二年が5人、院生2人、教授1人。
院生の方は調査出来てると言うより、先生の補助とゆーか、学部生の面倒を見る係とゆーか、そういうの。

まぁ、そゆわけで十数名と結構多いメンバーなわけなんだけど、前に飲み会とかの話で出てきたけど変な人しかいないわけですg(ゲフゲフ
人文学部自体まともじゃないから、更にその中から選抜してるような感じ。

そんなメンバーが、寝食を一週間近く共にしたわけで、結構楽しかったわけですよヾ(-ω-)ノ゛
最初は苗字+さんづけぐらいだったのが、名前呼び捨てくらいになってたり、拳で語り合う仲になってたり、まぁ、イロイロと。
・・・その分蓄積した資料整理に今悩まされてるわけですが。


ともあれ、そんな日々を公開していこうというレポコーナー、少しずつスタート。



【8/31】

朝も早くは六時に起きて、空港へ。
セントレア利用するのは二回目だけども、まぁ、小牧空港のときよりは大分アクセスは楽だよね。車いらんし。

で、搭乗手続き。
去年石垣でのフィールドワークの際に、手荷物にハサミが入ってて取り上げられたので、今回はちゃんと預ける荷物の方にしまいこみ。
で、荷物預けてから手荷物の中にホッチキスがあったのを思い出す。
ハサミダメだったらホッチキスもダメなんかなぁ・・・と長年の付き合い(10年位か?)のホッチキスとの別れを意識しつつ、金属探知機のゲートを通過。

・・・セーフらしい。

さすがにホッチキスでハイジャックは無理だからなのだろか。

飛行機は那覇を経由して宮古島へ。
去年は那覇で一泊してふめさんとデートしてきたけども、今年は帰りに寄るつもりで。


特に何事もなく飛行機は宮古島に着陸。
で、窓から建物が見えたんだけど・・・宮古空港、何かダサい。
こう・・・無駄にトゲトゲしい。
実はこの後、もっとダサいものに遭遇するとは思いもよらなんだ。


空港に着いたのがちょうどお昼どき。
というわけで早速空港のレストランで飯ターイム。
p180.jpg
ばっしらいんの空港支店のソーキそば。
ソーキ(肉の部位の名前。あばら骨付きのようなもの。)はこっちでしか食べる機会は無いんだけども、うまし。
まぁ、味が強いから何度も食べることは無いんだけども。


空港から出たらバスで市街へ。
・・・バスでなんだけど、何というか、すごい不便。
電光掲示で次はどこどことか、そういうのが無いのは別にいいんだけど、運転手さんがアナウンスすらしてくれないと、道知らない人には結構きっつい。
何とかカンで停車ボタン押して降りてみたものの、やはり迷う。

仕方ないので道端のおじーちゃんに市街への道を尋ねてみる。

大きな目印になるのは市役所の建物のようで、おじーちゃんは「かっこいい建物があるから」と説明してくれた。
そっちの方へえっちらおっちら歩いていくと、確かに目立つ建物ありました。
でもおじーちゃん、これ、致命的にダサいよ!?

何だ、これは。
あれか、昭和の特撮ヒーローに出てくる悪の組織の居城か!?
コンクリートうちっぱなしは地味さより威圧感があるよ!?

どんな感じか気になる人は、是非宮古島へ(-ω-) (ぉぃ


市役所はさておいて、市街には無事到着。
宿でぐってりごんごん。

晩御飯は市場通りという、主要道(と言っても片側一車線だけど)の麺処で、塩鯖定食を食べる。
だって、麺はお昼食べたし。

ここでちょっと気になったのが、おでんが定食についてくること。
これは初めてだったので、あれ、とは思ったかな。
後でちょこちょことおでんののれんを宮古で見つけるんだけど、おでんはこっちではメジャーなのかしらん。

塩鯖もおでんもうまかったからよしヾ(-ω-)ノ゛


宿に帰ると、電話が。
先に宮古に着いてたメンバーが、明日海に行くということで誘ってくれたのであった。

けども、宮古島来ても大して泳ぐ気も無かったわけで、水着も無い・・・と言うと、買えばいいじゃん、の一言。

そこまでして泳げと。
海か山かと問われたら絶対に山だと答えるアンチ海男に泳げと。

そんなノリに押されて、結局海行きに付き合うことになってしまったのである。




宮古&沖縄レポ②に続く。
ひでぷ。
沖縄&宮古レポ、まだ書けません。
というのも、フィールドワーク自体のレポートがまだ終わっていないから・・・。

うぅ、作業作業・・・。
たでーま。
ヾ(-ω-)ノ゛ 今日帰ってきました。眠いです。

M田さんも期待してる宮古&沖縄レポは明日アップ予定・・・かも。
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。