スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベーグル&ワッフル。
今日も昨日に引き続き、ゴルフ練習をはさんでカフェ二件巡り。

一軒目は南京街の南西の外れにある『navel』さん。

CA3C0795.jpg
店内は撮影禁止だったので、表から一枚パチリ。

ベーグル専門店で、最近カフェスペースが開設。
前に何回か買いに寄ったことがあって、その頃からカフェスペースができますと話は聞いていたのだけれど、なんと7月号のSAVVYの表紙に掲載されていて、かなりびっくり。

白く塗り替えられたコンクリートの倉庫風の造りは、統一感のないレトロな家具やインテリアで揃えられてて、独特の雰囲気。
レトロな家具のお陰か生活感が感じられて、妙に落ち着けます。

どの階でもOKですよと言われたので、折角だからと上へ上へと3Fに。
煙とmikiyaと何とかは高いところが好き。

3Fは8人座れる大テーブルと、2席の小さいテーブルが2つ。
壁際には本棚があって、色んな本が並んでるのだけど・・・何故ナニワ金融道がっ!?


ちょうどお昼時に寄ったので、ランチセットで注文。
三種類のベーグル1/3ずつで丸々一個分と、コールスロー風のサラダ、オムレツ(卵とじした野菜?)、クリームチーズ、ドリンク、デザートで\850-。

今回のベーグルはプレーン・全粒粉・クランベリーの3種類。
特にクランベリーがクリームチーズを添えると甘さとこってりさとがうまい具合に合わさっておいしい。
ここのベーグルは、やっぱりしっかりした歯ごたえがあって好き。

ドリンクはランチだと3種類(コーヒー、紅茶、ウーロン茶)からしか選べないけど、それなりに種類はあるみたい。

居心地もよくって、コスト並みのボリュームはあるランチと、なかなかいいカフェなのだけども、実はカフェスペースに上がる階段がすごく急で、特に降りるのがしんどかった・・・。
一応手すりは付いてたのだけど。
一段あたりの幅が狭いから、踏み外してずべり落ちそう。



本日二軒目は『OLD POTT'S』さん。

CA3C0796.jpg

元町~三ノ宮高架下間にあるワッフル屋さん。
800円くらいででっかいサイズにたっぷりのトッピングのワッフルと、ドリンクのセットが頼めるお店。
ワッフルは表面はしっかり焼けてるけども、中はもっちりとした食感でやわらかく仕上げてあるタイプ。

セミセルフスタイルのお店ということもあるのか、落ち着いたカフェというよりはややにぎやかな風。

今回は2Fの席に座ってたのだけど、何故か目の前にあった窓から常に風が吹き続けていて、やけに寒かったという。
あんな小さな窓から常に風が吹き続けるとは・・・えらく条件が揃っていたのかなぁ。

あと、両隣が女子組のテーブルだったのだけども、どっちもドロドロの恋愛模様の話を始めて、えらく濃い時間でした。
スポンサーサイト
あっぷ、だうん、あっぷ。
今日の外出は行き当たりばったり。

いつものように三ノ宮元町を徘徊しようかと思っていた道中、本屋で灘ウォーカーを見かける。
天気も良かったので、三ノ宮から阪急で六甲まで行って、水道筋商店街でも散歩してみることに。

CA3C0782.jpg
天気がいいと無駄に写真を撮りたくなる病。




まず阪急六甲駅で降りて、徒歩数分にある『plus fresh』さんでお昼ご飯。
名前は何回か聞いたことがあったのだけど、遠かったからなかなか来れなかったお店。

CA3C0783.jpg

白い作りのケーキショップ側からカフェへと抜けると、そこはまさに『家』。
洋風のスペースと和風のスペースで別れてるけど、柱や天井のそこらから、人が暮らして年月を経た雰囲気が出ている感じ。

CA3C0787.jpg

机や椅子も、洗練されたものというよりは、長年使ってきたものという印象があって、逆にしっくりくる。

CA3C0784.jpg

お客さんは他に家族連れが一組だけだったというのもあってか、とても静かで落ち着ける空間。
あまりに和めるので、つい机にべしょーってやってしまったけど、実は写真左手奥にキッチンがあって、おもっきし店員さんに見られてた。
恥ずい。

でもこんなお店他ではまずないし、くつろげてしまうのはしょうがないと思う。
しょうがないということにしておいて。


メニューはランチがパスタのとココットのの二種類で、ケーキも食べる気満々というかそれがメインだったので、ランチは少な目の方だったココットのものに(\1,050-)。

