スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NoVoice。
この前風邪を引いたときから、喉の調子があんまりよくなかったのですが、ついに声が出ないとこまでなってしまいました。
VICKSとフィニッシュコーワが友達です。

金曜日からかなり調子悪かったのですけど、仕事上無理をしてもしゃべらないといけないので、咳が混ざりつつもしゃべるようにしてたら、とうとう1フレーズもしゃべれないくらいに。
飲み薬買うときなんて、携帯の画面に文字打って店員さんに説明しましたともさ。

今日はほとんど黙ってたのでちょっと位は回復してるのだろうけれど、明日以降どうなることやら・・・。
スポンサーサイト
ドーナツの日。
珍しく、ドーナツに的を絞ってお店めぐりをしてきました。

回ってきたのは
 『MIEL』さん(阪急三ノ宮)
 『FLORESTA』さん(トアロード店)
 『はらドーナッツ』さん(神戸本店)
の三店舗。


CA3C0623.jpg

MIELさんはイートインもできるお店。

カフェスペースはギャラリーカフェ(ブックカフェ)風で、壁には大きな本棚とたくさんの本。
全部見て回ったわけじゃないけど、アートやハンドメイド関連誌、小旅行誌や絵本なんかがちらほら。
気に入ったものがあれば購入もできるそうな。
ゆったりとした雰囲気で、本を読みながら楽しめそうな空間。
あ、だけど片面ガラス張りなので、外から丸見えなのが若干気になるかも?

注文したのは『UFO』って名前のアイス乗っけドーナツ。
見た目は確かにUFOっぽい。
冷たいアイスと、あったかいドーナツのセットが嬉しい一品(380円)。

そのドーナツだけども、ふんわり柔らかで、甘さがかなり強い風。
フォークで食べてたこともあってか、ケーキ感覚で食べてました。



CA3C0625.jpg

FLORESTAさんは前から場所は知ってたけども、寄ったのは今回が初めて。
そもそもイートインしか基本寄らないからなぁ・・・。

数ある中から選んだのは「いちご」(160円)と「塩キャラメル」(170円)の二品。
あとで思ったのだけれど、お店の味知ろうと思ったら普通プレーン(FLORESTAさんでは「ネイチャー」)選ぶのに、何故風味の強いものを選んでしまったのだろう。
多分『季節限定』やら『新商品』やらのPOPに惹かれたんだと思う。

MIELさんのを食べた後だからか、さっくりした食感の印象が強いです。
トッピングもしゃりしゃりしてるからというのもあるのだろうけれど。

味はー・・・どうだろう、やっぱりトッピングの風味がきつすぎてあんまり。
大人しく普通のにすればよかった。



CA3C0626.jpg

はらドーナッツさんのお店が湊川にあるのを知ったのはつい最近。
日ごろ寄る地域じゃないから、今日は三ノ宮からの帰り道をぐるっと遠回りして行ってきました。

買ったのは「橙」(奥)、「きなこ」(右)、「さとうきび」(左)。

・・・あれ、レシートにどれがいくらか書いてないや。
とりあえず120円、130円、150円。多分橙が150円だと思うのだけど。

こちらのドーナツは、どっしりした食感と控えめな甘さが特徴的。
だからきなこやさとうきびみたいな甘めのトッピングでも、ベースの生地が甘さ控えめなので食べやすい味。




色々食べてみたけれど、頭の中で長年玉座を占拠してるオールドファッションスタイルを押しのけるほどの一品には今回はめぐり合わなかったなぁ。

どこのドーナツもよかったのだけれども、そこはそれ、好みの問題。

MIELさんのUFOみたいな食べ方も好きだし、はらドーナッツさんみたく控えめな甘さに惹かれるときもあるけれど、素のドーナツではFLORESTAさんのが一番好きかなぁ。
今度はネイチャー買ってみようっと。
オーバーヒート。
昨日、初めて会社を休みました。
理由は発熱・咽の腫れ・頭痛。
たぶん風邪。

