スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SHEENA SpecialLive【The End of a Journey -旅立ちの舞-】。
SHEENAライブ、三回目の参加です。
今回は開催日がリュックサックマーケットと重複していたのですが、こちらを優先する形でスケジュールを組みました。

というのも、今回のライブでアイリッシュフルート奏者の舞さんがSHEENAを脱退されるという、今までのSHEENA編成でのラストステージになるからでした。

舞さんは演奏での主旋律とか多く持ってて、ステージでも存在感がある方だったんですけど、それ以上に、神戸路上演奏のときに仲良くさせてもらってたので、これは絶対に行かねばと思ってました。


今回のライブ会場は心斎橋にあるMusicClubJANUS。
ライブハウスって地下にある印象だったんですが、ここは5Fにステージが。
会場自体の造りは何かJAZZっぽい雰囲気で、おしゃれでした。


とりあえず席を確保したら、すでに設営されてた物販コーナーへ。
コンピレーションのCDやDVD、ポスターなど色々ありましたけど、とりあえずバッジだけ購入。
本当は一緒に並んでたエコバッグも欲しかったんですが、そちらは非売品とのこと。残念。

そんな風に物販コーナーで色々と眺めてたら、洋祐兄さんから声をかけてもらえました。
他のお客さんの対応もあってあんまりたくさんは話せませんでしたけど、嬉しかったです。



そうして、とうとうライブスタート。
始まりから明るい曲でテンションを盛り上げてもらいました。

『Daybreak of the Airship』はやっぱり最初の方に持ってくるのが良い感じ。そしてやっぱり朝香さんの生キーボードパートが最高です。

今回のメンバーの衣装モチーフは緑。
舞さんが緑好きなのもあるからでしょうけれど。

ライブの選曲も、舞さん(アイリッシュフルート・ホイッスル)が中心になるようなものが多めだそうです。

明るい曲、落ち着いた曲と1サイクルおいたところで趣向を変える形で、少人数編成での演奏もありました。
まず一組目が、舞さん、洋祐兄さん、ケンケンさんの3人編成。
説明が入る前から気づいたんですけど、これって神戸路上の編成なんですよね。ケンケンさんはたまにでしたけど。

神戸路上組での選曲は「Behind The Haystack」。
何度も、路上で聴いた曲。

神戸を離れてから初めて聴いたせいなのか、これが舞さんのラストステージでの演奏だったからなのか、理由はわからないけれど、この演奏で神戸路上のときの思い出がフラッシュバックしました。

三ノ宮、元町のビルの合間で耳を澄まして、舞さんのフルートと洋祐兄さんのギターの音を探したこと。
寒い冬、つま先の感覚がなくなるぐらい冷え切っても、ずっと演奏を聴き続けたこと。
急に降り出した雨に、一緒になって機材を雨宿りさせたこと。
イーさん、キリンさんたちと一緒にセッションをやらせてくれたこと。
楽しそうに演奏する、舞さんと洋祐兄さんの顔。

気がついたらもう涙がこぼれてて、一向に止まらない。

舞さんの脱退の話を知ってから、寂しいなぁとか、残念だなぁとか、あんなことあったよなぁとか、そんな風に考えたことがなかったわけじゃなかった。
でも、この曲が本当にそのときの楽しかったことをそのままに思い出せてくれて。
改めて、幸せだったんだと思った。


それからの演奏は、また笑って楽しみました。
楽しそうに演奏するSHEENAの曲は、楽しんで聴く方がいいと思うから。
そう思う以上にSHEENAの曲は気持ちを楽しませてくれるから。


でも、それでもしんみりさせられたところがまだまだ二箇所。


一箇所はほぼラスト近くの選曲「The End of a Jouney」。
セカンドアルバムのラストナンバーで、今回のライブのタイトルにもその名前が使われてます。

曲調は暗く、しんみりするようなじゃなくて、「お疲れ様、そしてまた次の旅路へ」っていう印象があった曲だったんですが、今回の演奏では舞さんとにっしんさんのWホイッスルでの主旋律がありました。

