スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くずのーと。
友達から、日頃の菓子のおかえし、ということでレシピ向けのノートをもらった。
材料、時間、完成の構図とか、いろいろ書きやすそうな感じ。
そのノートの表紙がこれである。



p216.jpg

・・・おちつけ、mikiya。
いくらノートの表面がおどろおどろしくっても、相手の感謝の気持ちがこもったイラストじゃないか!



p217.jpg
この花京院とか、すごくしっかり描いてあるし!
よもや「自分の好きなキャラだからまじめに描きました」なんてそんな理由で描いてあるわけじゃないはずだな!
メガネだって「メガネ好きだから」って描き足されたわけじゃなくて、きっとただの描き間違えだ!
本人の欲望が具現化しただけのイラストじゃないに違いない。


p218.jpg

猫が描いてある中に犬が混ざってるね。
日頃「わしは猫じゃねぇ。にゃん言うな」ってツッコミいれてるから、何匹かは犬にしてくれたんだね。
親切なことだ。
それにも増して猫が多いけど



p219.jpg

裏面はこう。


p220.jpg

ごめん、この絵についてはフォローのしようがないわ。




このノートは、本棚の奥の光に当たらないところにしまっておかないとね?
いや、あれだよ。光ってのは書物に対してダメージを与えるものだからね。しっかりと保存しないと。
二度と日の目に当てるかとか考えてるわけじゃないよ?

スポンサーサイト
IF。
もしも、あるゲームの中の能力を実際に持つことができたら、どんな能力を選ぶか。

そんな質問を回されたくさいので、久々に菓子日記がない本日に回答をば。

あるゲームは「RagnarokOnline」ということで進めてきます。


まず戦闘系のスキルってあんまり要らない気がする。
現実で戦うわけないんだしー。

となると移動スキルとか支援スキルになるのかいな?

ぱっと思いつくのがクローキングトンネルドライブ(どっちも姿を隠して移動するスキル)。
・・・ストーカーになるからやめようか。

ノピティギ(大ジャンプ)は結構爽快かもしれない。
でもどうせならジャンプだけじゃなくって、空中浮遊とかもしてみたいから太陽と月と星の融合(空中浮遊・移動速度増加・その他)かなぁ・・・。

ハデさならセージの属性場のデリュージ(地面に水の場を作る)かなぁ。
夏なんかは涼をとるのに役立ちそう。
他の属性場はイマイチ使えなさそう。冬場でもボルケーノ(溶岩場)なんか出したらえらいことになりそうだ。

製菓の手際も速くなるというのなら、ツーハンドorワンハンドクイッケンアドレナリンラッシュも考え物。

あ、ダントツはコールホムンクルス(人工生命体召還)で羊とモフモフすることかもしれん!
うん、羊の魅力は圧倒的だ。
風評より。
後輩と話してるときに、こんなことを言われた。

(先輩の顔は)ひこにゃんに似てる」、と。

決して似てないと断言したいところである。
というか、あの点と線だけで構成された顔がわしに似ているのか。
わしの顔は点と線だけか。

しかしひょっとしたら周りの人から見れば似ているのかもしれない。
そこでちょっと自分絵とひこにゃんの顔を混ぜてみた。

















みきひこ
何この微妙生物
まぁ、ただの試しだから決して本人がこんなのだと間違えないように。


風評といえば、最近何かとSだと認定されてる気がする。
話の流れで、「ツイスターゲームやってたら、横から小突くとかあったなぁ」って言ったら、それやったのお前だろうと指摘された。
そんなにSっぽいオーラ出てるんかね。

まぁ、実際やったんだけど








レオさんから何か回ってきてるんだけど、いつぐらいに消化しようかなー。
ちずけー。
p215.jpg
スフレチーズケーキに挑戦ッ・・・したつもりだったのだけど、膨らまなかったものだからフツーのチーズケーキっぽいのになりましたがな。
型に対する生地の量が少なかったのと、メレンゲの泡立てに問題があったかな。

いずれにせよ冷蔵庫で保存しちゃったもんだからふわふわとは程遠いのだけども。
スフレはやるとしたら大学で焼くしかないよなぁ。
さすがに難しそうだ。

砂糖の分量が少ないと思ったのだけども、皆には割と普通だったらしい。
元々食べれなかったケーキだから、甘みが少ないものだとまだ抵抗あんのかなぁ。

粉雪の照らす満月。
p214.jpg
スノーボールという名前がついたクッキーを作りました。
アーモンドプードルが入ったバタークッキー、のようなもんだけど、最大のポイントは全体にまぶした粉砂糖。
これが粉雪っぽいからスノーボール、雪玉っていう名前になる・・・はずだったんだけども、まぶした時点ではまだクッキーの表面は高温。で、蒸気と合わさってべとべとしたのになっちゃってるとゆー。
粉雪というか、名古屋の冬ではよく見られる、道端に除雪機で押しのけられた半解けの氷か雪かよくわかんない黒いののような、何かそんな感じ。

味については、粉砂糖が表面にかなりあるので甘さがかなり立つところ。
食感はさっくりしてる方かな。
卵ボーロに近いという意見も。

まぁ、粉砂糖をまぶすタイミングは冷めてから・・・のがいいのかなぁ。
逆に定着が悪そうな気もするけど。
しゃばけ。
土曜にやってた「しゃばけ」を録画したのを見た。

原作の方を読んだことがあったので、大体の世界観は掴んでたんだけど、なーんか話や雰囲気に違和感。
読んだのがずいぶん前だから記憶違いしてるだけなんだろか。
役者にすこーし物足りなさを感じたてのもあるかも。

