スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャーマンなもの。
今日は甘いものでなくて、辛いものの話。
前に記事にした虚空といい、このBlogは甘いか辛いか極端な食べ物しか記事にならないようできてるのだろうか・・・。


CA3C0737.jpg

今日寄ってきたのは『imbiss カリーブルスト神戸元町』。

2時くらいにお昼抜きで三ノ宮方面に歩いていたら、いい匂いとおしゃれなお店の造りが見えたので、ついついそちらに足を運んでしまったという。

日本初のカレーソーセージ専門店だそうです。
カレーとソーセージ・・・カレーの具としてソーセージを使わないこともないけれど。

CA3C0736.jpg

注文したのはヴァイスブルストのカレーソース(500円)と、ポメスポテト&プレッチェン&ドリンクのセット(+280円)。

ヴァイスブルストは皮無しの白いソーセージ。
同じ価格で皮有のソーセージと、値段がもちょっとするランク上のソーセージもあったみたい。
ソースはトマトソースもあったのだけど、やっぱりここではカレーとソーセージ。

ポメスポテトはフライドポテトに、マヨネーズのソースがついてるもの。

プレッチェンはふわふわしたパンでした。

あんまりドイツの食には詳しくないですけれど、パンもどっしりしたドイツパンとも違ったし、カレーも味としてはそれほど特徴があるわけではなかったような。
これがドイツ!というのはあんまり感じなかったけれど、ふわふわしたソーセージにカレーのソースはいい組み合わせ。
セットでパンがついてきたけども、どっちかというとご飯の方が欲しいかも・・・(何

あ、酒飲みじゃないからあんまり気にしなかったけれど、ビールメニューも豊富だったみたいです。


お店は1Fで販売、2Fがイートインスペースだったのだけど、角にちょこんとあるお店なので、ちょっと手狭感が。
2Fはちょっと急な階段を上がったところにカウンターのみ9席分。
だけども、角の立地を生かしたガラス張りで、三ノ宮の裏道を見下ろしながら食事ができるのは面白いと思います。


ファーストフードとしてはちょっと高めな気がしますけど、お手軽にソーセージのバリエーションが楽しめるお店でした。


そういえば、セットのドリンクが紙カップに比して少なかったような。
マックで言うならSサイズくらいの量?
個体差なのか、お店の標準なのかー・・・。
スポンサーサイト
『organ』。
ようやく訪問店舗データベース開発に着手しました。
まだほとんど情報載せてませんけど。

ちょこっとずつ古いのも思い出しながら書いていかないと。

そうは言いつつも、新しいお店に寄ったからそのことについても書かねばならない現状。
いつ書ききれるのだろうか・・・。


今日は三ノ宮の『organ』さんでお昼をしてきましたので、それについて記載をしました

来訪者。
anlysis.jpg

ふと、このBlogのアクセス解析の都道府県別のログを確認してみたら、兵庫県が1位なのはともかく、神奈川県が2位、そして青森県3位という意外な状態に。

あんまり精密な解析じゃないし、結構「不明」扱いの人もいるので、グラフの数字の大小は当てにならないのだけれど、青森県や神奈川県から頻繁にアクセスがあるのは何かびっくり。

特に青森なんて、行ったことすらないのになぁ。
Aoiさんと、SHEENAさんと。
予定外に良い事が続いて、何か現実なのかよくわからない一日になってました。

まずひとつは、マイミクのAoiさんとお菓子の交換ができたこと。
昨日のリュックではAoiさんは都合が悪くて参加できなかったということもあって、Aoiさんのお菓子を食べる機会も、こちらのを食べてもらう機会もまだしばらく先かなぁ、と思ってたのですが、遠路遥々Aoiさんの方から来ていただいてしまいました。
しかもお菓子持参で。

こちらもリュックで残ってしまったお菓子を用意して、お互いのお菓子を交換。
あとちょっと間だけお話もしました。

来月は多分Aoiさんもリュックに参加できそうとのことで、そのときにまた話ができたらいいなぁと思います。


ふたつめは、SHEENAの方と・・・えー、あー、うー? 仲良くなったこと・・・?(何故疑問形

ゴルフの練習前、久しぶりに路上ライブが聴けたのでついついメンバーの方に声をかけて、また帰りに聴きに来ます、と約束。
そのあと夜の7時くらいにまた寄ったのですけど、途中からSHEENAのアイリッシュフルート担当のまいさんのお友達のアーティストさん、自称『徳島No1売れてないアーティスト』『徳島No1婚活アーティスト』『名前の半分は優しさでできている』いとう優歌さんが合流。
独特のテンション、素敵な歌、トークと楽しんでるうちに、何やら常連さん、メンバーさんと一緒にラーメンを食べに行くことに。

