スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京滞在記 ラスト。
無事帰ってきました。

疲れてるのでそっとして置いてください(何


出国のときは手荷物過量が10kgオーバーしても文句言われなかったのに、入国のときに検疫あるの忘れててちょっとどたばた。
ついでにトランクのカギを失くしたり、セントレアに局所的被害を及ぼしたと思う。


万里の長城行った話はまた今度にしよう。


日本、というかやっぱりお家が一番だ・・・(ぐってり
スポンサーサイト
北京滞在記 その11。
中国国産スナックを食べながら更新です(ボリボリ

味が悪いとかそういうのは特に無いですけどね。
強いて言うならパッケージのセンスが微妙・・・。

何で中国のキャラクターってあんなに可愛くないんだろう。
あれだけ可愛くないデザインばかりよく作れるなぁ、と思う。

ん・・・スナックの袋の中にオマケが・・・。

おー、刺青シールだ。
誰かへのお土産にでもしようかな・・・?

びりっ
(開封しようとしたら中身がぼろぼろ崩れた)

こういうところだけ中国産かっ!(違


そんなわけで買い食いは結構多かったりする。
スナック系は今回が初めてだけども、スーパーのお惣菜コーナーはよくお世話になってたり。

日本のコンビニと違ってフツーの売店じゃなかなか野菜とか摂れないからなぁ。

セブンイレブンは別格だけど。


よく買うのは小麦粉を練って、色んな具材と一緒に平焼きにしたようなの。
安くて美味しい。
玉ねぎとかジャガイモとか種類は色々。

今日はお昼に包子も買ったかな。
日本の肉だけの奴と違って、野菜も結構豊富。やっぱり美味しい。

でもたまにハズレも引いちゃうわけで・・・。
この前買ったのは、揚げパンの中に餡が入ってるようなのだったけど、その餡が美味しくなかった・・・。
いったい何餡だったんだろう。

ロクに中国語話せなくっても、数詞だけ分かればこの辺の買い物はできるかな。
たぶん「これ○個!」というフレーズは北京滞在で3番目くらいに良く使ったと思う。


そういえば北京に出るときに、帰ってくるまでに体重が増えるか減るか っていう話を姉様としたんだけど・・・。


うむ、いつもよりアバラ骨が浮いて見える。

確実に肉が減ったな、これは。

でも摂ってるものは甘いもの(特に飲料では)が多いから、健康面では結構悪くなってるんだろうなぁ、やっぱり。

帰ったら存分に食べるぞうー。
北京滞在記 その10。
疲れ蓄積のせいか、だらけてます。
とりあえず外へ出歩いたものの、三時間ぐらいで帰還。

たぶん野菜とかビタミンとか足りてないと思う。


歩き回ったのはまた大柵欄の辺り。
今回は東を中心にうろうろ。

瑠璃廠もついでに寄ろうかと思ってたら、何故か前門まで出てしまったという。

あんまり元気が無かったものだから、そのまま宿に戻ってごろごろごろ。


だらけて寝た分明日元気でますように。
北京滞在記 8-9合併号。
さっき部屋の柱にぶつけた膝が痛い・・・。

昨日は歩きつかれてそのまま寝入ってしまったので更新できず。
本当はタクシー使おうと思った距離を、二時間近くかけて歩いて帰りましたとも。
あれは苦行だ。

昨日は西単と言う百貨店が密集した地域に足を運んできました。

なんというか雰囲気は栄に近い感じ・・・?

地下街もそれなりに見られる場所があって、地下三階分吹き抜けで、色んな雑貨屋さんがひしめく空間は面白かったかな。
更に下にはスケートリンクもあったとか。
すべりてぇー。

あと寄ったのは大きな本屋さん。
何というか、本屋はどこの国でも魅力があるものなのか、歩き通しで疲れてた足で一時間ずっとうろうろしてたりした。

でも中国の本屋ってすごい。

立ち読みってレベルじゃない。
飲み物を本棚に置いて、座り読みしてる。 べたーんて足伸ばして。
必要とあらば文章をメモに抜粋している(主にクッキングの本のところ)。