とりあえずあれだよ。
おとっつぁんが医龍の野口教授にしか見えなくて、シリアスさが抜けるんだよ。
電飾。
p213.jpg
車で姉を名駅まで捨ててきたとき、ちょうど見える角度だったのでツインタワーのイルミネーションを撮ってみた。

うーん、ピンボケ。
平面のお城のようなモノがネオンでできてるんだけど、何年か前の単色電灯のヤツのがハデだった気がする。
まだクリスマスが遠いから本気じゃないのだろうか。


まかろ。
20071123232706
マカロン作った。
んだけども、実はマカロンを食べたことなかったりした。
なので固さとか食感を推量するのに難儀。

さくさくしてると聞いたので、固めにしっかりと火を通したものの、本来白いはずの表面にこんがりと焼き痕が…。
もう少しオーブンの温度を低くすべきなのか。

フィリングはピーナッツダイス入りガナシュ。
生地のアーモンドとの相性は良好。

まあ、割と受けはよかったので初挑戦にしては○。
ちょこぺー。
p212.jpg
本当は今日はバタークッキーを作るつもりだった。

んでも、昨日のお昼に卵を使ってしまい、今朝の卵の残数はゼロ。
仕方ないので残っていた冷凍パイシートからチョコパイを作成。
若干モツがはみ出してる。

残り物集めてまで今日作る必要があったのかというと、割とあった。
明日は、11/23はお休みだから。
お菓子持ってけないから。
今日は絶対持っていかねば。


と思ったらウチの大学は明日普通に授業あるらしいね!?
危うく無断欠席するところだったぜよ。
話題に出しといてよかったー。
恥かいたけど。
最近恥かいてばっかりな気がしなくもない。



ここんとこ急に冷え込んできて、冬らしくなってきた。
家の周りではクリスマスに向けてのライトアップが見られるようになって、とうとう家でもこんな風。
p211.jpg

p210.jpg
①ツリー
②機関車
③トナカイとサンタ
④網A(細かい)
⑤網B(荒い)
⑥滝
⑦クマサンタ集団
⑧青色発光ダイオード

一年ずつ増やされてきた電力の無駄遣いの集合体である。
はふぅー・・・。
レポ終わったー・・・寝るー・・・。

あぁー・・・今日お菓子作れなんだー・・・。

明日ん朝なんか作ろ・・・。

おやすーみー・・・。
ブレイクタイム。
ふぅ・・・。
資料が探せなくってレポートに難儀してきたので息抜き。

ここのところmixi関連での人員増加のせいか、アクセス数が増えているんだけど、アクセス解析でなんか変な状態になってるんだ。

b-104.jpg
今月のユニーク&トータルアクセスのグラフ。
黄色い部分が一回目のアクセスカウントのユニークアクセス。
青い部分が同じ人が重複してアクセスしたときのカウントで、黄色と合わせてトータルアクセス。

いつもは黄色と青が半々なんだけど、今月は何か青(重複アクセス)がやけに多い。
特に突出して15日・・・。

で、15日の時間別グラフを見てみると
b-105.jpg
21時以降がすごいことに。
これは一人が何十回もここを見てるのか、複数が重複してるにしても結構多い。

まぁ、別に困ったコトでもないからいいんだけど。

さーて、息抜きおしまいっと。
ちゅいりらら。
p209.jpg

ひさびさにチュイル。
三つだけチョコ入り作ったんだけど、大人気ですぐなくなった。
単にチョコベビーのっけただけで、見た目がよろしくないからあんまり好きじゃないんだけどなぁ。
もう少し真剣にチョコ混ぜてみるか。

課題としては形成と中心部もぱりぱりにすること。
焼き時間もう少し上げてみようかな。
さすがに真円に作るのは難しいんだけど、もちっと粉分上げれば生地が落ち着いて作りやすいかも。



にしても今日は寒かったー。
帰るの夕方になるのわかってたから、お昼の陽射しが強い時間でも厚めに着ていったのがプラスに働いた。 ヾ(-ω-)ノ゛

早く夏になんないかなぁ・・・(ぉぃ
受難。
別にわしの受難てわけじゃないんだけど。
昨日観にいった大学の宗教劇のタイトルが『受難』だったので。

その宗教劇で友達が演奏やるそうなので観にいくつもりだったのだけど、午前に同じ建物で大学組織の75周年記念式典もあって、そっちでも演奏があるとか。
朝起きて行こうか行くまいか5秒ぐらい逡巡して、結局そっちも行くことに。

ただ、間違えた。

服を。

ホールの周囲にはネクタイ集団。
かくいうわしは、上着とパンツはまぁ割とごまかしが効くようなのだったけど、インナーが横縞ボーダー! カジュアルなので来てる人は他に2、3しか見受けられない究極の場違い。

しかし、まぁ、来ちゃったし。
案内のPDFに正装って書いてなかったし。
演奏聴かないとだし。

結局こそこそと侵入することに。
席は端っこの方で極力人目につかないように。
シート|ωン)

演奏は式典の始まりを知らせる感じで開始。
いつものオケなら静まってからっていう風だけど、今回はオケの演奏がホールを静めるっていう感じ。
式典だから、荘厳でどーんて重いようなのかと思ってたのだけど、割と明るい雰囲気で、きれいでライトな曲。
聴きやすいんだけど、あんまり式典に合ってないかも?と思ってると、段々曲調に重みが増してきて、後半からはまさに荘厳でどーんとした風に。
最初から重い開始で、というのよりはこういうののがいいかもしんない。

