スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つけはじめ。
きなちに梅を2kgばかりもらったので、梅シロップを作ることにしました。

CA3C0842.jpg

梅酒より砂糖多め、お酒少な目の配合。
レシピサイトによっては常温保管が出来ないと書いてあったのだけど、ホワイトリカーを入れるなら常温でもいけるみたいだったので、そちらで挑戦。

冷蔵保管しようにも、こんな大きな瓶冷蔵庫に入りませんってば。

完成には一ヶ月くらいだとか。
せっかくだから美味しく仕上がってくれるといいなぁ。




先週末、会社帰りの空。
CA3C0835.jpg CA3C0836.jpg
ほぼ同じタイミングで撮影した、東と西。
赤と青、陽と月の対比と、紅色になった空が何か印象的でした。
スポンサーサイト
武者がえし。
土曜 リュック
日曜 大阪巡り
月曜 仕事の後三ノ宮でご飯
火曜 仕事の後だべり会

何故だか土曜日から連続で夜遅くなるイベントが立て込んでて、家事料理などもままならないくらい駄目な生活になってました。
ようやく落ち着いて、掃除洗濯等が回り始めたけれど、冷蔵庫の中身がちょっと怪しいかなぁ・・・。

そんな掃除のときに、部屋の隅っこにおいてあった紙袋を発見。
中身を検めてみると、熊本旅行のときに自分用に買ったお菓子が入りっぱなしでした。

CA3C0833.jpg

その名も『武者がえし』。
こうめいさんに教えてもらってたのと、ガイドさんもおススメしてのとで、頑張って売店で見つけてきたお菓子。

武者がえしとは、パッケージにもあるのだけれど、熊本城の石垣の別名のこと。
生で見てきたけど、こんなに反ってたかな・・・?

CA3C0834.jpg

中身はこんな。
パイ皮にこしあんが詰めてあるお菓子なのだけど、その餡が甘くてべったりという風ではなくて、ほどよく塩気もあるので食べやすいお菓子。
ひよことかだと、飲み物がないと口の中がもごもごしてしんどいけど、これなら単品でももぐもぐといくつでもいける。

って、こんな遅い時間なのに食べすぎだよ自分。
賞味期限あんまり残ってないけど、夜遅くに食べ過ぎないように気をつけなければ・・・。
DeepMist。
第三回目のリュック出店をして参りました。

今回は、土曜日に雨が降るか降らないかはっきりしなかったこと、先週の土日が社内旅行でつぶれてしまって十分な買出しが出来なかったこと、先輩が病気で休んでいて帰れる時間が遅かったこと、等の要因が重なって、まともな準備ができていませんでした。

用意していたのは、ゼリー9個だったのですが、すだちゼリーを固めるのに失敗&レモネードゼリーの味調整に失敗でばたばたとあわただしく、最終的にはクランベリーゼリー7個だけ、という形になってしまいました。

CA3C0824.jpg


それと合わせて持っていってたのが栗の甘露煮。
諸事情で2リットル(おおよそ100粒くらい)ほど手元にあって、自分では食べきれないと判断してお店に出すことに。
こっちは一粒10円で、紙コップに注文数を入れて販売する形でやりました。


CA3C0827.jpg

もうちょっと整理しないと売れるものも売れないよなぁ・・・。


土曜日は神戸市街は曇り天気だったのですけど、ロープウェーを降りた掬星台は一面霧。

CA3C0828.jpg

視界が悪いとかだけじゃなくて湿度もかなり高かったせいで、看板に使用してた紙類が帰り際には再利用不可能なくらいくしゃくしゃになってしまったり、髪が水をかぶったようにぐっしょりになってしまったりしてました。
おそるべし、霧。

しかも後半は強風も吹いていましたしね。


こんなお天気のせいか、今回はあんまり出店者さんも、特に食品や衣類系は少なかったように思います。
食べ物は持ち越しが難しいから中止だった場合のリスクから、衣類は湿気が大敵だからという理由からのようです。
子供たちの出店は比較的多かったように思いますけれど。