中国はこれだから侮れない。

三冊くらい軽い本を購入。
高い本はタイトルとかだけメモしたので、日本に帰ってから。


今日はまた建国門あたりまで出てきました。

荷物の一部を国際郵便で送ってみたり。
国際郵便って使うの初めてなんだけど、ちゃんと届くかしらん・・・。

言葉が(英語すらも)通じない郵便局の方が、がんばって梱包してくれたからきっと届くだろう(多分)。


そういえば今日誰かが名古屋に地震起こるとか予言してたらしいけど、そんなことはなかったんかな・・・?
まだちょっと時間あるけど。

あったらあったで帰れんくなるから困るけど。
北京滞在記 その7。
昨日に引き続き、今日も良いお天気ー・・・だったんだけど、暑すぎ。
30度超えてたんじゃないかな。

上着脱いで出かけて正解。

今日はルフトハンザショッピングセンター周辺の散策。
日本人、外国人が多く滞在してる地域で、今まで巡ってきた地域とはいっそう違った雰囲気を出してます。

ドイツ人学校の近くは、何か西洋っぽい建築が並んでて、北京にいてまた違った異国情緒があったり、日本人の滞在するホテルでは久々に(先輩以外の)生の日本人の声聞いたり、大使館近くでは少し緊張感に包まれた静寂を感じたり、近くにたくさんオープンカフェがあってやっぱり異国情緒を感じたりー。

でもあれだ。
日本人向けのスーパー。
あそこでまさか、北京でまさか、『星間飛行』を聴くとは思わなかった。

誰の趣味の有線だったんだろう、あれは・・・。


今日はお箸が買えたので、パン系じゃなくて、缶詰買ってみました。

日本の缶詰 鯖の味噌煮 30元(≒450円)

高い・・・詐欺だ。
物を輸送するということにかかる費用をこんなことで実感するなんて。

ちなみにガリガリくんは10元(≒150円)だった。
こっちではペットボトル飲料は大体3元。

つまり日本で言う、ペットボトル一本でガリガリくんが三本買える が逆転して、ガリガリくん一本でペットボトル三本買える という風になる。

あとこっちで結構実感するのは店による価格の違い。
飲料でもひどいとき2元ぐらい違う。

箱入りの月餅(49元)の奴は10元違うこともあった。

そういう意味では日本の市場と結構違うんかなぁ・・・。
あ、でも家電とかは日本でも結構違うか。
北京滞在記 その6。
今日の北京は快晴。

オリンピックのおかげで排気ガス規制とかがかかって、青空が見られるようになったって日本のニュースでやってたなぁ。

ちょっと暑かったけど、吹く風は涼しくていい感じ?

今日歩いて周った建国門外大街は、そんなお天気に通るのはちょうどいいくらい調えられた通り。
無駄に写真撮りたくなるくらい良い風景だったなー。

でも大きな高速を超えて建国路に入ると、段々道が悪くなったり、裏手に見えるお店群とかが見えて、北京ぽい感じ。


そういえば今日更にリュックが壊れた。
壊れたのは一番大きな収納口のファスナー。
閉めようとしたらバキッて言って取れた。

二つのファスナーで閉めるタイプだったから、片方が取れただけならまだ使えるんだけど、更に壊れそうな予感がする・・・。
底が抜けたりとか、肩紐が縫いとめてある部分から切れるとか、そういうの。

パソコン積んでるから、色々と怖いんだけどなぁ。
インナーバッグも落下衝撃はさすがにガードできないだろうし。

データだけ完全にコピーして部屋に置いてこうかな・・・。


ここのところ月餅買ってないなぁ。
大抵の奴はもう見たことある奴だし、特色が掴めそうなものもないし。

代わりに惣菜系のものを買ってみて、色々と比較してみることが多くなったかな。

しかし今日買ったのはひどかった・・・。
あんな不味い物を主食として食べるなんて考えられない。

恐るべし北京。

ベーカリーで買ったガーリックトーストで口直しだー(何
北京滞在記 その5。
今日の調査はセブンイレブンからスタート。
久々にコンビニのおにぎりとサンドイッチ食べたー!