で、演奏の終了間際に学園代表者やらが入場。式典が始まった。

式典の間もオケの人たちは配置のまま座りっぱなし。
大変だな。あそこじゃ迂闊に寝れなそうだ。(寝てる人いたけど。)

式典の間にはオケ以外の音楽団体として声楽の人たちが聖歌をやったりしてたんだけど、南山女子部の聖歌隊のアヴェ・マリアがすごかった・・・。
短大の方の聖歌隊がかすむぐらいにきれいな声でねー。
ただ、途中から輪唱になったんだけど、その辺りから崩れてく感じ。
最初がすごい印象的だったけど、他があんまり?な風に。

式典終盤でまたオケの出番。
今度は聖歌と合わせ。
歌と合わせてるの聴くは初めてやも。
ただ、聖歌のボリュームが合ってないようにも。
器楽側に負けちゃうというか、かぶってるとゆーか。劣勢。

この後、式典が第二部へと休憩挟んで移るらしく、オケも退場していったので、もういいかなと思ってそそくさと撤収。
地下でお昼とか手袋とか本とか買い物をして、宗教劇まで時間つぶし。

宗教劇のホールに入場してから、他に観に来てた友達と合流。
そのとき教えてもらって気づいたのが、演奏を行なうスペースがホールのステージのすぐ前の低くなってるところで、押し込められた1~2F席からは演奏者が見れないということ・・・。
まぁ、しょうがないか。メインではないことだし。

演奏といっても劇中に演奏をするわけではなく、開始や幕間にやるということ。
ホールが暗くなると、さっそく演奏が。

演奏された曲は『受難』にぴったり合ってると思ったかな。
印象的なのが高音領域の不安定さ。下手という意味ではなく、演奏として音が与える感覚がそうで、特にソロなんかのところは脆さとかそういうのを思わせる。
そうして高音の不安定とは逆に低音が穏やかに、しっかりと、という雰囲気を受けたかな。まぁ、それもピッチカート部分だけの印象なので全体でそうかだったかはさだかでは・・・。
だって見えないんだもんよ。耳だけでは判断できないもんよ。 ヾ(-ω-)ノ゛

まぁ、この劇ではその不安定さや脆さってのが強く意識されるトコがあるので、合ってるなぁと感じたわけで。


演奏が終わってからの劇本編もかなり良かった。
特にユダとサタンね。
あの二人のシーンは好きでしょうがないんだよ。
逆にイエスが嫌(ゲフン

バイトの故あって、前半部分しか見れずに撤収したのが悔やまれる。
ラスト近くのユダの後悔シーンは最高だと予想されたのに・・・。

演奏の方も結局最初の一回分しか聴けてないや。無念である。
ぐってりあ。
バイト疲れと食べ過ぎでぐってり…。
まともな日記は明日ね。
キャラ色々。
20071117212722.jpg
昨日講義の間に描いてた落書き。
描いてった順番は右上から下へ、縦二列に。


①セントレア組
 セントレアのことがちょっと話題に出たので、セントレアのイメージキャラクター三人(?)組を自分の記憶だけを頼りに描いてみた。
 あとで確認してみたら大分違う。
 というか鳥は完全に思い出せなかった。
 フーが一番近いか。
 
 セントレアが話題になったというか、セントレアのイメージキャラを描いてた人のことの話題だったんだ。で、その人のイラストのお店のカードを見せてもらったのだけど、ジェラートの絵が描いてあったもんだから食べ物屋さんとデリ間違え。「おいしかったですか?」とか訊いて恥をかきました。


②ひこにゃん
 今度は正座させてみた。


③マフパンダー
 彼の名前は山本さんです。


④ピーター
 本当はミッフィーを描くつもりだったのだけど、あんまりバランスが上手くとれなかったので、ピーターラビットにしちゃった。
 しかし、後姿だけではピーターってわからんな、これは。


⑤ハロ
 パタパタしてる。


⑥ヴァイス
 ミッケのホム。
 愛すべきやさぐれ羊。
ぷちぱい。
p208.jpg
解凍した冷凍パイシートを3cm四方にカットする。
ハケで水をつけ、砂糖をまぶす。
オーブンで焼く。

以上。


バターが無かったもんでお手軽に済ませちゃいました。
ココア使ったりのアレンジはやったけど。

今度はシフォンでも久々にやろっかなぁ・・・。でも卵が足りなそう。
ブラブラ。
ブラウニー作ったけど、写真を撮り忘れちまった。

しょうがないのでこっちのブラウニーでガマンしてくれたまえ。

b-103.jpg




就活とかに没頭してるのだけども、マイナビとか日経ナビとかだけだと、中々希望するような会社(製菓原料系商社)には行きあたらないので、Yahooで適当にキーワード検索とかしてるさー。

面白そなトコはいくつかみっけたけど、そしてかつ名古屋で!って思うともう全然ないんだよねー。
しょうがないから外に出るべぇか、と思っても絶対東京とか大阪は行きたくないしなぁ・・・。

一箇所徳島県でイイトコあったんだけど、四国ってもはや海外だな。
投げやり。
投げやりにFlash作ったよ
正直途中からどうでもよくなった。
大学関連ネタだけどきゃん、爺、にゃんの三匹もちょっと登場。
またも栄か。
今日は大学の講義が無い日だったので、離れの手入れしてました。
そいでもお昼ごろには暇になったので、ヒロにかまってもらうことに。
とりあえず金山に待ち合わせてカフェでお昼。