一昨日夕方、会社の終わりがけから体がだるくって、ふらふらになりながらも帰ってすぐに寝たのに朝までに回復できず、結局昨日は会社を休むことに。
38~37度の間の体温を行ったり来たり、ずっと寝込んでました。

有事のときのためにレトルトのおかゆやフルーツ缶を買い込んでおいてなんとかなったものの、家事が滞ったり、折角用意しておいた食材が駄目になってしまったり、なんともしんどい・・・。
仕事は極めて大事なアポイントメントはなかったものの、新商品の紹介聞きそびれてしまったしなぁ。
どうやって売り込もう。

とりあえず今朝には熱は完全に下がって、残っていた喉の腫れももう引いたみたい。

日ごろから健康管理には気をつけてるつもりなんだけど、今回みたいに何の予兆もなしにいきなり熱とか出てきたら、さすがに自重のしようもないような・・・。
同窓会。
小学校の同窓会でちょっと名古屋に戻っていました。

小学校の頃、というともう卒業してから10年近く経っているわけで。
一応成人式では顔を合わせたものの、話す機会はなかったし、今回はやっぱり10年ぶりに会うって気分だったなぁ。

10年ぶりって言っても、ほとんど皆変わってなかった。
ごく一部劇的に変わっていた例外があったけれども。

学生だったり。
サラリーマンだったり。
OLだったり。
店長だったり。

それぞれ大人になってる皆と話せたのはとっても楽しかったなぁ。
三枚ほど。
お菓子食べてるのに記事にしてないや、ということで写真と合わせてさっくり紹介。


CA3C0617.jpg

シーズーさんと一緒にお気軽健康カフェ『あげは』さんに寄ったときに、セットで注文した豆乳プリン。
バニラの風味も卵の風味も無く(実際入ってない・・・?)、杏仁豆腐に近い感じ。
ちなみに脇に置いてあるのは黒蜜。
苦手だからかけなかったけど。


CA3C0614.jpg

元町商店街の中にある『calvo』さんでランチを食べたときに、バレンタインサービス期間ということで無料でつけてもらえたブラウニー。
小さいカットだったけど、甘さがとっても強い一品。
ドルチェセットとかも出してるお店だから、また寄ってみたいなぁ。



CA3C0615.jpg

三ノ宮の『TOOTHTOOTH』さんで注文したクラフティリムザン。
店員さんがおすすめしてくれたのだけど、プリンとフルーツの甘酸っぱさが絶妙ー。
ゆっくり味わいたかったけど、用事が立て込んでたので泣く泣く急いで食べて出ました。
ちなみにセットにしたドリンクはアイリシュ・オ・レ。
SHEENAさんの演奏を聴いたあとに寄ったので、ちょっとアイリッシュ風に挑戦。




【番外】
CA3C0611.jpg

自作。
ゆずの生チョコタルト。
表面のゆずパウダーのダマがひどい・・・もっと目の粗いふるい用意しないと駄目だったなぁ。
『パラノーマル・アクティビティ』。
祝日、会社がお休みだったのでmixiで知り合った方を誘って映画を見てきました。

タイトルは『パラノーマル・アクティビティ』。
ホラー映画です。

全然知らない作品だったのだけれど、海外の評判がなかなか高いとのこと。

作品の登場人物が夜な夜な発生する怪奇現象の証拠を収めるためにビデオカメラで撮影しているという設定で、そのカメラで撮影した映像だけで構成されている。
モンスターパニックの『クローバーフィールド』みたいな感じ。

手法は同じでも、表現はかなり変わってくると思うのだけれども。

『クローバーフィールド』はカメラを持って人々が駆け回ることで臨場感が表現されてる風。

『パラノーマル・アクティビティ』はカメラを監視カメラみたく固定してあるシーンが多用されている。
この場合登場人物とカメラは完全に切り離されてるから、カメラの映像を見ているのは視聴者だけ。
客観的に作品世界を覗き込んでいることが強調されているように感じたかな。