和食を食べるでなく、そういう辺りで日本を思い出されるあたりが現代人。

まあ、野菜とかも摂りやすいからサンドイッチとかはいつもより健康的・・・。

リッツとか月餅とかリッツとか月餅とか・・・。
最近そんなのばっかり。

今日はその分色んなもの食べたかなー?

タコスとか、惣菜として売られてる餅(中国では小麦を練って作った食品全般を指す)とか。
いつも乾燥したものばっかり食べてると、こういうのが新鮮。


今日回ったのは住宅街近辺。
団地がまとまってるところとか、少し奥まった場所とかをうろうろ。

結構通りでは椅子に座ってのんびりしてる人がいるんだけど、今日は初めて中国将棋さしてる人たちを発見。何かひとだかり状態になってた。
皆思い思いに口を出してて、岡目八目状態・・・? それとも詰め将棋みたいなのやってたのかな。

ああいうのんびりした空間を歩くのはいいなぁ。
北京滞在記 その4。
ベッドでごろごろしてたらそのまま寝てて、昨日の更新分忘れてた。

昨日行ってきたのは、大柵欄と天壇。
大柵欄は北京の浅草・・・らしい。
何かこういう例えが多いなぁ。日本人の癖かね?

北京天安門からやや南にある、東西に伸びた商店街みたいな感じ。
西半分と東半分で、やけに印象が違った。

西半分は本当に商店街ー、という風。
5m四方も無いような小型店がずらーっと並んでた。

東半分は、結構しっかり整えられてるような造り。
通りの舗装も綺麗だったし、西半分と違って歩行者天国。
店舗は大型~中型で、繁盛してる様子。

東半分のところには、ちょっと奥に入っていったところに2元均一、10元均一セールの売り場があったりして、色んなもの売ってて面白かったかな。
でもやっぱり壊れるの早いんだろうなぁ。

壊れるといえば、一昨日こっちで買ったリュックサックの肩紐を留めるプラスチックのパーツが破損。
とりえあず応急処置して使えるようにはしてあるけれど、寿命二日かぁ・・・。


天壇は祭祀施設の展示+広大な公園のようなところ。
道は直線的に続いてて、道の果てが霞んで見えるくらい・・・。

入場料がかかるんだけど、結構いろんな人がくつろいでたなぁ。
緑が多くてびっくり。


故宮の方ででもそうだったんだけど、北京のお土産店で出してるのってモノばっかりなんだよねぇ。
食べ物もあるにはあるんだけど、普通の商店で売ってるようなスナックとかそういうので、お土産用じゃないようなのばっかり。

日本が特殊なのかな、その辺り。
何でも饅頭やせんべいにしてるし。
北京滞在記 その3。
北京に来てから毎日、疲労困憊になって一日が終わる気がする。

今日は北京の銀座とも言われる王府井通りと、故宮での調査。
まあ、故宮はどちらかというと観光寄りの調査だったんだけど。


朝は雷が激しかったけども、段々と回復して出かけるつもりだった時間には出られるくらいの雨。
傘は要ったけども。


王府井では色んな商店やホテルに潜入して、売り物をこそこそと眺めたりパンフをせしめてたりした。
お店が小さすぎると目立つし、あんまりにも高級なところだと入るのにも目を付けられるし、なかなかやりにくい・・・。
小売店では写真撮るなんてもっての外らしい。
昨日もある店では罰金とられかけてたらしい(先輩談)。

日本でも駄目っていう店はたまにあったけど、何がそんなにいけないのか・・・。

でも王府井だと割と観光地としても機能してるようなところあるから、許されるところでは遠慮なくパシャパシャと撮らせてもらってたかな。
・・・いい資料になればいいんだけど。


お昼ご飯はマックでやり過ごし。
よくわからないがとりあえず一番安そうなセットを選んだら、チキンナゲット&ポテトMサイズ&コーラLサイズだった。
コーラLを飲みきるまで席を立てず・・・。