で、カフェでだらだらしてると大学の輩からメール。
カラオケに誘われたのである。

ヒロとセットで行ってもいいとゆーことなので参加。
場所は本山の新世界ー。
ここ部屋がおされでいいんだよねー。

今回はメジャーソングとか懐歌とかが多かったかな。
「なごり雪」とか、「春よ来い」とか。
あ、「君の好きなうた」歌いそびれたッ。

カラオケ終わったらヒロが離脱。
買い物に栄に足を運ぶってのでつきあうことにする。
大須んときから手袋探してるんだけど、コレっていうのが無いんだよねー。
今回は栄つってもパルコだから若干範囲違うんだけど。

西館の方ぶらぶらしてたけど、わしは目当てのものは見つけられず。
ほどほどのもあるけど高いんだよねー。
大人しくUNIQLOにすっかな。

最後は何か昨日と似た感じだけど、カフェに。
今度のはパルコ西館3Fのラ・メゾン アンソレイユターブル
p207.jpg
チョコレートタルトを注文したけど、値段も張る分あっておいしかったー。
しかしこのタルト、上から装飾チョコ、生クリーム、チョコムース、チョコケーキ、タルト台になってるんだけど、フォーク使って食べようとするとどうしても全部の層を一度に食べられないんだよねー。
全部一度に口に含むのが一番おいしいのに。
だから最後はフォークを捨てて素手で食ってましt(ゲフン


こういうお店覚えといて、またの機会で使いたいぜよヾ(-ω-)ノ゛
栄うろだら。
大学終わって、家でだらだらしてたら栄に呼ばれました。
めんどい。でも出る。

栄に呼ばれた理由は・・・あれ、何でだっけ。
とりあえず呼ばれたから行った。

東急ハンズやPLAZA、無印とか徘徊して、ちょこちょことお買い物。

で、そのあとこんなトコ行った。
わしが興味あるわけじゃないんだけど、というか、誰も興味が無いのになんでこんな店に。
ネタということで理解されよう。

まぁ、コスプレ洋食店?ぐらいなノリなんだけど、メニューが面白い。
お店の「設定」に合わせて固有名詞をふんだんに使って、各メニューの解説がされてたりする。

料理の味はふつーか。でも、店舗の系列上値段が高くなってしまうのが難点。
二度目は無いと見た。

 結論:栄の会社員はコスプレ洋食店で時間を潰していた。


お店を後にして、大分暗くなってたけどNOVAビルにも足を運ぶ。
アマロリ(?)の服のあるお店を見てきた。
結構高いんでびっくりだ。頭に斜めにのっける帽子だけで8000円とか。
大須でほどほどのTシャツが8枚くらい買えるぞな。


最後にFLAVORでだらけり。
p206.jpg
ここのシフォンケーキは芸術品だと思う。

だらけつつも話は進んだので、そのうちなんとか。



何だ、今日の日記は秘匿事項が多いから読んでてもよくわからんな。
とりあえずFLAVORのシフォンはおいしいってことで。
ろず・ぜりー。
p205.jpg


※ビールではない。


色と若干のピンボケがあれだけど、一応ゼリー。
上層の白い部分がムースっぽく、下層がまんまゼリー。

先生の奥様に直伝されたレシピは、ある通販業者からだけ買える粉末のブドウジュースから作られてたのですが、今回は市販のジュースで代用。ついでに個人の好みからブドウではなくリンゴジュース(Qooとってもアップル)。

味は問題ないんだけども、教わったときは粉ゼラチン、実際に使ったのが板ゼラチンと違いがあったためか、大分固めの仕上がり。

何と逆さまにしても容器から落ちない!

・・・まぁ、食べるのに難があるくらいじゃないにしても、板ゼラチンなら分量をもう少し減らしてもよさそうです。

結構簡単に作れるので、お手軽にデザートとかに出せそうです。



そういえば今日の授業で先生が奥様からということで、オリジナルのに使われたブドウジュースの粉末を持ってきてくれました。
普通では手に入らないということなので、わざわざ分けてくれるとのこと・・・ここまでして頂けるとはッ!
本当に感謝感激です。
先生のお宅訪問。
今日はフィールドワークの授業を受け持ってくださってる教授のお家にFFWメンバーで遊びに行きました。
・・・が、何か一部のメンバーの集まりが悪くってちょっと主催者ご立腹気味。

それはさておき、先生のお宅は三重県四日市市。名古屋からは近鉄で40分くらい。

で、先生のお宅にもうすぐ着こうかというときに、先生が謎の発言を。

「これは言っておくように子供たちに言われてるんだけど、今家にうさぎと何かのお化けがいるんだ。」

(゚д゚)!? 先生んとこのお子さんは霊感があるの!?

そんな質問を許すまもなく、先生のお宅の前に。
そして扉がちょっと開いて顔を出したのは・・・

黒ローブにスクリーム仮面の子供!?

どうやらFWメンバーが来るということで仮装してお出迎えしてくれたみたいです。
その子の妹も、うさぎの仮装してました。

先生のお宅ではカレーとか食べさせてもらったり、騒がせてもらったり、一部のメンバーはふとんで寝かせてもらったりと、至れり尽くせり。
気を使わせてしまってとっても恐縮なトコロが多々。

でも子供たちもかわいかったし、先生と奥さんの仲もいいし、メンバーの中から「この家の子になりたい!」と言い出す人まで出る始末。

ホント楽しかったので、またご厄介になりたいかも・・・。



出してもらったデザートで、ちょっと気になるのがあったのでレシピを伝授してもらいました。
ムースとゼリーの複合のような・・・。早速今夜トライします。
宮古&沖縄レポ⑨。
【9/9】

