スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知牧場。
暇だからどっか遊びに行こうぜというノリで、愛知牧場まで遊びに行って来ました。

メインはバーベキュー。
天気はちょっと心配だったけども、まあ何とかなるだろう程度の雲。

愛知牧場があるのは日進市で、それほどド田舎というわけでもなかったのだけれど、実際牧場の中に入って見ると、とても広大な感じ。

ところで今回バーベキューは炭、網から食材まで、何でも牧場で用意してもらえるシステムだったのだけど、実際そういう一揃いを目にして、気がついたこと。

バーベキュー経験者がいません。

とりあえず炭を並べて火をつければよかろう、と思って炭を並べていくと、同じ袋によくわからない塊。
たぶん着火材かなぁ、と思いつつ、念のため牧場の人に訊きに行く。

何とかそれが着火材とわかり、組んだ炭の下に火をつけて仕込むも、なかなか炭が温まる様子なし。
何度も何度も炭の配置換えしたりして、どうにかこうにか肉が焼ける程度にはなった。

とりあえずセットに簡単なバーベキューのやり方ガイドもつけておいてくれればいいのに。

バーベキューセットについてきてたのは、
肉が豚・牛・鳥、野菜がピーマン・にんじん・さつまいも・しいたけ、魚貝類が何か貝(何)・えび。

バーベキューといえばやっぱり肉だけども、さつまいももホクホクだったし、何より美味しかったのがしいたけ。あれだけ美味しいとわかっていれば、最後までとっておけばよかった・・・。

後半、炭の熱が全体に行き渡って、網の上に手をかざすのも耐えられないくらい熱くなってたり。
一時間四十五分はバーベキュー楽しむには十分な時間でした。


バーベキュー終わったら、腹ごなしに牧場を散策。
ふれあい広場っぽいものに入って見ました。
平日無料。運が良かった。

さわれるのはどうせ小動物だけだろうと思ってたら、ブタも触れる、羊も触れる、鹿も触れると本当に開放的なところでした。

でも・・・
080819_1337~01

一番触りたかったモルモットには逃げられました。

くそう。


一通り広場を回ったら、今度は牧場の牛乳で取れたジェラートに舌鼓。
080819_1402~01

ティラミス味とミルク味(プレーン?)のダブルジェラート。
暑い時期にはやっぱり冷たいモノ。

ジェラートを食べてだべっていろんなことを話して、まだ時間があったので牧場の奥にあるという、植物で作った迷路に行ってみることに。


迷路の辺りまでてくてくと坂を上りきったとき、ふと上から雨が。
ひとまず近くのところででも雨宿りしようか、と思ったら、吹き上がる砂煙。

迷路の方を見やると、低空に異常な速度で進む雲。

頭にまず思い浮かんだのが、有名な竜巻パニック映画『ツイスター』の光景。

びゅん、と迷路の上を大きな植物が飛ばされている。

これは、ちょっと、シャレにならないんでない?


周りは牛舎ばっかりで、強風には耐えられそうもない。

慌てて建物の方に引き返す。

でも砂嵐で目は開けてられないわ、風で看板やらは倒れてるわ、なかなかの荒れ模様。


なんとか無事に建物内に入れて、ほっと一息。
他にもお客さんが避難してた。


とりあえず外の嵐が収まるまでお土産コーナーでもぶらぶら。

買い物ついでに牧場の人に、こういう嵐はよくあるのか訊くと、前にはテントが飛ばされるくらいの強い風が出たときもあったんだとか・・・。


しばらくしたら嵐は過ぎ去って、表に出てみると、ちょっとだけ青空が見える感じ。
だいぶ涼しい。


牧場にはいろんな植え込みがあったのだけども、そのとき座ったベンチの裏に、
080819_1525~01
こんなプレートが刺さっていたので、つい並べて撮影。

・・・さすがにサルビアに「白くまくん」って品種はないだろうしなぁ。
じゃあサルビアの名前?
花に、名前・・・つけてもいいと思うけど、サルビアって赤い花だよなぁ。

謎である。



適当に外でだらだらしたらまた建物に戻ったのだけど、このとき西の空を見ていたらすぐに帰ってたんだろうなぁ・・・。
建物に入ってまた少しだらだらしてて、外を眺めたら、斜め降りのどしゃ降り。