CA3C0785.jpg

ランチの内容は、ココット(根菜のラタトゥーユ)、トーストorライ麦パン、サラダ、生ハムがワンプレートと、ドリンクが全種類から(アルコール除く)。
ドリンクは紅茶、コーヒー、ジュースがちょこちょこと種類があって、それなりに選べます。

↑の写真にちょこっと映ってる『SAVVY』を読みながらくつろいでたので、店員さんに「他のお店とか行かれましたか?」と訊かれて、色々とお話。
男性の店員さんだったけども、丁寧で話しやすくてカッコイイ人だったなぁ(べた褒め

あとでケーキを選ぶときのも、この店員さんにオススメを教えてもらいました。

CA3C0786.jpg

セットドリンクでアイスティーを選んでたので、オススメされたケーキのひとつがイチゴのタルト(\399-)。
薄切りされたイチゴが使ってあるのも珍しいのでこれに。

イチゴのタルトと言ったら、普通はイチゴのカットがたくさん乗ってて、イチゴのみずみずしさが強く出てるものだけど、ここのタルトはみずみずしさよりも、ほの甘さが強調されるタイプ。
タルトの二層になったクリームはカスタードとイチゴホイップで、口の中に入れるとまずカスタードの風味があって、あと味は甘いイチゴの風味。
タルト生地はどっしりとしてさくさく。味が強く出てるので、端っこを食べてるときはイチゴの風味がタルトの香ばしさに負けるくらい。
タルトもクリームもどっちもしっかり味わえる一品。
久々に「食べ終わってしまうのがもったいない」状態になってしまった。

雰囲気も良かったし、ケーキもおいしかったしで、お店を出た後数分間は幸せモードで口角が上がりっぱなし。
しかも「今なら世界が滅んでもいい」と笑顔でこぼしている。
傍から見たらただの不審者である。


六甲ではまだちょこちょことお店食べて回る予定だったけど、あんなおいしいタルトを食べた後では、確実に評価が下がってしまうこと間違いなしだったので、水道筋商店街へ向って一通り東から西へ歩いてみることに。

スーパーやら生鮮食品やらが目立つ商店街で、あんまりおでかけで寄れるようなトコは少なかった印象。
ステーキ肉4枚1,000円はすごく心惹かれたけど。


商店街を抜けたら、そろそろ電車を使って戻ろうかと思案。
JRの灘駅と、阪急の王子公園駅が最寄だったのだけど、せっかくなら使ったことがない道をということで、JRの灘駅方面へてくてくと。

CA3C0788.jpg
灘駅前の道。


灘駅に着いて、さあ乗ろうかと思ったときにふと案内掲示板にHAT神戸の文字。
そういえばそんな場所あったっけなぁ、と思い時計をちらり。
まだ帰ってしまっても早い時分だったので、せっかくなら寄り道と更に南へ。

県美術館やら家電量販店やらを巡って、ちょっと足が疲れてきたので、バスでも使って帰ろうかとバス停へ。
けれどバスが来るまであと30分もあった。
30分もあったら歩いて帰れるべ、とまたてくてくと歩き出す。


三ノ宮まで戻ってきたら、さすがに足が痛い。
ちょっと休憩にと前から目をつけてたバルに寄ろうとしたら、ちょうどランチとディナーの間の閉店時間。
仕方がないのでどこかで時間をつぶそうとしたのだけれど―

LeewayCafe:満席
オールドポッツ:満席

こうなれば前の訪問からあんまり時間空けてないけど、『organ』さんか『madomado』さんかなぁと思ったところで、最近『甜蜜蜜』さんが元町に出来たという情報を思い出す。

詳しい場所を知らずに出てきた上に、新しいお店だからナビウォークにも引っかからない。
行った事がある人のBlog記事を頼りに迷うこと20分。
もし後5分でも迷ったら『organ』さんに行ってたはず。

そして、後になってそうしていた方がよかったと思う。


『甜蜜蜜』さんは半地下の薄暗い雰囲気のお店。

メニューは健康志向が強いみたいで、『美肌セット』『むくみ対策セット』とかそういうのがほとんど。
折角だから他で食べれないようなのを、と選んだのが亀ゼリーと菊の花の中国茶のセット(\950-)。

CA3C0789.jpg

味は・・・うん。
食べれる味。
とりあえず二度目は注文しないと思う。
あくまで主観なので、気に入る人は気に入るかと。

別の意味で食べ終わるまでに長い時間がかかりましたとさ。



どうにか時間をつぶして、wine&dining『nap』さんへ。

ここも地下にあるお店。
他にお客さんもいなかったので、いそいそとカウンターに座って店員さんと世間話しながら晩ご飯。

注文したのは3点のタパスセットと、メニューにないのに作ってもらったオイリーパスタ。
そして珍しくグラスワイン(白)。

ワインなんて特に飲めない方なのに、飲みやすいやつだったのか、体調が良いのか、食べる組み合わせがよかったのか、普通に飲みきることができました。
タパスもおいしかったし、また足を運びたいところ。
今度はハム食べたいなぁ。店員さんもオススメしてたし。

