スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末買ってしまった本s。
一冊目:京極夏彦『狂骨の夢』(講談社ノベルス)

最近は京極堂にはまりすぎだと思う。
シリーズ一作目・二作目は立ち読みで読み通したけど、三冊目だけは行きつけの古本屋さんになくって、ちょっと遠くの古本屋さんで購入。
それでも550円・・・まぁ、元が1100円なわけだからしょうがないと言えばしょうがないのかなぁ。

今やっと1/3くらいまで読み。
まだ京極堂が出てこない・・・。


二冊目:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)

古本屋さんになくって、仕方なく普通の書店で購入。
それでも上記『狂骨の夢』と同じお値段。
三倍くらい厚さが違うのに。

これを買ったきっかけは、友達からこの本の主人公がわしによく似ている、との話を聞いたから。

だからジャンルとか一切知らずに読んだのだけれど、なかなか面白いストーリー展開。
割とすぐに読了してしまった。

そして、肝心の主人公について。

―似てた。

最初はあんまり思ってなかったけど、二章あたりからじわじわと来るものがっ・・・。
まあ、もう学生じゃないからこんな風にはならないよなぁ。


三冊目:月刊SAVVY1月号(大阪 神戸 京都 最新パン&ロールケーキ)

仕事も兼ねてだけど購入。
実はSAVVYは結構買ってたりする。

まだ読んでないけど、知ってるお店をどんどん広げていきたいなぁ。
スポンサーサイト
散歩。
今日のお昼頃、名古屋から電車で神戸に戻ってきました。

ちょっとやり残してた家事を済ませて、時間は丁度三時くらい。
歩いて30分とないメトロ神戸の古本屋さんでも覗こうかと腰を上げてみた。

けれど、運が悪いことに狙ってた古本屋さんは今日はシャッターが下りてたという。

折角歩いてきたのに、何も無しはもったいないかなぁ、と思いつつゆるゆると歩いていったら、いつの間にやらハーバーランドまで到着。
時間は夕方頃。
イルミネーションやら夜景やら、何か見れないかなぁと思ってちょっと散策してみることに。

CA3C0547.jpg

阪急とHaReの間にあった、ツリーっぽいモノ。
実際は表面がごつごつしてて、鉱物っぽい何かな感じが強いやも。

青く光ってるけど、緑になったりもしてたので、結構バリエーションはあるのかも。

一番てっぺんにあるのはミラーボール・・・?


CA3C0549.jpg

モザイク、海側のテラスに白いツリーっぽいオブジェを発見。
上がってみるとなにやら人が集まってて、何かあるのかなぁ、と思ったら「UNITE」というアカペラグループがライブを始めてました。

もちろん最後まで立ち聞き。

クリスマス風の曲も織り交ぜながら、明るい曲で盛り上げるシーンも。
一番よかったのはドリカムの『大阪LOVER』のアレンジ。
ハモリもよかったし、何より関西で聴くと新鮮な気が。

ライブが終わるともうだいぶ暗い時間。
モザイク内のイルミネーションも点灯しはじめて、光りだした白いツリーの周りにはこんな綺麗なアーチも。

CA3C0551.jpg

結構写真撮る人(自分含む)で渋滞してたスポット。


モザイクを離れてちょっとメリケンパーク側からも一枚。

CA3C0553.jpg
空の、青・白・赤の色調の変化が好き。


このあとはメリケンパークのいつものスポットで、夜の波の音に耳を傾けつつ、体が芯まで冷え切るぎりぎりのところで引き返し。

そしてまた阪急とHaReの連絡通路を通りかかったところで見たのがこれ。

CA3C0554.jpg

アーケードの一番上から下ろしてある、圧倒的な量の鮮やかなイルミネーション。

これ、実は行きでも見えてたんだけど、明るかったからあんまり綺麗に映ってなくて、写真も撮らずに通過。
まさかここまで綺麗になるとは・・・。
いやはや、狙ってないのによくめぐり合わせたもの。


色々予想外の散歩だったけども、結構色んなイルミネーション見られて面白かったなぁ。
とりあえず動き回って疲れた腰が明日から響きませんように・・・。
結婚式。
今日、上の姉が結婚式をあげました。

物心ついてからはじめての結婚式で、写真や動画もたくさん撮ったのだけど、さすがに姉メインのをアップするわけにはいかないもので、今回は自重。

式中で思ったのは、姉はずっと笑ってて、逆に旦那さん(お義兄さん)はほっとんど緊張した面持ちという対称さ。
新郎と新婦では全然違うのかな。
でも姉があれだけ笑ってるのを見てると、「ああ、今幸せなんだなぁ」って傍から見てても思えてしまう。