席でだらだらしてたら、急に前の席に人が座ってきて、カードを見せてきた。
そのカードには、「私たちが一生懸命作った人形です 是非買ってください」みたいな内容が書いてあって、一緒に小さなキーホルダーくらいの人形を見せてくれた。
そんなに高くなかったし、面白そうだったので買ってみたら、今度はそのカードを裏返して見せてきて、そこには「あなたに幸運を」みたいなことが書いてあって、親指グッと立ててその人は去っていきました。
結局一言もしゃべらずに。

お店が立ち並ぶようなところならともかく、マックでだらだらしてるときに押し売りが来るなんてねぇ。
夢にも思わなかった。
他にも結構買ってる人はいたみたい。



故宮は広かった。
惜しむらくはまた途中で雨がひどくなったりして、移動が制限されたこと。

でも、雨の宮中ってのもなかなか。

建物自体よりも、壁とかそういうの見てるのが面白かったかな。
排水溝とか、通路の段とか。
そういうあんまり目に付かないようなところの飾りっ気が好き。

中国古代史は好きだけど、唐~明代とかになってくるともう全然駄目なので、音声ガイドの機械をレンタル。
中国人の日本語で、ときどきおかしくなりながら説明してくれました。

でも東六宮の一番遠い宮で、そこで起きた悲しい故事をいきなり話し出されたときは危うかった・・・。
意外に電子音声ガイドは策士である。


故宮は南から北に突っ切る感じに行ったんだけれど、出た先すぐでは道路が柵で囲まれててタクシーが拾えなくって、しばらくとぼとぼ歩くことに。
で、柵がなくなったなーと思ったら、今度はタクシーが来なくって、まあ、歩きながら待てばいいやととぼとぼしてたら、結局故宮縦断できる距離分歩いていたという。

・・・せっかくなら故宮内通っていれば二回分見れた気分になれたのにっ。


さて、寝る前にいくらか月餅食べてレビュー残しておこうかな。
・・・別に研究には関係ないんだけどな、味。
北京滞在記 その2。
資料整理やっと完了っ。

真面目に日記書こうと思ったけど、体力と精神力の限界・・・もうダウンします。
今日はホント疲れたー。

足も腰も肩も痛い・・・。


とりあえず今日やったこと

 先輩に豚肉月餅を食べされられた。
 先輩にカレー月餅を食べされられた。
 先輩に海苔月餅を食べされられた。

結論:先輩はドS。


おやすみ・・・(ばたり
北京滞在記 その1。
何というか早くも死にかけています。

 死にかけ理由 その1
  3時間近く狭い席に押し込まれっぱなしによる腰痛

  中国国際航空のシートは狭すぎた・・・。
  足伸ばせないわ、キャビンアテンダントの人の肘は当たるわ(席は通路側だった)、厳しい。
  帰りも同じ会社なんだよなぁ・・・。
  セントレアから帰れるかな。

 死にかけ理由 その2
  月餅×5

  ホテルに夕方あたりについて、一息入れたら夕食を探しにうろうろと。
  そしたら見つけたパン・ケーキ屋(一くくりで面包店とも言う)で調査対象の月餅が
  売られてたから、迷わず全五種を購入。
  ついでにお惣菜パンみたいなのも買って、これで夕食にしようと思ったんだ。

  しかしその想像は甘かった。
  その月餅はたった直径4cmくらいなの一個でも、メシ一食分並の重さがある食べ物だったのだ。

  まぁ、要は饅頭みたいなものだから餡がぎっしり。キツい。
  甘みと重さで色々胃がピンチ。

  今たぶん体の1/3が月餅でできてると思う。

  お惣菜パンのあとに三時間かけてやっと三つ消費・・・残り2個。
  今日中に食べきれるだろうか。



そんなわけで死にかけてますが、今日のこと。

飛行機は狭かったけど、特に問題があったわけではなく、難なく北京に到着。
何故か検疫がなかったんだけど・・・なんでだろう。ガイドブックにはやるって書いてあったけど、情報古かったのかな。

北京空港は外から見てて、なんだ、あんまりセントレアと変わらん大きさじゃないか、と思ったら、奥行きが恐ろしかった。
何せ、到着ロビーから荷物受取所までモノレールで5分くらい。