二つの音が重なって、何だかお互いに「さようなら またね 元気でね」って別れを告げているような感じがして、切なさが。
にっしんさんは新生SHEENAのフルート担当として、舞さんのポジションを引き継がれる形になると思ってたので、特にそう感じてしまうのかもしれませんけれど。


もう一箇所は、アンコールでのティンホイッスル演奏。
Twitterとかで、一緒に演奏する企画があるので持ってきてくださいっていうアナウンスがあったので、持って来てましたティンホイッスル。

会場にいた皆さんと、舞さんと一緒に「SarryGarden」を演奏しました。
というか、SarryGardenでよかった。他の曲は暗譜してなかったし。

最初は舞さんと観客だけ、そして段々と他のメンバーの楽器も合わせっての演奏となりました。
他の曲でも段々と楽器が増えて演奏が広がっていくという表現はあったんですけど、自分がその中で一緒になって演奏するっていうのは尚面白いです。
ほんの少し、以前にセッションさせてもらった「inisheer」を思い出して、ちょっとしんみり。


でも最後の最後は「John Ryan's Polka」「the Last Chance」など、激しく楽しい曲で観客も飛び跳ねながらハンドクラップ。
去年の冬でもフィーバーさせてもらった大盛り上がりで、終幕となりました。


演奏終了後は、神戸路上の顔見知りさんたちにご挨拶。
一緒にちょっとお客が引いたかなっていうタイミングで舞さんや他のメンバーにサインいただいてきました。
舞さんともちょこっとだけお話できました。

やっぱり大忙しな中では一言二言交わすのがいっぱいいっぱいだったけど、一番に感謝の気持ちが伝わってればいいなぁと思います。
スポンサーサイト
3ヶ月ぶりのリュック。
名古屋の実家暮らしになってから、第三土曜日がお休みでなくなったためになかなか参加するタイミングが取れなかった摩耶山リュックサックマーケットでしたが、今月のには何とか会社をサボってお休みして参加することができました。
といっても、雨のせいで公式には中止扱いの闇リュックでしたけども。

朝一番の市バスに乗って、名古屋駅から新大阪、三ノ宮と見慣れた町並みへ移動。
10時のケーブルで掬星台まで上がることができました。

天気は台風の影響で前日の天気予報が降水確率100%とあったのですが、雲はあるもののところどころちぎれもあって、雨量もたまにざっと通り過ぎるくらい。
でも屋根が無いところでお店を開くにはよろしくない感じだったので、東屋へ移動。

いつものリュックなら、11時前でも場所取りとかで来てる人が多いのですが、今回は強い雨の予報があったからかほとんど人気なく・・・。
その分ゆっくりと支度ができましたけどね。

11時を回ってしばらくしたら、青空カフェメンバーも、他の常連さんもちらほらと集まってきました。


青空カフェメンバーでは、ぞろりと食品取り揃え。

SN3O0453.jpg

・snatchさん「青空カフェ」 淹れ立てコーヒー
・mikiya「白熊工房」 焼き立てワッフル
・しろたまさん 抹茶ラテ
・わんたんさん「コロコロ亭」 串団子・お茶・ぜんざい
・如月堂さん 焼き菓子
・COZYさん チャイ

あと主食系揃えれば完璧じゃないだろうか。


SN3O0454.jpg

今月の白熊工房はこんな感じ。

リュックワッフル看板用2
リュックワッフル看板用

用意した生地玉は30g前後で25玉。
トッピングではパールシュガー、チョコ、米はぜ、麦スナック、塩とブラックペッパー。

練りこみトッピングは定番のパールシュガーが一番焼いてたような気がします。
逆にチョコは押し売り以外だと一回しか売れなかった・・・まだチョコって時期じゃなかったかな。


公式には中止だったため、のんびりになるだろうかなーと思いきや、意外と忙しい感じになりました。
いつも通りsnatchさんのお隣でやると、お客さんの目に留まって注文が来るもんなんですよね。それでもsnatchさんの方よりは余裕があったと思いますが。