長らく足止めされることとなってしまった。


帰らなきゃいけない時間も迫ってたので、ほどほどに雨が収まったくらいで撤収。
折り傘持ってない人もいて、ちょっと肩が濡れた。

そのぱらぱらと雨に降られた帰り道。

080819_1616~01
西からの日を受けて架かった虹。
その上をじっと見つめると、もう一本、薄い虹も架かってる(携帯写真じゃわかりにくいけど・・・)。


嵐に、雨に、二重の虹。

今日のお天道様はサービス過剰だと思う。
スポンサーサイト
飲めぇーい。
080815_2031~01

というわけで酒盛りです。

ずっと前から話はしてたのに、なかなかソルちんの下宿に遊びに行けなかったのですが、とうとう行って来ました。

あんまり辛いものは飲めないから、甘いものばっかり。
もちろんソルティードッグも有り。

ソルちんはサークルの付き合いでビールが多いそうで、あんまり杏のお酒とか飲んだことないらしく。


一人暮らしのお部屋でだらだらいろんな話をしてきました。

またのんびり話しに行きたいなぁ。
今度はお酒もう少し少なめでいいや・・・。
八曽滝。
ふめさんとヒロが一緒にドライブしたいということで、ひじりんも合わせて四人で、少し前の東海ウォーカーで紹介されてた八曽滝まで行って来ました。
「名古屋に一番近い名水」っていうキャッチだったような。

名水つながりだったら前に郡上の名水のところまで行ったなぁ・・・。

場所は犬山市で、明治村・入鹿池の少し東。
前もリトルワールドまで車で楽に行けたこともあってか、行くまではとても楽観視していた。

そう、楽観視していたのだ。


八曽自然公園という看板を曲がって、少し入っていったところで、おかしなことに気がついた。

前に車がお尻を向けて止まっている。
道は左手が谷、右手が崖の一斜線。
追い抜くこともできないから、停車して様子を見ていると、前の車にバックランプが点灯。

ゆっくり下がってきた車をすりぬけるように、何台もの車がこっちに通り抜けている。
すべての車が通り抜けたあとに、前の車は進んでいった。

それを追っかける形で通っていくと、どうやらこの辺りの道はとっても細い山道らしく、片側は常に谷か崖、一斜線。何十mかおきに、ぎりぎり車がすれ違うスペースが設けられているくらい。

ガードレールもなく、谷側の方は舗装も落ちている始末。
ハンドル操作を誤れば、即谷へまっさかさま・・・。

今までで一番真剣に運転したんじゃなかろうかという。

対面からエルグランドが来た時は泣けた。

結局行きは崖側ばっかりだったから楽だったものの、帰りの場合を思うと気が気でなかった。

そしてあとで気がついたこと。
携帯が完全に圏外だった。

もし車が落っこちても、ロードサービスも呼べやしない。

つくづく、落ちなくてよかったなぁ、と。


なんやかんやで駐車場まで車は無事到着。

目指す滝はそこから40分くらい歩いたところにあるという。

滝がメインなところじゃなくって、キャンプ場、バーベキュー場としての貸し出しが多いところみたい。
山道を四人でてくてくと歩く。

木々があって、下がコンクリートじゃない分、名古屋よりマシだったけど、それでも少し暑かったかな。
途中、虫を見つけておっかけてみたり、わき道に逸れてみようとしたり、色々。