ただ、お店を出た段で失態に気づく。
お店を出たのが午後7時ごろ。
外はまだちょっと明るい時間。
そして、アルコールに弱いのは相変わらずで赤くほてった顔。

まだ明るい時分に赤ら顔ってどうかと思うんだ。
せめて日が暮れてたら目立たないのに・・・お店を出るのが早すぎた。



そんなこんなで行き当たりばったりで、おいしいものもそう感じなかったものもあったけども、新しいことずくめで新鮮だった一日。
文章つける余裕がなかったので。
とりあえず写真だけざっと。


モダナークカフェにて。
CA3C0776.jpg
キッシュプレート1050円。

CA3C0777.jpg
ココナツティラミス400円。(ランチセットと一緒に注文したので100円引き)

CA3C0775.jpg
机の下ににゃんこがいます。


はらロール併設、豆茶にて。
CA3C0778.jpg
わかりにくかった裏手の入り口。

CA3C0780.jpg
番号が書いてあるお店へと続く階段。
全部で17段。

CA3C0779.jpg
はらロール青巻320円。
とうふドリンク650円。
サービスでおからのクッキー付き。


今日は風が強かったのでたくさんビニル傘が壊れて落ちていた。
CA3C0781.jpg
たぶん見かけた数は両手の指に収まらないと思う。
まるで引き潮に打ち捨てられたクラゲみたいにあっちこっちに。

そして帰宅の30分前に、自分の買いたての傘もべっきばきに折れて彼らの仲間入りをした。
いんてぃらいみ。
ナオト・インティライミ 『タカラモノ』

CMとかで流れてるのや、音楽番組とかで取り上げられてるのを何回か聞いた事があったのに、この間営業車に乗っているとき、目の前にあんまりにも綺麗な六甲山の緑の山並みが広がった瞬間、カーラジオからこの曲が流れてきて、頭から離れなくなった。

ただ耳から入ってくる情報からだけじゃなくて、色んな条件や要素が重なって好きになった曲って結構多いと思う。
通り過ぎる程度に。
神戸祭を眺めてきました。

CA3C0767.jpg


三ノ宮中心部の道路が封鎖されて歩行者天国状態のところを、あっちやこっちでライブがあったり、ダンスがあったり、演武があったり、大道芸してたりと。

結構な人がいたのですけど、特に混んでたのは三ノ宮交差点から国際会館までのフラワーロード上。
商工会系の出店が集中してたのもあるんだろうけれど、あそこまで混むとは・・・。

そんな真っ只中で洋菓子組合のマドレーヌを買いに奮闘してたわけだけども。


あと買い物をしたのは地方特産品ブースの鳥取県。
砂チョコなるものを買ってみた。

CA3C0771.jpg

確かに砂礫っぽい。
きなこを塗した、ごまとクランチ入りのホワイトチョコ。
美術館限定品らしいけど、これで500円だったのか・・・道理で箱が軽いと思った。



神戸祭とは関係ないけれど、今日寄ったお店の写真をぺたり。

CA3C0768.jpg

CA3C0769.jpg

バー『en+』さん。
バーとは思えないほど健康的なランチが出てくる。


CA3C0770.jpg

一ヶ月くらいぶりの『LiNK』さん。
ガトーショコラを頼んだら、ちょっと他のお客さんの対応で時間がかかってしまったから、と紅茶のシフォンも一切れつけてもらえました。
ガトーショコラとシフォン・・・昨日のリュックで売ってたセットになってしまうとは。
りゅっく・せかんど。
リュックサックマーケットに二回目の出店をしてきました。
今回は晴天に恵まれて、やや暑かったくらい。
念のため厚手の上着を持って出たのですけど、杞憂に終わりました。

今回は前回に続いてちんすこう風クッキー、ガトーショコラの2点と、新たに黒ゴマシフォンと白ゴマシフォンを製作。

CA3C0757.jpg

CA3C0758.jpg

今回はだいぶ気温が高いことが予想されたので、商品は直接陳列しないで写真で案内。
注文を受けたときだけ保冷バッグから出すという方法に挑戦してみました。

CA3C0760.jpg

CA3C0759.jpg


でもやっぱり商品としてはたくさん盛り付けている様の方がお客さんにインパクトがあるようで・・・。
売り上げは生産量比1/3と微妙なところ。
試食品を山盛りにすればよかったかな。