この日のお昼に院生の方と一緒に那覇へ。
まぁ一緒なのは飛行機だけなんだけども。

那覇空港まで宿のオーナーさんに送ってもらったんだけど、ついてびっくりしたのはドミトリーで泊まってた大学生の方が空港まで見送りに来てくれてたこと。
何でも朝ドライブのついでだったそうな。
めっさびっくりーの。

彼に見送られて脱・宮古、着・沖縄。
そういえばこのとき、あの事故機体がまだ空港に残ってたそうな。
見なかったけど。

二度目の那覇はちょっとは手馴れたもの。
おっきい荷物は空港のコインロッカーにつっこんで、一泊分の用意だけしてパレットくもじへ。

着いた時にすぐにふめさんにメール。
で、合わせて9/8に那覇についてた友達にも連絡。何でも一人で暇だー、みたいなこといってたから、ついで。
しっかーし、何か電波が悪くって、相手の声が全然聞き取れない。こっちは必死で声出してるのに、何か笑い声聞こえるし・・・。
何とかして話は通したんだけど、これには実はウラが。

お店で時間つぶしてるとふめさんより早く友達のが到着。
開口一番に、何にも思わなかったのか!とのこと。
何でも、電話に出たのは友達の隣にいた別のフィールドワークのメンバーで、気づくかどうか遊んでたらしい。
だから笑い声だったのかー。でもあんだけ声壊れて聞こえてたんじゃわかんないって。

遅れてその声代理の人も来て、だべりー。
その子はまた飛行機で別の島でインタビューあるんだとか。
でも天気はあいにくの強い雨・・・。
やる気なくなるよなぁ、これは。

で、飛行機の時間も近くなってその子が席外したくらいにふめさん到着。
到着を知らせたメールから一時間半後の到着であった。
まぁ、ヒロと違って女性だから色々準備もあるし、糸満が極端に近いとゆーわけでもないからしょーがないコト。

で、三人で国際通りや公設市場をうろうろ。
写真撮ったり、お土産見たり、ふめさんに沖縄のコト聞いたり。

そいで最後は前回の焼きまわし、マックでだべりモード!(何
あ、でも前回とお店違うからいいか?(違

わしは夕方近くでバスを使って名護まで向かわなきゃいけなかったから、適当なところで別れてバスターミナルへ。
何かふめさんはそのあと他の子たちとも一緒に飲み会にいったんだとかどーとか。
わしに関して余計なコトが言われてないことを祈るばかりである。

名護って結構遠かった。
修学旅行とかのバス並に長く乗ってたよ。
電車無いって大変だなぁ・・・。

名護についたのは夜。
すぐさま予約しといた宿に駆け込んで、ご飯食べて、レシート管理して、寝ー・・・。
今日は移動が多かった・・・。



宮古&沖縄レポ⑩に続く。
ゆーばー。
豆腐から取れるのでもなければ、幻水の黒いのでもありません。
UVERworldが最近のお気に入りです。

「Colors of the heart」が好きだったからアルバムの「BUGRIGHT」を借りたんだけども、やっぱり他にもいい曲が。
  ゼロの答え
  君の好きなうた
  Live everyday as if it were the last day
この三曲がかなりいいかな。
特に「君の好きなうた」は一曲リピートで流しっぱー。

さー、これでレポートがんばろうかなー。

レポートといえば、今日ゼミで向かいの席の子が発表だったのである。
で、その発表の最中でちょっと気になったところがあるとわしの表情がえらく変わるらしくって、たまに顔をこっち向けては「今までのところで問題ない?」みたいな視線向けられたりした。
教授含め5人しかいないようなゼミだからそういう風にしてもらえるけども、質問する側にしてみれば気にしてもらえるのは割とうれしい。

しかし何だ・・・、そんなびくびくと視線向けられたら質問する気も引けるのであるが。

レポート発表のときにわしが質問・意見のために発言するのを怖がる人が多いのは心外である。
買い物&大須めぐり。
今日は大学の講義入ってない日だったので、服買いに出かけました。
ヒロは道連れです。

ついでになんか、友達が大須に行く用事があるので合流する予定でした。
ヒロは道連れです。


まず服を見に行ったのは高島屋がタケオチクチです。
パンツはここじゃないと中々サイズが合わないんだけど、今日買おうと思ってたのは上。
よって別にここじゃなくてもいいんだけど、まぁ、ここの服だと評判がいいから。

こっちで買ったのは白のほどほどにモフモフの上着、ライトグレーのシャツ、白地に黒ボーダーのタートルネック、黒とコゲ茶のボーダーシャツの四点。
何か結局白黒でバリエーションに欠けてる気がする。


次いで寄ったのが大須の服屋。
夏服は良く買いに来るけど、冬は初めて大須で買うような気がする。
こっちでも結局一つのお店でまとめて三点。
茶色に赤いチェックの上着、ベージュのニットシャツ、ちょっとアジアンな薄手のシャツ。

合計7点。さて、これと過去の遺産(違)で今年の冬は乗り切れるかしらー・・・。



さてさて買い物終わって、だべって時間潰して、大学の友達と合流。
計五名のぞろぞろ大須めぐり。

ちょこちょこ買い物したり、しゃべったりしながら結構楽しかったのである。

ヒロとのやりとりするわしが、結構大学にいるときとは違った様子らしくて、何か言われた。
いや、きなちにも似たような扱いしてんだけどな。

まぁ、大須めぐりは面白いよ、ということで。
しぃーくれっつ。
ひじりんトコから奪ってきたシークレットバトンである。
ネタがないのでやってみよー。
・・・この前作ったラングドシャ写真撮り忘れたしね。


*-*-*-*-*-質問の前にお約束-*-*-*-*-*-
★閲覧者には質問内容を見せない。
★気になる人はメールすれば内容を教えてもらえる。
★ただし内容を聞いた人は、絶対にそのバトンを拾わなければならない。
以上、守ってやりましょう!!