最近とんと山に入っていなかった気がして、水の音や虫の声が新鮮だったなー。

長らく歩き果てて、ザァーっていう特徴のある音を耳にて、たどり着いたのがこの光景。

080814_1410~01

落水点の近くに人が見えるように、水量が少なくて直接打たれても大丈夫なくらい小さな滝。
それでも久しぶりに見た滝に、おーって感心。

さすがに水着とかを用意してたわけではなかったから、滝に打たれるわけにはいかなかったけど、靴を脱いで裾をまくって、足を水につけるぐらいは楽しんでみた。

080814_1418~01

・・・サンダルじゃないから石が痛いっ。

でも冷たくて気持ちよかったー。

ひじりんはタオルをつけて冷やしてた模様。
別のグループの人はブドウ冷やしてたなぁ。

マイナスイオンとかそういうのを信じてるわけじゃないけれど、滝はやっぱりいいと思う。
も一回くらい夏の間に行けたらいいけどなぁ。


帰りは滝の水でひんやりとしていたのと、お昼もすぎたこともあってか、行きよりもずっと涼しい気がした。
それでもやっぱり疲れがあるから、カタカナ限定しりとりなんかをしつつ山道を下る。

帰り道も半ばを過ぎたあたりで、耳を澄ますとカナカナという鳴き声。

ひぐらしの鳴き声を生で聴いたのはそれこそ何年ぶりだろう。


これだけでもあの怖い道を車走らせて来た甲斐があったなぁ、という喜びと―


―あー・・・帰りもあの道走らなきゃいけないのか、という絶望のダブルパンチ。


とりあえず無事名古屋に帰っては来れました。
帰り道が空いてて良かった・・・。

続きを読む

ほりみや。
HEROさんが開設されてるサイト「読解アヘン」の作品、『堀さんと宮村くん』がとっても面白かった。

WCRで最近の上位にランクインしてたから軽い気持ちで覗いてみたら、読む手が止まらない感じ。
量も結構あったからか、丸一日消費したなぁ・・・。

前半と後半のテンポやキャラクターの雰囲気がまるで違うと思うけども、それを思い返しながら読んでると尚しみじみと感じるところが。

一応全体としてストーリーは完結しているものの、ちょこちょこと増えている模様?




京介みたいな義父が欲しい。堀さんみたいな彼女は要らないけど。
ぐりどる。
080812_0945~01
久々に朝マック。

前に食べて、あまりのたるさに二度と食べるかと思ったマックグリドルを何故か再び注文してみた。

普通に美味しかった。
前食べたのは半年くらい前かなぁ。

グリドルの味が上がったのか、それともわしの味覚が甘さ好きにまた一歩近づいたのか・・・。
ぐてー・・・。
バイト約一時間残業・・・。

にわかに人が減ったらしくってしわ寄せが回ってきた模様。
でもここでしわ寄せ止めないとまた来週さらに大きなしわになってそうだから、何とか処理・・・。

眠いけどお風呂はいるのもめんどうだー(ぐだぐだ


・・・日付変わりそう。
『雄』。
中学・高校の頃の友達がちょうど名古屋に来ていて、ひさびさに話がてら一緒にお昼を食べに行ってきました。

卒業してから全然連絡を取り合ってなくって、おおよそ四年ぶりの再会だったけれども、全然変わってない印象を受けました。
向こうもこっちを変わってないって言ってたけど、うーん・・・変わってないのか、そうなのか、と改めて思わされる。


四年間、彼はわしの全く知らない世界を歩いてきていて、聞く話聞く話が全部新鮮で面白かったです。
逆にこっちの話すネタに窮していた感じ・・・?


