スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石津御岳~多度山縦走。
今日は初めて名古屋でのmixiのコミュイベントに参加してきました。

石津御岳~多度山縦走で、ついでにお昼に山メシ試食会をやろうとのこと。
フリーズドライ製品が主な想定だったようなのですが、缶詰使ってもいいし、こだわりのやつ用意してもいいっていうところもあったので、白熊工房の名を知らしめるべく色々楽しくできそうなので参加してきました。

参加は12名。
しかも顔を合わせたことがない人ばかりというシチュエーションでしたが、最近はそういうのも慣れてきたので緊張することも特になくー。

あ、でも自分より若い人がいたってのが新鮮ですね。あんまり会わないもんで。


まず多度山のポケットパーキングに全員の車を集め、そこから一部の車で石津御岳駐車場へ向かってアプローチ。

採石場があるのでハゲててわかりやすい石津御岳。

SN3O0680.jpg

みかん畑を越えて鳥居をくぐると登山口に到着。
ここから九十九折で登っていきます。

石津御岳山頂まで登りきってしまえば、谷も無く尾根伝いに多度山頂まで着けるというコースで、ここで一気に標高差600mくらい上がっていくことになります。

SN3O0681.jpg

仄日があってちょうどいいくらい。
歩き続けると少し暑さが・・・。


石津御岳中腹の展望台到着。

SN3O0682.jpg

確か四合目だったかな?

名古屋方面への視界が開けてます。
御嶽山もうっすらと見えるか見えないかくらい。

SN3O0683.jpg


展望台をあとにして再び登り始めると、ちょっと殺風景なエリアに出ます。
右手には採石場を区切る有刺鉄線が。

SN3O0684.jpg

木々がない分、振り返ったときの見晴らしは結構いいです。

SN3O0685.jpg


直登みたいな感じで道が続いているのでえっちらおっちら・・・。


再び木々の茂るエリアに入ると九十九折が再開・・・するんですが、最初の九十九折に比べると傾斜が結構急になってます。
そして斜面には白いものが段々と目立ち始めてきました。

SN3O0686.jpg

アイゼンが必要ってほどではないのですけど、浅く積もった雪がそこかしこに。
そんな白っぽい急な坂道をひたすら登り進みます。

途中、石碑などを経て三角点へ。
言われなかったら絶対気づかなかったくらい道の端っこにありました。

SN3O0687.jpg

にわか三角点撮影会。

SN3O0688.jpg


ここからすぐで海抜640mの籠所、そしてもう少し北西へ進んだ先の御岳神社まで行きました。
写真は撮り忘れたものの、噂どおりのモダンな扉の神社でしたね。

で、ここの裏手から竜ヶ岳、藤原岳が見れたはずなんですが、すっかり忘れてお昼ご飯を食べる予定のハングライダー広場へ向かってしまいました。

籠所から南へ進むと右手に谷が広がってきて、山道がやがて管理道へとつながります。

SN3O0689.jpg

先の方まで見開けてますが、登山の雰囲気はちょっと薄れるかな・・・。


管理道を進んでいくと、左手に芝生と木のタラップが。
そしてその先にはハングライダー用のカタパルト。

ハングライダー広場到着です。

SN3O0690.jpg

SN3O0691.jpg

SN3O0692.jpg

カタパルトの上は視界が広くて見晴らしはすごくいいですが、結構足場は不安定だったりします。
高所恐怖症の方はたぶん上がれない(ぇ
[動画ver]


そしてここで敷物を広げて山メシ会。

IMG_0095c.jpg

大半がフリーズドライ食品の持参だったのですが、こちらのアヒージョやポークスープみたいにその場で調理してリゾットを用意しはる方もいたので、自分の料理も作りつつ、その方の作業をじーっと観察して勉強してたりしました
人のやることを見るっていうのはなかなかいい勉強になるのです。

あとで教えてもらったのですが、リゾットの米はサトウのご飯とかで簡単にできるのだとか。
やっぱり山の上でご飯が恋しいときも結構あったりすもので、今後のメニューの参考にしたいと思います。

で、そうやって人を見つつ、自分の料理をしつつとやってたら、ほとんど写真を撮れなかったというオチがつきました。

一応今回のメニューは、

・イカとエビのアヒージョ
・手作りプチパン
・ポークオニオンスープ

IMG_0091.jpg

パンだけ焼きあがりのときの写真があったのでぺたり。



お昼ご飯を食べてお腹一杯になったら多度山頂へ向かって移動。
緩やかなくだりの尾根道になるんですが、途中幅1m前後の土手みたいなところでぬかるみがあったりと、中々大変でした。
あと道中の展望がないのがちょっと残念。
冬以外の季節なら見所ももう少しあったのかもしれない。