ところでこのバトンって、「○○なマイミク」ってのが質問項目になるわけだけど、Blogの方でやってるから、その辺は適当に・・・。


Q01 テスタ。きなち。ヤスオさん。
Q02 物理的にはひじりんだと思う。
Q03 たげたげな気分。
Q04 忘れ雪さん、簀巻きの人、ひなたさんの主。
Q05 ベルガさん、こーちゃん。
Q06 あえてのこーちゃん。
Q07 シンちゃん、忘れ雪さん、ベルガさん、陽にーさん、ハルさん、韮。
Q08 きなち、ソラちん、韮。
Q09 ソラちん。どっちかというと大胆不敵・・・?
Q10 陽にーさん。夢さん。シゥにーさん。
Q11 ビーマス。
Q12 それなりのタイトルを歌うときのきなち。
Q13 忘れ雪さんとハルさんのお二人のを、是非!
Q14 忘れ雪さんに何故かそんなイメージが。
Q15 ビーマスのところにいたら何か生活できそう。
Q16 えー・・・じゃあいいよ、ヒロシで。
Q17 ソラちんとは絶対に。限定条件でしょーちゃん。
Q18 ベルガさんとか。ゲオの人もある意味・・・。
Q19 ソラちん、簀巻きの人、ファミ子さん。なんとなくだけど。
Q20 ここはたげたげで。
Q21 対象が見つかりません。
Q22 とりあえず植木。そして今度こそ写真に収める。
Q23 いつもそうだから別に。ある意味コトを知っているのはヒロとしょーちゃんである。
Q24 ベルガさん。きっとキノコの下にこっそりと・・・。
Q25 まさかのいずみやさん。
Q26 上をうけての緑雪さん。
Q27 似たようなもの踏んでるからソルちん。
Q28 植木ならきっと・・・。
Q29 ソルちん、ちょっとこっち来ようか・・・(何
Q30 視野がせまいので、そこまでは見てないのでなんとも。
Q31 ヒロがKYじゃないければきっと。
Q32 わ・・・忘れ雪さんで!
Q33 いずみやさん&緑雪さんペアがなんかそんな気がする。
Q34 レオさんいっちょやられてみるかね?
Q36 自 分
Q37 きなち、ソラちん。
Q38 mixiで画像をアップしてる人の半数。自重しなさい。
Q39 ソラちん。
Q40 韮、忘れ雪さん。
Q41 ・・・ヒロか?
Q42 ソルちん、ソラちん、植木。
Q43 ヒロ。
Q44 しょーちゃん、きなち、ヤスオさん、亮様。
Q45 ちょっとアバウトだなぁ・・・。とりあえずひじりんで。
Q46 自 分
Q47 たげたげがそんな気がしてならない。
Q48 きなち。
Q49 ベルガ様!(違
Q50 ソラちんのを是非に。
Q51 たげたげ、ソルちんの二人。
Q52 忘れ雪さん、緑雪さん、簀巻きの人。 ・・・ってQ4と回答同じだ。
Q53 ベルガさんと忘れ雪さんで。
Q54 しょーちゃん、忘れ雪さん、ビーマス、ハルさん。全部上の方で。
Q55 これに該当するのはなー・・・いないとゆーか、される側も困るだろうに。
Q56 ヒロ、ひじりん、ふめさん。
Q57 リアルではとても該当する人がいるのに、挙げれないもどかしさ。
Q58 しょ・ぉー・ちゃーん!(ぉぃ
Q59 ヒロ。
Q60 あげようと思った人が未成年でした、まる
Q61 ここでM太氏を抜擢するのが古墳流。
Q62 じゃーヒロシでいいよ。
Q63 菓子屋作んの手伝ってくれるなら誰でもヾ(-ω-)ノ゛
Q64 陽にーさんとかそんな気がする。
Q65 ユキの嬢のが結構面白かったり。
Q66 いずみやさん(*ノノ)
Q67 かりん様。
Q68 エルク、わんこ、ひさえもん。・・・あれ? 何か違う。
Q69 ソラちん?
Q70 忘れ雪さんとハルさん。ある意味ユキの嬢。
Q71 ソルちんとか、こう・・・激しくね。
Q72 意外どころか皆強そうなんだけd(ゲフン
Q73 たげたげー。
Q74 忘れ雪さんとハルさん。 しかし・・・。
Q75 ベルガさんとかね。やりかねないね。
Q76 自 分   あ、それとヒロシ。
Q77 ・・・マジェさんが実は!?



結構長かったー・・・。
何かこう、リアル大学の人の名前とかも挙げたかったな。
でも、このBlog知らない分には陰口(いや、悪い意味で挙げるわけじゃないんだけどサ)っぽくなっちゃうからねー。
まぁ、こんなところで。
かま&ばけ。
大学祭行ってきました。珍しく。

平日だいうのに、相変わらず人は多かった。

今まで大して来なかったのに、今年は参加したのは色々付き合いが増えたからなんだろうか。

三年になってやけにそういう機会が増えた気がする。

二年とか、一年とか、もっと早い時期からそういうことができてたらなぁ。


まぁ、そういうしんみりした話はここまでで。

今日行ってきたのは
 管弦楽団演奏会
 オカマバー
 お化け屋敷

管弦楽団は友達がやってるらしいので、暇があったら聴きに行こうかと思ってて、偶然寒さをしのぎに入った大教室で演奏が始まろうとしてたとゆー。
教室ってこともあっていつものホールよりは近かったけど、楽団の人数がいつもより少ないことや、部屋の音響のせいか、ホールより音が小さく感じたかな?
曲目は定期演奏会でもやってたやつ。タイトル忘れたけど・・・。木管・金管のパートがややっこくていいのだ。