ともあれ、生き生きとしている人と話してると、色々と触発されるところがあるわけで。
でも触発されても、もう・・・歳なのかな・・・おじいちゃん色々やる元気が無いよ(何


彼はまだまだ若いんだから、とか言ってくれたけれども、もう既に自分の黄金時代は終わった感が・・・。
生き急ぎすぎたかなー(何歳だお前


でも彼の目指す道はまだまだこれからというところで、それがどうなっていくのかというのをしっかり見ていきたいと思ってます。
ROFF
RO、学校メンバーの第2回名古屋オフ会がありました。
メンバーは前回から韮が抜けた8名。

前回は飲み会だったけど、今回は遊ぶぞー、という趣向なのか、カラオケとボウリングなプランでした。


集合場所は前回と同じところでわかりやすかったのだけども、なにぶん暑かった・・・。
毎日猛暑日の名古屋の暑さは半端じゃないのです。

暑いところで待ってるのもアレだったので、涼しいところで時間ぎりぎりまで待機。
集合場所に向かったときにはソルちんとテスタが見えました。

で、三人で今回もふめさんとヒロは遅刻するだろうかという話をしていて、遅刻するに150円賭けたら、全員遅刻するという意見。
賭けにならないなーと思ったら、なんと時間三分前にふめさんとヒロが到着。
思わず時計を確認する三人(何

これで五人かなー、と思ったら、ふめさんの指摘で後ろを振り向くと、わしが来たときからずっとそこに居たと思われる植木&ソラちん
ごめん、本気で気づいてなかった・・・。

残るひじりんが少し遅刻して、すぐ近くのJOYSOUNDへ。


結構カラオケって最初に誰が歌うかで壮絶な譲り合いがあるけれども、今回はひじりんが一人遅刻したせいか槍玉に。
歌い終わってもまだ誰も曲入れてなくって、二回連続で歌わされるというなかなかな目に遭ってました。

そこからは、まあ全員が結構マイク持つ機会があったんじゃないかな?
植木除いて。
でもよーく見てると、たまに植木の口は歌ってたり。

ソルちんもたまにノってたんだけど、視線を感じると止めちゃうという。

テスタを見習いなさい、テスタを。

今回はつっこさん歌わなかったなぁ。
どっちかというと明るめなのばっかり選択だったし。

やっぱり夏ーということで『夏祭り』や『夏の決心』とか狙ってみたり。
ソルちんが歌ってた福山の『虹』とかもいい感じ。サビの高さがよく出るなぁ、と思う。

あとは新し系でマクロスF系をテスタががんばってくれたり、ふめさんが『ポリリズム』歌ってたり。

ヒロはネタのみ。

あれ、ソラちんが何歌ってたか思い出せない・・・?
うーん・・・あ、マサルさんの『ロマンス』がんばってたや。


カラオケのあとはボウリングー。
適当に2チームに分かれてやったんだけど、なんというか、わしはダメダメでしたがな。

昔はちゃんと100は取れてたはずなのに、

スコア
 1ゲーム目 60ぐらい
 2ゲーム目 80ぐらい

んー・・・経験者なのに何かおかしいスコア。
相当なまってる、これは。
植木、ソルちん、テスタは上手でかっこよかったし、ふめさんもそれなりにスコア出してたのになぁ・・・。
これはもうwiiボウリングで特訓するしか・・・!(意味無

何か投球フォームがかわいいとか言われてたらしいのだけど、どのあたりがそうだったのだろう・・・。


ボウリング終わったら、クレーンゲームとメダルゲームのチケットもらえたので、ゲーセンで遊ぶことに。

ソルちんの頭文字Dのゲームや、テスタの音楽ゲーとか見てると、できるゲームがある人がいいなぁ、とつくづく。
アーケードゲームはほとんどやらないから、結構手持ち無沙汰。

仕方ないのでクレーンゲームのところでずっとおっきなトロを、視線だけで落ちないかじっと眺めてました。
500円使っても取れなくてしょんぼりしてました。
トロー・・・。


最後の方に、ヒロに勧められ、ふめさんと太鼓の達人にトライ・・・したのだけど、これがいけなかった。
二曲目の時点で腕が疲労困憊。
それでも三曲目、難しいに挑戦・・・。