子供たちの出店が多かったのと、菓子類の販売が少なかったことが影響したせいか、ゼリーについては小さい子たちにすぐ完売してしまいました。
残り2個のところに5人ぐらいどっと押し寄せてくるのは反則。
それでいて、栗甘露煮は「いらなーい」って言われるわけですけど。

栗甘露煮は逆にご高齢の方に大人気。
ある登山客の女性にはすごく気に入ってもらって、その方は40粒(紙コップ2個に山盛り)買っていってくださいました。
他でも10粒単位で売れたりして、こちらも2時くらいにはほとんど売れてしまいました。


霧と強風で寒さが増してきて、2時半くらいには早くも周りも寂しくなったので早めに下山をしてしまいました。
下山直後に会社から急配の連絡があったから、非常にタイミングがよかった引き際だったという。


今回の買い物

・ぷちマフィン(チョコバナナ、シナモンアップル)
  ほどよい甘さがとても美味しかったです。

・ハンコ
  何故か3つも購入。
  かえる・うさぎ・クローバーの三種類。

・ベーグル
  お昼ごはんに。
  キーマカレーとホワイトチョコ&クルミ。
  一度コンロで焼いてもらったのを食べさせてもらえたので、ぱりぱりもちもち。

・おこさまジャムサイダー
  サイダーの中にフルーツとジャムを入れてかき混ぜた飲み物。
  お隣さんが販売してました。

・ビスケットのポストカード
  ↑のサイダー屋さんで一緒に販売していたポストカードから一枚。
  美味しそうだったのでつい。
ハンバーガー&アフタヌーンティーセット。
今日もまた電車を使って東へ、JR摂津本山・阪急岡本周辺を散策してきました。

CA3C0804.jpg CA3C0803.jpg

特にお店の当てはなくて、適当にうろうろしてたら何かにぶつかるだろうって気分で駅を出て、すぐの小道で何やら気になるお店を発見。

CA3C0807.jpg

ケーキのショーケースも見えるし、ランチもやってそう。
ということで早速入店したのが『HoneyHouse』さん。

まだ開店してちょっとだったみたいで、空いてるお店を奥の席まで進んで一息。
店員さんからメニューを渡されて、ぱらぱらとめくってたらあるページで手が止まる。


『 アフタヌーンティーセット  午後2時より 』


お昼ごはんからのスタート予定だったので、入店時間は11時ちょっと過ぎ。
ランチもそれなりにそそるメニューだったけど、それよりもアフタヌーンティーセットの方が魅力的・・・。

どうしてもアフタヌーンティーセットが食べてみたかったので、お店の人に相談。
もちろん「アフタヌーンティーセットを出したまえ! 今すぐに!」と言ったわけではなくて、「アフタヌーンティーセットの時間に出直しますから、何も注文せずにお店を出てもいいですか」と説明。

まあお水とメニュー出してもらっただけだから駄目ってことはなかったんだろうけれど、変なお客さんだと思われただろうなぁ・・・。



とりあえず『HoneyHouse』さんは後で寄ることにして、ランチをどこで済まそうかと山手幹線沿いを歩いていたら、こんなお店発見。

CA3C0800.jpg

『EL DOMINGO GRANDE』さんはカフェじゃなくてレストランバーだけども、たまにはがっつり食べてみようかなぁと思い、入ってみることに。

アフリカンペインティング(?)やフラッグで飾った階段を地下へと下りていくと、そこは結構広いスペース。

きっちりと席が均等に設置されてるのはいかにもレストランだなぁ、と感じてしまった。
でもデザインは結構たいまつ風のランプだったり、フラッグやペイントがあって面白め。
あ、ただ席がちょっと背中硬かったかな。

ここのランチは、商品を○○コンボというセットで販売してて、今回はローストビーフバーガーコンボ(¥1,200-)を注文。
他にも何種類ものハンバーガーやタコライスとかあったんだけど、一個ずば抜けてたのがローストビーフステーキコンボ(¥2,800-)。
これだけ値段張るとは、結構自信あるんだろうなぁ。