で、オカマバー。
これは友達の付き合い。
バーを称することもあって、教室内は薄暗くてムードづくりがされてた。
同席したオカマさんはどっちも180cm越えの長身。
何せアイスホッケー部の出し物だから、ガタイもいいんだろうけど、化粧までしっかりされてるとすごいきれいだったりする。
結構色んな話したりできて楽しかったかな。
写真も撮らせてもらったぜよヾ(-ω-)ノ゛

次いでお化け屋敷。
美術部の知り合いがやってるトコ。
着いた時は空いてたんだけど、段々と盛況に。
内容は、さすが美術部ということでお化けの造りがすごい怖い。暗闇で見るより、明るいところで見た方が怖いというシロモノ。
しかしまー、高校のときお化け屋敷やってたということもあって、どちらかというと「どういう風に工夫して驚かそうとしてるのかな?」と見てしまうところがあって、怖がらないからお化け側にしては物足りないお客だったかもしれない。楽しかったけど。

その後、何故か受付のお手伝いやら客引きやらをやっていて、結局今日の大学祭が終わるまでいたりした。

やっぱりこういうお祭は、お客として参加するより、楽しませる側の方が好きかも。
岐阜うろうろ。
友達と四人で岐阜をうろついてきました。

前々からどっか行こうという計画はあったのだけど、どこに行くかは結構ギリギリまで決まってなかったり。
最終的に岐阜のアクアトト行って、お昼はバーベキューでもするかっていう話に。
他のプランだとキノコ狩りするとか、浜松でギョーザ食べるとか、高山で紅葉見に行くとか、蒲郡のラグナシア行くとか。
浜松のギョーザは魅力的だった・・・。

しかしあいにくトゥデーの天気は曇り時々雨。
バーベキューは諦めることになりそう。

移動はわしが運転する車で。
最近何かと車に誰かを乗せてどっかに行くことが多いやも。

誰だ、今ディスプレイの前でアッシーくんとか言った奴。

運転するの楽しいからいいんだい・・・。
クーガーの兄貴もこんな名言を・・・ってこれは悪い例だッ(゚□゚;)!
でも、たまには他の人の運転するのに乗ってっていうのもいいかもなー。
電車で旅するのが好きっていう人もいるけど、わしはどっちかと車派なのかもしれない。

でも都会で車動かすのはそんなに好きじゃないかも・・・。
特に名古屋の繁華街周辺では路肩に止めるのもあぶなっかしい。
星ヶ丘で友達拾うのにも結局バス停でやるしかなかったしなー。
(良い子はマネしないように。)

最後の一人は江南市に住んでるので、高速で名古屋→小牧と抜けて、下道で江南→アクアトトへ。
アクアトトがあるのは岐阜県各務ヶ原市・・・といっても木曽川をはさんで愛知の県境にあるから、同じく県境の江南市とは接してるわけなんだけども。

アクアトトは何でも世界最大の淡水魚水族館施設なんだとか。
全四層の造りで、4Fから段々と下りながら展示が進む・・・という、大阪の海遊館と同じような感じ。
建物のサイズより、大分広く感じられたかな。

b-098.jpg
(4F 長良川水系のスペース)

b-099.jpg
(4Fから見たカワウソのスペース ・・・こっち見ろー)

でも、そういう規模について以外にも面白いところがあったりする。

説明文に「食」に関する記述が多いのだ。
「食べられすぎて危機に瀕している」、とか。
「刺身にする」、「塩焼きにする」、とか。
まぁ、水槽を眺めている側も「あっアユだ!おいしそう!」「アマゴだ!これだけでかいと食べがいありそう!」とか言ってるからイーブン(?)なのかも。
美ら海水族館ではそんなこと考えなかったんだけどなぁ・・・。

b-101.jpg
(これはデンキナマズ・・・だけど、どうしても腹の感じがソーセージに見えてしまう。)


実は平日なのに岐阜まで遊び出ているわけなんだけども、それは今大学が学園祭で休みになってるから。
そんなわけで、アクアトトも空いてるだろう、と思ったんだけども予想外の事態が発生してたりする。
まず着いた時、幼稚園の遠足っぽい集団と一緒だった。
でも数は知れてるので、まぁちょっと距離を置けば・・・と思っていたら、今度は後方から小学校低学年の集団が!?
幼稚園ならまだ保母さんの後を大人しくついていくものの、小学生のやんちゃ盛り、駆ける・暴れる・騒がしい。
そういうところは小学生らしくて嫌いじゃないんだけども、水槽の前でじっとしてたりしようものなら、気がつくと周囲を囲まれ、動くのがままならなかったりすることも。
そして更に! 追い討ちをかけるように後ろから迫ってきたのは制服に身を包んだ中学生集団!

これで高校生まで混じったら、幼・小・中・高・大の五段階が全部揃うことになったであろう・・・。
(えらく大学生の比率が少ないけども。)

ともあれ四つの集団が入り混じっている通路で、友達二人を見失う。もう一人の友達はゆっくり見ていくタイプで、それに合わせて進んでたもんだから、いつの間にかすごく距離が生じてそれが三集団に阻まれた風に。

これは孔明の罠かっ!