モノレール使わなきゃならんってのが何かおかしい。

そこからはタクシーでお宿に。
中国語はうまくしゃべれないけど、書けるから予め用意しといたメモを運転手さんに見せたらわかってもらえた。

日本国内の旅行だと、こういうとき運転手さんにいろんな話が聞けるので、中国語で試しに話しかけてみた。

全然通じなかったorz

運転してるから筆談もできないしなぁ。
ここは諦め。

でもその運転手さん、通じないけれども親切に対応してくれて、おつり返してもらったときに、「対」(「はい」とかYesとかまぁ、そんな感じの言葉)って言ってみたら綺麗に発音できてたらしくって、サムズアップまでしてくれた。

もっとちゃんと話せればよかったなぁ。



ホテルでは中国語じゃなくて英語で通じたので、もうそっちばっかり。
ちょっとぐらいの英語ができて本当に良かったと思う。

ホテルはカードキーだったんだけど、どこにもカードリーダーないなぁ、と思ったら、取っ手部分にカードをぴたっと引っ付けると開くタイプだった。

なんかSuicaみたい。
使ったこと無いけど。


そういえば夕食を買ったお店からの帰り、何か通りのスピーカーから聞きなれた音楽が、と思ったら、一青窈の『もらい泣き』。
出身を考えると不思議でもないのかな・・・?

でも北京で日本語の歌が流れてるってなんか不思議な感じ。


そんな不思議な感じを見事にぶち壊してくれるのが北京の車ラッシュ。
ノーマナー当たり前。
ウインカー無し当たり前。
常に運転は接触事故の一歩手前。
そして横断歩道を渡るときは肺が排気ガスで満たされる感覚・・・。

あんまり横断歩道渡るときは息をしないようにしておこう(何



さて・・・そろそろ次の月餅に・・・手を・・・出・・・(ぱたり
♪俺はこいつと旅に出る。
080904_2017~01
というわけで、大学の卒業論文のための調査へ北京に行ってきます。
期間は明日9月5日から9月17日までの12日間。

調査対象は月餅とお菓子。
北京市内のスーパー、コンビニ、百貨店、ホテルの売店、飲食店等、色々歩き回って調べてきます。
中国語しゃべれないけどもそれくらいならなんとかなる!(・・・と思う)

一応大学一年のときに中国語習ったし、読み書きはそれなりだけど、会話は全然・・・。
いざしゃべってみようとすると、何故か英語と中国語のちゃんぽんという変な状態に。

『旅の指差し』は買ったけど、果たしてこれで乗り切れるのかな。



とりあえずあれだ。
変圧器が面倒くさい。とりあえずデスクトップでも使えるというごついの買ったけど、高かった・・・。

ちなみにトランクは片面丸々空っぽだったりする。
帰りはどれだけ詰め込まれるのかなぁ。


空気とか色々心配される北京だけども、たぶんどうにかなると思う。
生きて帰ってくるはず。


でも姉様にデジカメ借りたとき、わしの顔を取って、もし帰ってこなかったらこれが遺影ね、と。
その遺影、ちょっと苦笑い過ぎ。




まぁ、とりあえず

いってきまーす。













【おまけ】
最近更新サボってたけど、お菓子は作ってんだぜ写真s

【チョコレートカントリーケーキ】
080827_1523~01
きょうこさん用だったが、結局大雨その他の呪いのせいで結局生物室の面々は食べれなかった。
わしと姉様で消費。


ちなみに大雨のとき
080829_0038~01
床下浸水15cmくらい。
左手前のは靴乗せの木版が浮いている。



【フルーチェのタルト】
080830_1525~01
ハウスフルーチェ(ブルーベリー)で作成。
フルーチェ初めて食べた。
結構もったりしてるんやね。
おかげでタルト台に敷くのが大変だった・・・。

わしと姉様で消費。



【バニラパルフェ】
080904_0709~01
チョコレートカントリーケーキの生クリームの残りで作った、簡易アイスクリームみたいなもの。
黄身の加熱はもっと気を使わないとだめっぽい。
黄色い斑点がところどころ見えるのは精進が足りない証拠。

わしと姉様で消費。



大学が始まらないとわしと姉様がお菓子で肥えます。
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。