職場で先輩が「結婚式は自分が主役だから、すごく気分がいい」って言ってたけど、まさにそんな風だったのかなぁ。
逆に気がめいってしまう人もいるんだろうけれど。

自分のときはどうなんだろ、笑っていられるんだろか。
いや、それ以前にそもそも相手が・・・。


とりあえず、ウエディングケーキとデザートバイキングは全種類コンプリートするまで食べつくしてたという。
CA3C0537.jpg
ちょっとピンぼけた・・・。
名古屋帰省。
今週末は名古屋に帰ってました。

金曜日、仕事終わってすぐに部屋と荷物の整理をして、その日のうちの新快速と新幹線で名古屋に。
ついたのが11時ぐらいだったのですが、ちょうど姉と遭遇。
久しぶりだったもんで、リビングで2時間くらい話し込んでました。
上の姉の話だったり、仕事のことだったり、猫の話だったり。
結局寝れたのは午前の3時くらい・・・。

土曜日は大学にいた頃お世話になった教授のお宅に、フィールドワークやゼミ、大学院のメンバーで押しかけてきました。
前にもうかがったことがあったのだけど、そのときは教授のお子さんたちが小さくって、可愛らしかったけど、どれくらい成長したのかなぁ・・・と思っていたら、近頃の子供の成長は想像を凌駕していた。

教授の家の前に立っていた、ジャージ姿の男の子。
顔立ちは2年前の面影があって、すぐお兄ちゃんの方だとはわかった―わかったんだけど、何でわしより頭二つ分も大きくなってるかな!?
小学6年生というのに170cmを優に超えて、お父さん(教授)ももう抜いているとか・・・。

うん・・・いいよ、小さくたって元気に生きていけるから。


教授のお宅では、インドネシアの料理を食べたり、ビンゴゲームをしたり、色んな話に花を咲かせたり。
でも一番印象に残ってるのは、表に出てドッジボールで遊んだこと。
社会人にもなって、道端でドッジボールをやるなんて思いもしなかったなぁ。
寒かったけど、教授のお子さんたちが元気に動き回ってて、真剣勝負というよりは楽しくやろうって雰囲気が強かったように思います。
でも実際にあっち行ったりこっち来たり、避けたり投げたりと、久々に体を使った遊びをしました。

やっぱり元気な子供の近くにいるっていいなぁ。


明けて日曜日。
午前の用事を済ませたら、友達と連れ立って大須商店街でお昼とお茶。

お昼は大須301ビルの1Fにある、沖縄ダイニングバーにて。
CA3C0519.jpg
ポーク沖縄そばー。
スパムミートって、こっちのスーパーでも売ってるけど、一缶辺りが高すぎて、こういう機会じゃないと食べれなかったり・・・。
そのままでもさっぱりとしたダシがおいしいんだけど、友達のそばについてきた『石垣島のラー油』っていうのがすごいおいしくて、ついついこっちのそばにもたくさん入れさせてもらってました。
辛さよりも風味が増すっていう風で、おすすめ。


お茶のしたのは鯛福茶屋というお店。
たい焼きやお団子を売っている普通のお店・・・と思いきや、その店内―
CA3C0521.jpg
壁から天井、はてまた照明やクーラーにまでびっしりと短冊が。

このお店では、テーブルに短冊とペンが置いてあって、好きにメッセージを残せるということらしい。
というわけで、注文した和風パフェを食べつつ、一筆。
CA3C0520.jpg

CA3C0522.jpg
左下がタツキが残してった分。


何だかんだで、結構名古屋には戻ってきてるけど、時間が少ないから会える人はやっぱり限られてる感じ。
今回家族とかヒロとかにもノンアナウンスで帰ってたしなぁ・・・。

かといってこれ以上の頻度で帰ってたら、神戸にも根付かないし、金銭的にも危険領域・・・!

地元愛もほどほどにしとかないとってことかな。
つけものパン。
朝ごはん、晩ごはんは自炊だけども、昼ごはんは営業で回ってる先でパンを買うことがしばしば。
折角神戸にいるわけだし、気になったパン屋さんには立ち寄ってみたりしてます。

今日はそんなパン屋さんの中で、変わったパンを一つ。

CA3C0512.jpg

伊川谷にある、100万ドル本舗というパン屋さんで見つけました、つけものパンです。

つけものと言っても、ご飯に合うような塩っ辛いやつじゃなくって、大根の風味がよくわかる素朴な風味のつけものです。
なんでも京都のつけものをわざわざ使っているとか。

味もさることながら、食感も良い感じ。
ソフトフランスパンと、こりこりしたつけものがマッチしてます。

あと、わさびが若干利いてるようですが、食べてるときはあんまりわからなくって、しばらくしたら口の周りがちょっとひりひりするくらい。


基本的にクリームパンとか、あんぱんとかばっかり食べてるので、たまにはこういうヘルシーっぽいのもいいかもしれない。
プリン三昧。
CA3C0506.jpg

CA3C0505.jpg

おいしいとの評判の

KobeChefClub
 『ロイヤルカスタードプリン』

男子スイーツ部
 『理想のプリン 王道クリーミィカスタード&ビターカラメル』
 『理想のプリン 裏レシピ 技あり!かためたまご&旨カラメル』

の三種類の食べ比べをしてみました。

一度に三つもプリン食べれるなんて幸せ・・・。


【色】
『ロイヤル』がほとんど白、『王道』がやや黄色、『裏レシピ』は完全に黄色ー。
家庭で作ったら『裏レシピ』みたいな色になるのが普通なんだろうけど・・・。
他二つはクリームとかの配合が多いのかなぁ?