分割されたのは、大体世界の淡水魚の紹介スペースに入ったあたりだったかな・・・。
世界の魚って淡水魚でも結構でかいのおるのね。
ちょうど小学生が写生してたから写真を撮ったんだけども、よくわかるサイズ比較の写真だと思う。
b-100.jpg


これでもここの最大の魚じゃないんだけどもね。
一番大きいのはハイギョっていう魚の系列のヤツだったと思うけど、水槽にいた奴は2m近くあったんじゃなかろうか・・・。
最大では4mにもなるんだとか。

世界の淡水魚のスペースの間には、何か変な民俗的な展示もあったり。
木彫りのかえるとか、楽器とかね。
雰囲気出す為か、スコールの音や雷を照明で表現したり、面白かった。
思えばここ以外にも、エレベーターや、各階のスロープでも照明や効果音での演出は多かったなぁ。

水槽のエリアを抜けると、ちょうどアシカショーのステージの前。そして開園時刻ちょっと前。
先に行ってた二人ともそこで合流・・・したんだけど、呼び止めなかったら二人だけでアシカショーへすたこら入っていこうとしていたのは無情なのかマイペースなのか。
待たせたこっちも悪いんだけど。

アシカショーには幼稚園集団と小学校集団も一緒になるようで、割とぎっしりな感じに。
で、アシカショーが始まったわけなんだけども、アシカがそのたくさんの子供に驚いたのか、調教師のスキを見つけては舞台袖に逃げ出してしまうという事態に・・・。
調教師さんも困ってたようだったけども、そこはプロ。段々とアシカを慣らして順調にショーを進めていく。
b-102.jpg
アシカのボール捌きをここで初めて見たんだけど、投げたボールのキャッチからシュートまで、すごい上手でびっくり。
あの鼻には吸盤でもあるのか。
最初はあんまり興味なかったアシカショーだけども、見てみると中々面白かった。スタッフも。
ヾ(-ω-)ノ゛ 興味あったら地元の人は行ってみれ!

お昼はバーベキューが無理、ということでアクアトトが建てられている河川環境楽園の中にあるSweet terrace PATISSIER(スィートテラスパティシエ)で。
オムライスがメインらしく、地元の名産らしい各務原キムチを使ったオムライスがドライブ誌に載ってたのでそれを注文。
辛さが卵で中和してて物足りなさがあるものの、おいしい一品。
チキンライスにグリーンピースを混ぜるのは解せんが。

この後の予定として、せっかく江南に近いから、前回行けなかったパフェのお店に行こうかということに。
ただ、お昼を食べた直後で満腹中。何か腹ごなしをということでカラオケに。

ま た カ ラ オ ケ か

いや、いいんだけどね?
毎回メンバー違うし。練習にもなるし。

歌ったのは「Colors of Heart」(Blood+の三期OP)、「空へ…」(ロミオの青い空OP)、「だんご三兄弟」、「アメノチハレ」(ナナムジカ)、「ロコロコの歌」(PSPの初期ゲーム「ロコロコ」のテーマ)。
「Colors of Heart」は最近定番になりつつある。
一番ウケたのが「ロコロコの歌」かな?
最後の方だったから、キリがいいところで演奏中止したら何かえらくがっかりされた。
「名古屋はええよやっとかめ!」は喉があんまりノらなかったので今回はナシ。
まぁ、一時間半ならこんなところだろか。

で、幾分か腹ごなしが済んだところでパフェ屋に行こうかということになったんだけど、ここで重大な事実を思い出す。
昨日パンプキンパイ焼いて持ってきてたんだった。
折角腹ごなししたというところで悪いと思いつつも出して進める自分勝手菓子職人。
パイの評価はかなり良かったけどもね。
文句つけるとしたらやっぱりパイの厚さらしい。
修練修練。

で、食べてもらいつつパフェ屋の前に着いたら・・・

29-2日 休業

Σ ま た か

ここのパフェ屋はどうやらうちらにパフェを食わせる気がないらしい。

しょうがないのでパフェつながりでキャッツカフェへ・・・。
あ、キャッツカフェ入るの初めてだヾ(-ω-)ノ゛

四人でパフェを注文。
チャレンジとかは止めて無難にフツーサイズので。
わしが選んだのはチョコケーキの。
p203.jpg


キャッツのカフェは半分から下がアイスで埋まってるらしく、一気に食べると頭にキーンて来るよ!と言われつつも、何の考えもなくかっこむ。
味はフツー? 若干アイスに氷混じってたのがアレだけど。
量もそんなに違和感ないかな?
どうせならチャレンジいっとくべきだったか・・・。

パフェ食べ終わって、大分長い時間だべって、六時くらいにお開きに。

江南の人を駅近くで下ろしたら、また高速で名古屋ICへ。
今思うと、夜の高速走るの初めてだったかも。
まぁ、そんなに変わらないか。人が横から飛び出してくるわけでもないし。

名古屋ICから、一人は星ヶ丘、もう一人は東山公園で下ろすことに。
で、東山公園で下ろすときにちょっと車線をミス。
下ろすのは大丈夫だったんだけど、自分がよくわからん道に突っ込むことに。
夜。山道(でかい公園だから山と言っても差し支えない)。知らん道。
迷い迷いで気がつけば、東山スカイタワーの入場ゲート。
これはホントにびっくらこいて、慌ててUターン。
更に十分ぐらい迷って、無事名古屋ICまで逆戻り。
道もわかってお家に帰り着きましたとさ。

ただ、腰が痛い。
下道ばっかりだったけど、割と座ってた時間長かったからなぁ・・・。
今までで一番腰にきてたよ・・・。

ま、楽しかったからよしとすべや。
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。