一番売れたのは白ゴマのシフォン。
ふわふわしっとりした太白ごま油使用の特徴が良く出てたのと、白ゴマの甘さが「優しい」と評価されるくらいに丁度いい塩梅だったのがポイントだったみたい。


あと、今回はマイミクであり、リュック紹介者の如月堂のAoiさんのお隣でお店を出してたわけですが、買ってもらった白ゴマシフォンを痛く気に入ってもらえたようで、売り込んでるときに「その白ゴマシフォンおいしいですよ」と後押ししてもらったのも売り上げ増要因になったやも。

こっちもお返しに、「お隣のゆべし人気ですよ」「あちらのビスコッティかりかりしておいしいですよ」等、Aoiさんのお手伝いをしてみたわけですけれど、そこはやっぱり年季の長いAoiさん。集客は圧倒的にこちらより多くて、こちらに流してもらう数の方が多かったという。

傍から見て、隣り合ったお店がお互いの商品をおいしいおいしいって言ってる様はどう見えてたんだろう。

そうやって色々Aoiさんにも助けてもらったのですけれど、売り上げは伸び悩み。
最終的にはご近所さんにお配りしたり、物々交換してみたりで何とか半分以上は出すことができました。
・・・ほぼAoiさんとこのお菓子と交換だったような気も。

CA3C0764.jpg

交換でもらったAoiさんとこの白ゴマブラウニー(左奥)、黒ゴマブラウニー(右奥)、くるみのゆべし(手前)。
まだまだたくさん種類があるのですけど、食べきれないので保管中。


Aoiさんにお店見てもらってちょこちょこと他のお店も見て回ってみました。

今回買ってみたのは、
・山芋と豚肉のコロッケ
・ビートルズの曲名をもじって名づけられた惣菜七点セット
・グレープフルーツのクレープ
・フルーツと野菜のシフォン(物々交換)
・タロット占い(物々交換)
・電車の写真(物々交換)
・他、Aoiさんからおすそ分け多々

クレープはなんとその場でフルーツやクリームを盛りあわせて作ってくれるというシロモノ。
お店の方曰く、「クッキーなんかじゃ他のお店でもやってるから、違うことをやらないと」とのこと。
確かにあそこまでやるとこはそうそうなさそうです。
こっちも見習って、独創性のあるやつ考えないとなぁ・・・。

タロット占いは、行きのロープウェーで知り合った方にしてもらいました。
占ってもらったのは仕事について。
結果としては、今の仕事は天職だけど、身近なところに敵がいる。また、自分自身満足できていないところがあり、不安が大きい。取り返しがつかない失敗がある。将来的に孤独が色濃い。
天職の割には色々と問題がありそうな・・・。

でもこうやって一芸をしてもらうのは面白いやも。
他にも、御題で文章を書いてくれる方や、似顔絵を描いてくれる方もみえてました。


何だかんだでまだ2回目の出店にもかかわらず、顔や商品を覚えてくださってる方がいるのは嬉しい限り。
来月もいいもの出せるようにがんばろうー。
体がたがた。
やっと明日の支度終わり…。
20時から始めだから5時間ぶっ通し作業かあ。

とりあえず腰が痛い。まっすぐ歩けない。

そして出来も会心でないから精神的にもぐってり。

寝よう…。寝て心も体もリフレッ…シュ…(ばたり
噂の『塔』。
ロッテリアの一部店舗限定販売のタワーチーズバーガーのポスターが、モザイクの神戸ハーバーランド店に飾ってあったのでついつい食べに入ってしまいました。
ちょっと遅めの朝ごはんを食べた後だったので、食べきれるかが少し不安だったけども。

タワーチーズバーガーはチーズバーガーにパティが10枚挟まってて、間にもチーズが一枚ずつついているという、ロッテリアってこんなに思い切ったもの作るのか、というハンバーガー。
元々「チーズバーガーに+160円で一枚パティ追加」というシステムの延長で、10枚セットにした場合がこれになるみたい。
10段だと確かちょっと割引になって990円。セットだと330円+の1,320円。

で、注文してから2、3分待って店員さんが持ってきてくれたのがこれ。

CA3C0750.jpg

二重の紙包みを開くと出てきたのは―

CA3C0751.jpg

わー、何かキノコみたい(違

並んでるドリンクのサイズはMサイズ。
おおよそ高さにして12cmほど。当然横から食べるコトなんてできやしない。

持ち帰りだったら分解して食べるってこともできるんだろうけど・・・。

とりあえず食べ方としては上から螺旋を描くようにぐるぐるとかじっていくこと。
そうすれば何とか口周りがちょっと汚れるぐらいでなんとか食べれます。
けど、一回しくってメガネが汚れてしまったのは内緒。