一枚焼くのに大体5分前後。
あんまり火元からも離れられないし、と手がかかりっきりでした。
焼く作業は嫌いじゃないからいいのですけどね。


でも、今回は全然青空カフェメンバーと話ができなかったなぁ、というのが正直な感想。
お客さんとはよく話すのだけど、真隣にいたsnatchさんや直ちゃんとでさえゆっくり話した覚えがないような・・・(二人が二人とも忙しく動いてたとこもあるかもだけど)。
せっかく神戸まで遊びに行ったのにこれが残念。

しかも15時からは下山して大阪までライブを聴きにいかなきゃならないということもあり、のんびりできなかったもんなぁ。
一緒に下山してご飯をとかしたかったー、したかったー(じたばた


逆に楽しかったことは、ちびっこと遊んでたことかな。
小さい子はどこにそんな体力をしまってるのかっていうほどホントに元気で。
おかげさまで午前中はずっと遊びに付き合ってしまったという。

あとは何故か名古屋知名度がありました。
「今日は名古屋から来たんだって?」というようなやりとりを5回くらいした気がします。
なんか、ちゃんと覚えててもらってたんだなぁっていうのがむず痒い。


来月はまた参加できそうになくって、今度は11月になりそうなんですが、それもちょっと別の予定と重複したらナシになるかもしれません。
できれば出したいのだけどなぁ。
なかなかライフスタイルが変わると難しいものです。
愛知県民の森。
先週は神戸のメンバーと御在所に行く予定だったのが、台風の影響で中止に。
というわけで代わりに今週どこかひとりででも登ろうということで、愛知県の東の端にある愛知県民の森~宇連山のコースを目指して出かけてきました。

他にもいろいろと候補はあったんですが、台風の影響から鈴鹿の方よりは三河の方が安全かなというのと、尾根道や岩場が多いルートもあって景色はよさそうというところから。

ただ、愛知県の反対側ということで遠い遠い。

JR名古屋駅から東海道本線で豊橋駅まで新快速で一時間。
そこから飯田線へ乗り換え、三河槙原まで普通で一時間半、合計二時間半という電車旅でした。
長野とか北陸へ向かうのと、実はそうかわらなかったのかもしんない。


電車の本数が限られていて、下手すれば到着が昼過ぎとかになってしまうので、朝は4時起床。
支度をして始発のバスで名古屋駅に向かい、電車に乗ってゆるゆると。

飯田線・天竜峡行きの電車に乗り換えてからは山に囲まれて楽しげな車窓になりました。
登山者さんも多いようで、ザックとか靴とかでそれとわかる人たちがちらほら。
三河の山だと鳳来寺山が人気らしく、ほとんど本長篠駅で降りていかれてましたけど。

その本長篠駅から続けて数駅。
ようやく三河槙原駅に到着。


SN3O0437.jpg


駅を降りてすぐ目立つのは、断崖絶壁。
前もって仕入れていた話によると、このエリアの山はいろいろな地層があって、火山岩なども豊富でそれだけでも面白いとのこと。


今週末、天気の調子がよくわからなかったので心配してたんですが、何とか快晴までなってくれました。
というわけで駅を降りたらお決まりのてぬぐい・アームカバーを装備・・・ってしろくまの気持ち忘れたし。
まぁ、大丈夫かなぁ。

afterCA3C0001.jpg

SN3O0438.jpg

駅から愛知県民の森はすごく近くて、歩いて十分程度。
車道沿いを進んでいけば迷わず着けました。

愛知県民の森はハイキングコース、野鳥保護区や、移植した樹木の自然園、滝など、いろいろとあるけど、メインはキャンプ場やバンガローの貸し出しだそうな。

管理事務所で入山届けを出して、いよいよ突入。
愛知県民の森はいろいろなルートがあるけれど、今回選んだのは南・西尾根を使うコース。
ホームページの推奨ルートとは違い、Bキャンプ場からすぐ南尾根へ上がり、そのまま尾根伝いに西尾根へ。
体力と時間しだいで、宇連山へ進むか、途中2点ある分岐どちらかで尾根から谷へ降りて下山するかを選べるようにしてみました。


