スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふゆオケ。
11月9日にあった、南山大学管弦楽団の演奏会のレビュー載せまーす。


今回の曲目は
 ブラームス/大学祝典序曲 作品80
 ドヴォルザーク/スラブ舞曲集 より抜粋
 チャイコフスキー/交響曲第五番ホ短調 作品64


ブラームス/大学祝典序曲 作品80

パンフレットに元が四つの学生歌からできてるってあって、変わった曲調なのかな、と思ったのだけど、毎回の一番手のごとく、聴きやすい曲。
「あ、ここで切り替わったのかな」っていうのはわかりやすかったけど、曲全体として明るい印象を受けたかな。

ドヴォルザーク/スラブ舞曲集 より抜粋

友達のイチオシだった気がする。
そしてやっぱり激しくていい曲だったー。

でも途中に挿入された穏やかな部分もよかったなぁ。
一回全部を聴いてみたいところ。

抜粋だから詳しくどこかっていうのはわからないんだけど、半ばの盛り上がりが好きだったなあ。
金管の方が短い笛(ピッコロ・・・?)によく持ち替えてて、演奏を引き立てていたけども、その民族楽器的な何かを表現するためのそういう編成だったのかな。

あとでオケの友達に聞いたのだけども、客演の指揮の人がこの曲好きだったみたいで。
舞曲が好きなのか、最後のアンコールで演奏してたのはハンガリー舞曲でした。


チャイコフスキー/交響曲第五番ホ短調 作品64

第一、第二楽章が穏やかに始まり、穏やかに終わるのが印象的。
全体的に管楽器が目立って聴こえる曲だったような。

何か今回は全体を通してクラリネットが印象に残ってるのはなんでだろう・・・。
逆にチェロ(=友達)にはあんまり目が行かなく・・・あ、でもこれの第一楽章ではよく聴けるところがあったはず。

後半の盛り上がりより、序盤の穏やかさに耳が行ったのは、前のスラブ舞曲で激しいパートに食傷気味になっちゃったからかなぁ。
スポンサーサイト
冬服増やしました。
昨日から急に冷え込んできたので冬服追加しました。

081110_2304~01

・・・服以外にも余分なのがごちゃごちゃ映ってるなあ。
しかも一着上に重なってて何かよくわからない。

とりあえず左から、薄手の紫のパーカー、三段フェイクのシャツ(大人しめのピンク)、二段フェイクのシャツ×2(白・黒)、ムートンの上着、の5着。

とりあえず当座これで冬を越せるといいなあ・・・。


あ、昨日の演奏会レビューまだだ。
明日書かないと。




おまけ

~コンビニに入りたい猫~
081110_1644~01
自動ドアのところで座り込むにゃんこ

お店の人の話では、餌をやってるお客さんがいるらしくって、買い物した人に擦り寄ったりしてました。
人にとってもよく慣れてて、小さい子も撫でてたような。
ふぉーまっと。
デスクトップのパソコンを初期化しました。

初期化のためのインストールディスクとか探してたら、どうやらデスクトップは購入してから一年くらい経ってることがわかりました。
その一年のうち半年間は不良やエラーや後半なんて青画面で悩まされたわけだけど・・・。

ともあれ、中身をまっさらにして、ウイルスソフトをカスペルスキーにしてみたら、ほどほどに快調。
カスペルスキーは通常版の値段だと他のに比べてべらぼうに高い感じがするけれど、優待版の2ユーザーパックだったら片方5000円とそれなり。

体験版とバージョンが違うのか、スキャンしたファイルを逐一表示してくれるレポート機能がついてないのが残念・・・。あれがあったらどこにどれだけ無駄なファイルがたまってるか一目でわかるのに。


また長らく使ってくことになるんだろうけど、いろいろ蓄積されたらもっかい初期化とかになるのかなぁ。
くろめけっそん。
漢字で書くと黒目欠損。
黒目がえぐれてる怪我でちょっとひどい目みてました。

今まで何度もなったことはあったのですが、今回のは特にひどくって、夜寝られない、怪我してない方の目すら開けられないと散々なことに。

もうだいぶ治ってきてますけれど。


しばらくコンタクトレンズはつけれない模様・・・。




その怪我に前後しての諸々。

ハロウィンパーティしました。
仮装をして色々出歩いてたのですが、どうやら親戚に見つかってたらしいです。
ばれないと思ったのになぁ。近所を出歩くのは危険・・・。
SN3A0022.jpg


覚王山祭にいってきました。

日泰寺の通りのお祭なので、タイをイメージしたもの(象とか)があったのと、クリエイターズマーケットの要素が強かったのか、アートの展示や、オリジナルのポストカード、グッズ、アクセサリーの販売など。
値段はピンきりだけど、高いものが目立ったかな。
それだけ自信のある品ということ・・・?

フリーマーケットよりは、職人市に近い印象だったかな。

ステージ企画では小さい男の子たちが和太鼓やっててうまかったしかわいかったなぁ。
081103_1321~01

081103_1139~01
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。