CA3C0802.jpg

ファーストフードとは違うから、出てくるまでにはちょっと待ったけれど、出てきたのは結構ボリュームがあるセット。
特にフレンチフライが大きめで、結構多い。
バーガーもマックでいうならクォーターパウンダー規格ぐらいのサイズにはなってるかな。
それにサラダとピクルス、オレンジのカット、それとルイボスティー付。

ルイボスティーは南アフリカのお茶らしくって、紅茶に近いけどあと味にちょっと甘渋さがあるようなもの。
ちょっと苦手かも。

油断してたけれど、結構ボリュームがあるランチセットだったようで、食後結構お腹が重たかった。
でも肉量とコストで考えたらやっぱりロッテリアの某バーガーが・・・まぁ、あそこはファーストフードチェーンだしなぁ。


思ったよりも重たくなった胃袋をいたわりつつ、午後二時まで時間つぶして岡本周辺を散策。
山の手幹線を一本北に入った通りはお店が結構集中してて、人通りも多い様子。
そしてカフェや洋菓子店さんもたくさん。
岡本って結構お店を聞くと思ってたけど、まさかこんなにたくさんお店が集まってるとは・・・。
今後も足繁く通いたいところ。

食べ物屋さんだけじゃなくって、雑貨屋さんも多め。
食器や調理器具、竹製品や輸入もののドアノブやコンセントの分解物まで、実用品からインテリア色んなもの売ってるお店がちらほら。
特に何を買うわけでもないのだけれど、そういうお店を見て回るのは楽しいかな。

結局実際に買い物してしまうのは食べ物関連。
『HAND in HAND』さんというお店では食品類も扱ってて、店先に並んでだからつい買ってしまったのがレモネード。
輸入物らしいけど、海外モノってどんなのかちょっと気になって購入。
CA3C0808.jpg
レモンソーダとフレンチの2本(各¥300-)。
お風呂上りにでも一杯飲もうかなぁ。



そんなこんなで2時までぶらつきながら時間をつぶして、再び『HoneyHouse』さんへ。

CA3C0805.jpg

そしてこれがアフタヌーンティーセット(¥1,650-)。

・カボチャのケーキ
・スフレチーズケーキ
・杏のタルト
・クッキー×2
・スコーン
・くるみのスコーン
・サンドイッチカット×3
・クランベリー添えアイスクリーム
・クロテッドクリーム&ストロベリージャム
・セイロンストレートティー

名古屋でも一回しか食べたことなかったけど(しかもそのときは2人で1つを分けた)、この量はやっぱり感動。
逆にこれだけ種類があると、好き嫌いも出てきてしまうのだけども。
カボチャのケーキはちょっと苦手だった・・・ケーキは選ばせてくれればいいのになぁ。

味としてはちょっと懐かしい味。
濃い目のシナモンの風味や、焼き加減が何となくオールドアメリカンみたいなカントリーっぽさを感じさせます。

お店の内装も、シンプルな床や壁に花柄のテーブルクロスやクッションのインテリア。
こう、シルバニア○ァミリーの家を思わせるような雰囲気と、それとマッチした味に感じました。

ところでこのお店、奥に伸びる店内の中央にオープンキッチンが大きくせり出した形になっているのだけど、そのお陰で調理の音や店員さんの声がよく聞こえる。
店員さんは女性ばかりだったのだけど、「マジで!?」「あ、しまった」とかそんなワードが頻発してた気がする。
何か自然と耳に入ってくる会話が面白かったなぁ。


そんなのを聞きつつ本を読みつつ、のんびりとアフタヌーンティーを楽しんでいたのだけれど、やはりあのハンバーガーのボリュームと合わせるときつかったようで。
席を立とうと思った瞬間、お腹が重過ぎて席を立てなかったという。
お腹が落ち着くまで10分くらいじっとしてたような。

いや、でも食べ物で苦しむなら本望かも(何
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。