【食感】
柔らかさは『王道』『ロイヤル』が並んで柔らかくて、『裏レシピ』は名前の通りかため。
『裏レシピ』はかためといっても、口の中でもぷりぷりしてるようなゼラチンのかたさじゃなくって、どろーりと溶けてくれる感じ。

【甘さ】
ダントツで『ロイヤル』、ついで『裏レシピ』。
『ロイヤル』はバニラの風味が更に強調されたおいしさで、『裏レシピ』は卵の風味がしっかり出てる甘さ。
この二つを食べてると、『王道』は甘さが全然感じられなかったり・・・。

【カラメルソース】
一品だけ、カラメルソースが別容器包装になってた分もあって、『ロイヤル』の味は圧倒的。
カラメルソースが苦手な人にとっても、最初から入ってないことは利点だと思う。
『王道』『裏レシピ』はどっちも違うってアピールしてるけど、『ロイヤル』の前では霞むかな・・・。

【総評】
やっぱり全体を通して風味や甘さが強く出てた『ロイヤル』が一番。
気分によっては『裏レシピ』もいいけれど、『王道』は残念ながら『ロイヤル』の廉価版なイメージしか・・・。
逆にあんまりくどくないプリンが好きな人には『王道』の方がいいのかな。



【補足】
プリンでも、食べ過ぎるとお腹は重い。
とあうぇすと。
今日はトアウェスト~元高辺りで散歩&買い物。
あんまり散策してな地域だったので、新鮮・・・なのはいいんだけど、昨日から急に気温が下がったせいで、歯をがちがち鳴らしながらのお店巡り状態。
寒いの嫌いだー・・・。

CA3C0503.jpg

『LEEWAY CAFE』はトアウェストの路地裏にあった喫茶店。

お店全体はウッドテイストで、やわらかで暖かい感じ。
固めのウッドベンチにはクッションなんかが配置されて、とっても親切なインテリア。

お店の方の雰囲気もアットホームな感じでとっても居心地がよかったお店。

ケーキセット(780円)を注文したのだけれど、そのときの説明が細かく丁寧。
ケーキ一種類一種類に説明してくれて、まるでフランス料理店みたいな感じで、面白かったです。

そしてケーキのアレンジもすごい。
ロールケーキには季節のフルーツ(今回はイチジク)と、ホワイトチョコレートのカットとコポーでデコレーション。そしてバニラアイスクリーム。
そこいらのケーキショップより凝ったアレンジがされていますけれど・・・!

味もとってもよかったという。

これはいいお店だー。



CA3C0504.jpg

ちなみに洋服の方の戦利品。

寒かったので上着を二着。
右の黒チェックは、なんかいつも着ているような服のバリエーションだけど、左の青ダッフルは今まで挑戦したことないファッション。

お店の人のおススメで、曰く「若くてかわいく見えますよ」。

23歳男性が若くかわいく見えてどうするの・・・ と思った割には買ってしまっている自分。
大雨の日でも。
今日はとてつもなく大雨。
まるで台風みたいに横風もあったし・・・。

そんな中でも、合いも変わらずおいしいものを求めて散策をしていたり。

でも雨だからこそ見つけられたものもあったわけで。

雨があんまりにも強かったものだから、途中どこかで雨をしのごうかなぁ、と思っていたところに目に入ったお店が『Modernark』。

野菜と玄米カレーとチョコレートケーキ
(ランチのドリンク、デザートつきセットで1,250円)

CA3C0498.jpg
CA3C0499.jpg

価格にしてはカレーは量が少なめかなぁ?と思ったのだけど、結構具沢山でお腹が膨れました。
オーガニックや植物性食品のアピールが多いお店で、雰囲気もなかなかおしゃれ。
テラス席で雨の街の眺めながら一息・・・。


そして二件目も雨を避けて入った元町のアーケードにあった『SugerBreezeCafe』。

CA3C0500.jpg

レアチーズケーキセット
(ドリンク&自家製ケーキで650円)

若い客層が結構多かったなぁ。
珍しく、分煙も時間帯禁煙もされてないお店。
あ、でもカフェバースタイルのお店なら一般的なのかな・・・?
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。