確かに路上は頻繁に聴きに行ってはいたけれど、こんな急なことになるとはちっとも予想できてなくて、でもやっぱり憧れのアーティストさんやそれを支える皆さんと一緒にいられるというのは魅力的で、ずるずるとご一緒させてもらってました。

最後は徳島に帰るいとうさんを見送るのでばたばたしたり。

なんだろう、すごく楽しかったけれど、現実味がすごく希薄だったような。
ずーっと遠いものだと思ったものが、急に目の前にやってきたから?

うん、とりあえずまた路上は聴きに行こう。楽しもう。
今度は何か差し入れを持って。


この週末、色んな人と触れ合う機会が多くて、すごく新鮮だったけれど、何か頭がオーバーフローしそうー・・・。
そしてつくづく、そうした魅力的な人たちがいる中で、自分がいかに魅力的でないかを痛感してしまうのだよなぁ。
りゅっく初出店。
先月の記事に書いた、リュックサックマーケット
宣言どおり、今月は出店サイドで参加してきました。

ひっさげたのは4種類のお菓子。


・ホワイトチョコレートのマドレーヌ(くるみ入り)

CA3C0723.jpg

一番作り慣れたアイテム。
ホワイトチョコレートの甘さと、焦がしバター風味のマーガリンがいい味出してくれます。
ワンポイントで、ひとかけらのくるみ入り。
作った数は一番多くて22個なのだけれど、売れたのは12個。
これはちょっとショック。


・ちんすこう風きなこの焼き菓子

CA3C0721.jpg

三温糖ときなこを混ぜたクッキー。
生地のまとまりが悪くて、ちょっと形が悪かったりする
ちんすこう風、だけどラードじゃなくてバター、黒糖じゃなくて三温糖、というところがえせ南国菓子っぽさのある一品。
食感としてはざっくりとしていて、やっぱりちんすこうとは違う。
小さい子の受けがよかった感じ。


・ブランデーたっぷりのガトーショコラ

CA3C0722.jpg

生地にもブランデーを使い、焼けた後も表面にブランデーを刷毛でたっぷりしみこませたチョコレートケーキ。
気温が熱くなると思ってたので、チョコものは売れないだろうとタカをくくって10個しか用意してなかったら、開始1時間で売り切れたという。
チョコレートケーキの人気って偉大だ。


・スノーボール

CA3C0724.jpg

アーモンドプードル入りのスノーボール。
これも手馴れた一品。
本当は上の三種類だけにしようかと思ったのだけれど、ちょっと物足りないなぁと思ったので、最近また冷え込んで雪が降るというニュースを聞いて、忘れ雪を降らすことにして作成。
これだけ2個ワンセットで販売。



売り場はこんな感じ。

CA3C0725-c.jpg

ほとんどのものは100均で揃えてたり。
メニューとかはパソコン出力だけど、実際のとこ手書きより温度が低くなってしまうような。

CA3C0726-c.jpg




とりあえず今回は初回ということで、商品に金額設定をしてなくて、お客さんに「いくらなら買います?」ってその都度確認。
一番多かったのはそれぞれ100円。最高でガトーショコラとマドレーヌが150円。

最低は、ガトーショコラの10円。
買ったのは小学生くらいの女の子。


女の子「これいくらですか?」

mikiya「んー、いくらなら買ってくれるかな?
    あんまり安いとお兄さん困っちゃうけど。」

女の子「じゃあこれ(ガトーショコラ)1個、10円で!
    ホントは2個で10円にして欲しいけど、お兄さんが困っちゃうし。」

この女の子は将来大物になると思う。


結構小さい子のお客さんは多かったのだけど、それぞれ皆面白かったりかわいかったりだったなぁ。

ホワイトチョコレートのマドレーヌを食べて、「うまーい! バニラの風味がする!」と叫んだ男の子にはすごくツッコミたかった(バニラは一切使ってない)。



あと恵まれてたのはお隣さん。
手作りの蜜蝋のアロマキャンドルを売ってた方、手作りアクセサリを売ってた方の二人組がお隣だったのですけど、親しく話しかけてくださって、色々と雑談してみたり、ちょっと周りを見ている間の店番をお願いしたり。