味については絶品・絶妙を謳うロッテリアのバーガーなので悪くないのですけど、ほとんどパンがオマケ状態になってて、食べてるのはほとんど肉とチーズ状態。
量よりも、その単調な味に途中から食べあぐねてしまうこともあるやも。

実際「ハンバーガーを食べている」じゃなくて「肉にかぶりついている」状態だったしなぁ。


汚い食べ方になってしまったらあれだから、と極力隅っこの方の席を選んだのだけど、ちょうどバーガーが届いたころに子連れのお客さんが近くにやってきてて、小学生くらいのお嬢さんがこっちのバーガーの異常さ(?)に気がついて食べるさまをずっとガン見されてしまいました。
まぁ、こんなのあったら気になるよなぁ。


食べ終わるまで大体10分程度かかったかな。
やっぱりボリュームがすさまじくて、お昼に食べたら晩御飯が食べれないくらい・・・。
対費用を考えるとちょっといいかも。
あ、駄目だ。チーズが多すぎてカロリーがとんでもない。
買い物、『madomado』、朝の出来事。
今日は今度のリュックマーケットに向けての買出し。

主に製菓材料が欲しかったので、製菓材料卸業者がやっているというエスタ館とC&Cに足を運んだのですが・・・なんというか、イメージと違ったというかなんというか。

エスタ館の方は広かったのですけれど、棚はがらんとしていて、ちょっと変わったものが目に付くけれど興味はそそられない、という状態。
C&Cではだいぶお店の規模はエスタ館より小さいけれど、やっぱりこれと言ったものが見つからない。

で、結局どちらでも「何か違うなぁ」と思ってたら、ふとカルディが元町アーケードにあったのを思い出したのでそっちに。
カルディはお店の中にぎっしりと色んな物が並んでて、何だかんだで色々見つかるので、ここでほどんどを揃えてしまったという。


そういえば名古屋にいるときも、Jupiterや松屋コーヒーみたいなコーヒーと輸入食材系のお店で材料を揃えてて、ほとんど「製菓材料専門店」に足を運んだことなんてなかったような。
だからそういうお店に行っても何か違うー、という印象を持ってしまったのかな。

そういう面とあわせて、カルディがモノをぎっしり並べてるっていう辺りが購入意欲を引き立ててる気もするけれど。
ヴィレッジバンガード然りで、ああいうお店は見て回るだけで楽しいからなぁ。

それでもどうしても他にない専門の、というときはやっぱりエスタ館やC&Cになるのかな。
オレンジダイスカット冷蔵品とか、普通ないしね。



三ノ宮方面まで歩いていったので、ついでにお昼も三ノ宮で、ということで寄ったのは『madomado』さん。
前に寄った『organ』さんと実はおんなじ系列の紅茶専門店。

だけど、『organ』さんがスープランチなのに対して、『madomado』のランチは和風。

CA3C0747.jpg

こんなしっかりとした和食を出されて、本当に紅茶専門店なのだろうかと疑問を持ってしまいそうになる。

自分で料理するからこそ、自分でも作るような煮物、お味噌汁なんかがおいしいことにすごく興味が。
真ん中の煮物、味が全部の具材に染みてるのにくどくなくって、むしろさっぱり。
これが自分で作れるようになればなぁ、と思ってしまう。


CA3C0748.jpg

そしてデザートに注文したのがこのサクサクバナナタルト。

上にこんもり乗っけてあるのはココナッツ。
素朴な甘さのバナナが入ったタルトの中生地はしっとりしてて、とても美味。

添えてあるクリームと合わせるとこってりとした甘さも加わって、甘い物好きにはたまらない一品。

ただ、フォークでタルトを食べるときって、タルト生地がしっかりしてるから切れにくかったり、上に乗せてあるものがこぼれて大変なことになったりするのだけれど、このタルトも上に乗ってるココナッツはぱらぱらしてたものだから、食べてる間お皿の上はなかなかすごい状態になってしまったという。

誰かと一緒に食べに行ったときは結構苦労すると思う、タルトって。




おまけらくがき。
今朝の出かける直前のできごと。

いきなりインターフォンが鳴ったので、何事かと思ったら―

5月8日朝の出来事

女性と間違えられるだけならともかく、奥様って、どんだけ間違えられてるんだろう。
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。