とりあえずBキャンプ場から南尾根へ上がるコースを求めてうろうろ・・・ってあれ、看板何もない。
どこじゃー、どこじゃー、と右往左往してたら、キャンプ場の奥のまた奥の方に看板発見。
キャンプ場突っ切らないとわからないがんっ。

afterCA3C0002.jpg

ここからレッツゴーと登り始めた・・・のはいいのですが、最初っから急な九十九折の上り坂。
愛知県民の森ハイキングコースはマップが公開されていて、インターネットでも事前入手できるのはいいんですけど、高低差について記載してない(等高線も無い)から、読めなくてちょこちょこしんどいところがありました。

まだまだ最初だから体力があるので、えっちらおっちら気合で上がります。

肩で息をしつつも、ここの九十九折だけで登山入り口にあったBキャンプ場は木々の向こうに小さくみえるくらいになってて、周りの山々も同じ目線くらいに感じるように。

10分くらいかけて登りきった先では不動滝上展望台の東屋があり、肩で息をするような状況だったので休憩を。

afterCA3C0003.jpg

afterCA3C0004.jpg

すでにもう大分登った気分になります。
息を整えきろうかと思ったのに、ここでまた各務原と同様スズメバチがブイブイ言わせてきたので、休憩もほどほどに遁走することになったんですが・・・。

不動滝上展望台からしばらく歩くと南尾根へ。

afterCA3C0005.jpg

尾根へ突き当たり、眼下へ広がる風景。
山の上だなぁ、と実感できるんですが、たまに車やバイクの走行音が耳に入ってきてしまうのが残念。

afterCA3C0006.jpg

南尾根の上はこんな白っぽい岩とその砕片でできたような道になってました。

afterCA3C0007.jpg

尾根道は初めてなんですが、結構登りもあってしんどいコースでした。
日差しをさえぎるものもなかったもんで、今日の快晴は却ってアダに・・・。

afterCA3C0008.jpg

でも、風景だけは格段に良いです。

afterCA3C0009.jpg

こんな白い道が続いていきます。
写真に収める分にはいいんですが、撮影者当人は「またこんな坂登るのかぁ、うへぇー・・・」とか言ってます。

日陰があるところを見つけては休憩を取りつつ、ひたすら南尾根を進みます。


南尾根へ出てから40分ほどでようやく南尾根の展望台に到着。
500mほどの距離にそれだけかかっているので、どんだけ鈍行だったかがわかります。

SN3O0440.jpg

SN3O0439.jpg

今まで登ってきた道を振り返り、をぱちりと撮影。


ここで休憩をしていたら、今まできた道から60代くらいのご夫婦(多分)が登ってこられました。
お二方もここで休まれていったんですが、そこでのんびりとお話しすることに。

結構このルートを登られるそうで、近くの山についてとか色々と教えてもらえました。

ご飯もナシとかお菓子とか分けてもらったり。
こちらもナイフ貸したり、ワッフル差し上げたりしましたけども。

山の上でこういう出会いもいいかなぁ、とのんびりと30分以上くつろいでしまいました。

途中、もうお一人若い女性の方も展望台で休憩されていきました。
すごく軽装で、宇連山まで歩いて行くつもりだったそうですが、時間の関係でどうなるかわからないのだとか。

その方が出発されると、いい加減こちらも下山時間を考えると出発しないといけないと思い、ご夫婦にご挨拶して出発することに。

「来週は『きんぷざん』に行くからー!」と最後に言っていただきました。「調べてみますー!」と返事したけれど、今調べてみたら金峰山、山梨の標高2599m・・・!? 岩場とかすごく面白そうだけど、来週でいけそうなとこじゃないよなぁ・・・(体力・スケジュール的に)。
白馬と葦毛湿原も勧めてもらったから、そっちにいつか足を運んでみよう。