あ、結局のところリアリティを出すという意味ではどっちも一緒か。

この手法でしか表現できない不気味さっていうのはなかなか面白かったと思う。
あとこの手法だと、役者さんの演技って結構要求高いのじゃないかな。

作品中、一番観客が悲鳴上げたシーンは、演出・展開もさることながら、やっぱり役者さんの演技がすごかったところもあると思う。


ところで初めてホラー映画を劇場で見たのだけれど、張り詰めたシーンやショッキングなシーンのあとで、ひそひそとささやく声や笑い声が聞こえたり、若干恐怖に水を差される感じがするなぁとは感じたかな。
尤も、ホラー映画はどうやって驚かすのかっていう構造ばっかり見てしまうから元から恐がるトコはなかったりするのだけど。
SHEENAの日。
SHEENA』というアイリッシュのインストのバンドが最近お気に入りです。

偶然ストリートライブをやっているの聴いてからずっと惚れこんでて、アルバム『LivingHands』も購入済み。
でもやっぱりストリートライブでのパフォーマンスはアルバムよりずっと好きで、土日の休みで三ノ宮に寄る度に「今日もやってないかなぁ」と駅前辺りを見回し、耳を澄ましている始末。

そして今日はそんなSHEENAに三回も巡り会ってしまいました。


いつも通り兵庫駅から元町、三ノ宮と歩いて抜けようとしていたら、何やら大丸付近で聴きなれた曲調。
SHEENAっぽいけれど、何か雰囲気が違うなー?と思いつつ行ってみたら、SHEENAでありながらやっぱり違った。

というのも、SHEENAは現在総勢9名のメンバーながらもストリートで演奏されてるときは3人だったり4人だったり。
毎度三ノ宮の駅前で聴いていたのはフィドル・サックス・ドラムの方々の演奏で、大丸の前で演奏していた編成はカホン(パーカス?)、ギター、アイリッシュフルートの三方。

カホンってぴあのじゃっくさん以外で使われてるの始めて見た・・・。
アイリッシュフルートも初見。吹き方はフルートだけどやけに大きいなぁと思ってたら解説がありました。

演奏者自体が違っても同じ曲では表現も変わるのだろうけど、今回については楽器まで全然違う。
印象が違ってこれはまた面白いなぁと一通り聴き入ってしまいました。
特にカホンの方の音の演出が多様で、いつもより豪華(?)なイメージがありました。



そして一通り演奏を満喫して、てくてくと用事を済ませに三ノ宮駅方面へ。
歩道橋を渡ろうとしていると、またも聴きなれた音楽が。

まさかと思って駆け出す自分。
正直、駆け出すほどSHEENA好きなんだなぁ、って頭の隅っこで思いながら。

三ノ宮での演奏はフィドル、サックス、ドラム、ギターの四方。
いつもドラムをやられてた方がギターで、ドラムは始めてみる方が演奏されてました。

ギターが増えているものの、最初に鮮明に印象付けられたのはこちらのフィドルがメイン(だと思われる)編成だったので、やっぱりこっちはこっちで聴き惚れてしまう。

ただ残念なことに、来た時間が休憩に入る手前の一曲だったようで、その一曲だけを聴いてまた用事を済ませにてくてくと。



用事も済ませて、今居る地点から兵庫駅に帰るなら三ノ宮駅より元町駅のが近いよなーと思って、センター街を抜けて元町駅方面へ。

元町駅の道路向かいで信号が変わるのを待っていると、またまた聴こえてくるアイリッシュの音楽。
よくよく駅前の広場に目をやると、人だかり。

信号が変わるやいなや早足でその人だかりに近づくと、そこには三ノ宮駅前と同じ編成で演奏をしているSHEENAの方々。

やはりこちらもタイミングが悪くて休憩前のラスト一曲になってしまったけれども、一日に三度も、しかも狙わずにストリートライブに巡り会えるなんて運が良すぎるんではないだろうか。


差し引きで来週から不幸に恵まれませんように・・・。
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。