結果
 →バチを握ってた手は痛みで開閉がままならず、腕は45度以上上がらない。

うん・・・太鼓の達人は、おうちで大人しくコントローラでやるものだよ。
少なくとも、ボウリングで疲れた腕でやるものじゃない。

そしてそんな満身創痍な腕をいじりまくった人達はタンスの角に足の小指をぶつければいいと思う。


最後の帰り道、空はごろごろ。
ビルは多かったものの、結構空が開けてた分、はっきりと綺麗な雷が見れたりした。

一名えらく怖がってたけど。


最後の最後、駅から自転車で帰るときは雨が降っちゃってたけど、皆無事に帰れてたのかな。




なんというか、ハイスピードで過ぎていったようなオフだったかなー。
楽しかったけど、あっという間。
気がつけば、全身くたくた。

ゆっくり座ってお話しする時間とかがなかったのが少し残念かな。
暑さ対策。
白熊やペンギンに囲まれてたら、少しは涼しく感じるんじゃないかと思う今日この頃。

080807_1213~01

しっかし最近ホントに暑くてかなわない。
去年は使わなかった冷房を入れて、自室に引きこもり状態・・・。

や、でもそれでも無駄に(?)大学とか行ってるしなぁ。
じりじりだらだら汗流しながら。

バイトの後輩と姉様に、えらく肌が焼けてると言われたけど、実際どんなもんなんだろうか。
自分の肌に無頓着だと全然わからなかったりする。
歩きたくない。
岡崎の花火を見入ったとき、甚平にサンダルという出で立ちだったのだけど、そのサンダルがいけなかった。

080804_1743~01


こんなデザインなんだけど、この表面のでこぼこが結構硬い。

で、それを履いて長時間歩き詰めたせいか、今足の裏が激痛を訴えてるわけで。

ちょうどマメかなんかみたいな感じで、水か血が溜まってそう。
とっても痛い。

靴下履いてたら幾分かは楽なんだけども、裸足で階段昇降するとキツい・・・。

液分抜いたら楽になるんだろうけど、肌に入れても大丈夫そうな針とか今無いし、穴あけた後足の裏清潔に保たないといけないしなあ・・・。

自然治癒してくれるかなぁ。
もそもそ
長らくBlog更新さぼっていましたが、生きてます。元気です。

というのも最近はデスクトップPCが置いてある部屋が暑くって、自分の部屋でノートパソコンでかちかちやってることが多く、ノートパソコンではBlogの更新できるようにしてなかったので、だらだらと更新せずに・・・。

ともあれ、今回からノートPCからでも更新するようにしたので、更新機会が以前並みには戻るといい・・・なぁ(希望的観測
岡崎花火。
岡崎観光夏まつり第60回花火大会なるものを見に、はるばる岡崎まで行ってきました。

じゃらんとかでも大きく取り上げられる岡崎の花火、相当混むことを予想して、開始の五時間前の午後二時には既に岡崎入り。
始まるまでは八丁味噌の郷を見学したり、岡崎城を眺めてみたり、だらだら。

岡崎城は天守閣も入れたみたいなのだけども、運悪くちょうど閉城時間でしたとさ。


五時近くともなると、段々と人が増えてきて、歩くのも少しままならないくらい。

場所取りは地元民に任せ。
近くてそんなに混み合ってるところじゃなかったけど、ちょっと木々が邪魔だったかなあ。

それでも近かった分、音はよく響いた感じ。
細かい火花までよく見えたし。

でも一番眺めがよかったのは、帰りのラッシュに巻き込まれないようにと早めに引き上げてた帰り道。

殿橋の上からや、国道一号線沿いから見た花火は、障害物が無かった分大パノラマで見れたという。


やっぱり場所取りは大事だねー・・・。
でも、近かったからこそ、屋台で色々食べたりできたわけだけど。
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。