展望台から出発すると、先に出発していたお姉さんが待ってらして、一緒に登ることになりました。
同行者がいるのはこちらにとっても心強いので、とても嬉しかったんですが、お姉さんすごい健脚。
・・・というか、荷物量が多い+基礎体力が無いmikiyaが遅いだけなんでしょうけど。

そんなでもペース合わせてもらいつつ、西尾根へ入ってしばらくのところまでご一緒してもらえました。
そこからはもう足が上がらないってくらいこちらが疲弊してしまったので、あんまりお邪魔になってしまってもあれだからということでお別れに。

そこまでの道中、一人ではもっと時間かかったろうところをおしゃべりしながらの登りなんかで楽しませてもらったので、すんごく助かったので、お礼を言って別れました。

別れてから、その場でご飯の残りを食べて水分補給して、しばしごろーんと横になって休憩。
自分の体力の低さを実感しつつ、回復に努めました。


お姉さんと話しててわかったんですが、お姉さんの持ってた本のこのコースの評価は★5つ以上の上級者向け。
本によって評価が違うというより、ルートの組み合わせによって大きく変化するようなので、その評価を誤ってたようです。
なので、あんまり背伸びペースで登ってしまうと体力が完全になくなってダウン、最悪日没過ぎても下山不可能とかになりかねないので、そこからはのんびりペースで進むことに。

急な登りがあったらその都度休むような亀ペース。
でも日没までの時間は気にしつつ、とちょっと不安な登りになりました。

コースの下調べは入念に、を実感。
あと、他人巻き込まなくてよかったーという安堵も。

こんなポカやったら、次は絶対間違えない。


そんな登りだったせいか、写真がばったり途絶えてたりします。

前回の失敗(デジカメ携帯のバッテリー切れ)をふまえて、別でデジカメ持って来てたのに、惜しいことです。



亀ペースでもなんとか一時間半くらいかけて滝沢の分岐に到着。
滝沢の分岐までの500mくらいは比較的楽なルートになって、体力も回復してました。

回復はしていたものの、日没時間を考えるとこれ以上尾根を進むわけにはいかなかったので、ここから尾根を降りての下山コースへ。
最初にあったような九十九折をひたすらひたすら降りていきます。

だんだんと底に近づくにつれて水音がして、やがて沢に突き当たりました。

SN3O0443.jpg

この沢沿いに下りていくのが滝沢ルートになるようで、沢歩きなら馴れてるので割とさくさくと下っていけました。
途中カエルを追っかけ回したり、笛を吹いてたり、余裕のある下り道。

それでも尾根からの高低差が結構有り、40分近くずっと下りを歩いていたように思います。

SN3O0444.jpg

平たい道にたどり着く手前であったのが下石の滝。
滝沢ルートで無駄に遊んでたせいで近くに行く時間的余裕もなかったので、音だけ楽しんで進みました。

そこから先も、池とか風穴とか、他の滝とか、野鳥保護林とかいろいろあったんですが、時間がおしているので横目に眺めるだけで突っ切りました。
これだけたくさんあると尾根ルートみたいな登山じゃなくても、そういう部分だけでも楽しめるトコのような感じはしました。

平地ならバテることもなく、1時間ノンストップ早歩きで無事管理事務所まで到着。
10時に入山し、16時下山。6時間のルートとなりました。

SN3O0448.jpg

三河槙原駅手前から、あの辺りの尾根を歩いたんだよなぁ、と思いつつ最後に一枚。




今回の登山、無事帰って来れましたけれど、前回にも増して勉強・反省するところが多かったです。
ルート設定はエスケープルートも見ておいたお陰で大事にはなりませんでしたけど、移動に二時間半もかかる場所で、6時間近い登山だとスケジュール的にもぎりぎりになっていまいますね。
余裕をもっと大切に・・・。

しんどいルートではあったんですが、途中色々とお話してくださる人と会ったり、途中までだけど同行してくださった方がいてくれたのは、山ならでは。
今度登るときも、そうやって色んな人に会える山がいいなぁ。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。