カフェの話でちょっと盛り上がって、帰り際に一緒にLiNKさんに寄ってケーキ食べたりも。

CA3C0728.jpg

ただ偶然隣り合っただけなのに、色々お話できたわけで。
ものの売り買いも面白かったけど、こういう交流もあるからこそ、参加してよかったなあと思います。

は、そういえば先月ポストカードを買わせていただいたお兄さんは、そのお隣のさらにお隣でお店出してたのに、終わりがけまで気づけなかったという。
薄情ここにきわまれり。


だけども今回駄目だったのは寒さ!
朝、ケーブル駅に向うまでは暑かったのに、山頂についてからしばらくすると、風や曇り空で急激に気温が低下。
ダッフルコートを持ってきてはいたものの、2時半ごろからかなり冷え込んできてがたがた震えてました。予想以上に寒かった・・・。
晴れただけマシなのだろうか。

CA3C0727.jpg


来月はもっと過ごしやすい陽気でありますように。
東路。
買い物が終わって、LiNKさんでケーキセットを食べてのんびり午後の一休み。
でも結構予定より買い物が早く済んで、帰るにはまだちょっと早い時間。
ちょうど天気も良かったものだから、普段あんまり歩いていかない三ノ宮から東のほうへ、行けるとこまで歩いてみることにしました。

CA3C0711.jpg

新神戸の辺り。
六甲山に雲がかかってるけれど、暖かい・・・むしろ暑いくらい。

上着がちょっと厚めのにしてしまったから余計だったかも。


CA3C0712.jpg

灘区ぐらいで見かけたアパート。
真ん中がくりぬかれたデザインが、北京のビルを思い出してつい写真に。

中国なら風水的な何かって気がするけれど、ここの場合は一体・・・。


CA3C0713.jpg

もう少し西へ向ったら、ゴミ捨て場にあった門の屋根(?)。
「回収は有料です」って紙が張ってあります。

こんなのここに捨てるんだ・・・。
というか、これだけどうして外したんだろうか。
解体業者さんが回収忘れたのかな。


CA3C0714.jpg

王子公園より東くらいの川。
つがいの鳩が気持ちよさそうに水浴びしてました。


CA3C0715.jpg

あまり見ないメーカーの自販機だったのでパチリ。
ラムタイガー・・・。


CA3C0716.jpg

六甲道手前の、結構大きな河岸公園。
家族連れが花見してたり、小さな子が水浴びしていたり、楽しそう。

写真に写ってる石の渡しを、踏み外しそうになって慌てたのは内緒。


結局歩けたのは六甲道くらいまでで、そこからは電車で一気に兵庫駅まで。
六甲道まではのどかな風景があったのだけれど、六甲道周辺はなんかちょっと街中ーなイメージが。
快速が止まる駅だしなぁ。

歩いた時間は大体2時間くらいで、兵庫駅からなら直線10km以上だったはず。
朝からがんばれば芦屋とか行けそうな気がする。

や、着いたところで足がしんどかったら意味がないのだろうけれど。
虚空。
この前名古屋に帰っていたときに、友達と大須のマジックスパイスというお店に行ってきました。

基本はカレーで、色んなトッピングや辛さの調節ができるという風。
サイドメニューやデザートも結構豊富。

なかなか飽きさせないお店だと思う。


初めて来てみて、辛さ調節のネーミングセンスがなかなか。

CA3C0708.jpg

ココイチとかだったら数字だけど、なんだかいちいち格好つけてる。
・・・あれ、「天空」の英字ってラピュタ?
ジブリ作品にもあるけど、語源は結局なんだろうか。


さて、これだけ辛さ調節の幅があるわけだけど、ここでどれを選ぶべきか。




当然、最高ランクの「虚空」一択




突っ走るなら最上級。
周りのマジックスパイスの経験者は涅槃とかで抑えているのもどこ吹く風。
「あとで泣いても知らないからな」「これだからmikiyaは・・・」とか言われても、逆にもっと挑戦したくなるのがmikiya魂。



CA3C0709.jpg

チキンカレーの虚空。
カレーというか、醤の色のようにも見える・・・。

一応生命線としてラッシーも注文。



どれほどの辛さか予想できなかったので、わくわくしながら最初のひとさじ。


ある程度予想していたけど、辛いというより痛い&熱い
かといって手元の冷水を飲むと、すっきりした口で逆に辛さが引き立ってしまうのでひたすらカレーをかっこむ。

食べられない辛さではなかったのだけれど、おいしいとも思えなかったのがちょっと残念。
ネタで辛いものに挑戦するのはよかったけど、折角のカレーを辛い辛いばっかりで終始してしまうのはもったいなかったかな。

あとやっぱり、カレーはライスよりもナンのが好きだー。
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。