そして時間をかけた割にはあんまり苦労しなかった印象のまま多度山頂公園へ到着。
ヤング広場でちょっと休憩してから展望台へ向かいました。

[動画ver]

標高は下がっていると思うのに、眺めはやっぱりいいです。
見ている方角は常におんなじなので、変わり映えがしないってトコもあるかもしれませんけど。

ただここではタイミングがいいことに、ちょうどこの展望台の正面をハングライダーで飛行してる方が。

上がったり下がったり、器用に風に乗ってました。
時には展望台と同じ高さくらいまで上がったりも。

自由に飛び回れたら絶対気持ちいいだろうなぁ。

と、そんなこと考えつつティータイム。

IMG_0099c.jpg

お茶やコーヒーとかが淹れられ始めました。

お茶請けに用意しておいたのは定番のマシュマロメル。
今回は金柑を練り混ぜてみました。

IMG_0100.jpg

気に入ってもらえたようで、完売御礼です。


ここからは健脚コースを経て下山。

途中木の伐採・林道整備の現場を見たんですが、腰に巻いたロープだけで細い木にしがいみついて作業するおっちゃんたちには感服です。



最終的な時間としては、

09:30 石津御岳駐車場
 ↓
10:00 展望台
 ↓
10:55 石津御岳山頂 籠所、御岳神社
 ↓
11:10 ハングライダー広場 山メシ試食会開始
 ↓
12:25 ハングライダー広場 発
 ↓
13:45 多度山上公園 着
 ↓
14:45 健脚コースで下山開始
 ↓
15:15 愛宕神社駐車場

【おおよその距離 7.3km 高低差600m】



今回は登山そのものだけじゃなくて、東海での山登りや山登りの知識とか色々教えてもらえました。
一度に全部消化するのは無理だと思うけど、段々と自分のものにできてけたらいいなぁと思います。
とりあえずはテントを探すところからかな・・・!
スポンサーサイト
山の安全対策勉強会&星空Bar@摩耶山。
青空カフェメンバーのなべさんが、山の安全と対策のための講習を開くということで、神戸まで遊びに行って来ました。
今回はケーブルカー使用での上り下りがあるようだったので、車ではなく新幹線で。

まずは水道筋商店街のパンダ食堂で、ご飯を食べてからの座学。

色々と内容は掘り下げられてたのですが、一番大事かなと思ったのは心構えの点で、どんなことが起こるかわからない中、どれだけ準備や覚悟をしておけるかというところかな、と思いました。

今までも東海の低山をいくつも登ってますけれど、幸い全て無事下山できています。
それでもどの山でだって、遭難や事故の可能性もあったようにも思います。

登山を計画する立場も、誰かの企画に参加する立場も、どっちも今後もたくさんやってくると思います。
最低限の準備はできて当たり前。
それ以上をカバーして、安全に帰れるような、安心して登れるような、そんな登山にしたいところです。


座学を終えたら今度は摩耶山掬星台で、ロープワークを交えた実演講座に。
ロープウェイとケーブルカーを乗り継いでの楽チン登山(?)。

久しぶりに展望のよい掬星台です。

IMG_0048c.jpg


ちょっと奥まったところでロープでの救助実演。
崖下への降下の仕方や、ザックを応用した担架の作り方なんかを見せてもらいました。

IMG_0050c.jpg

スリングやロープとか、他で代替できないものが多くて、最低限ここらは確保しとかないとなーと思います。
他で何とかできるものは後回し。


と、何やかんや外でやっていると、冷たい風に吹かれて白いものが。
寒い山の上、雪が降ってきました。

何とか実演をやり遂げると、掬星台の東屋で開かれていた星空Barへ避難。

ビニルカーテンで仕切られた空間で、温かいホットチョコレートもらって一息ついてたら、「外見てみ!」と言われました。

外にあったのは、夕焼けが雪雲に霞んで淡く赤く照らされる神戸の街並み。

IMG_0051c.jpg
[動画ver]

もう何度も掬星台から見下ろした風景が、違うものに見えました。


このあとも最後に沈む夕日を追っかけて電波搭の方までダッシュしたり。
今日は山登りしてないので元気な一行です。

日も暮れてとっぷり暗くなったところで今度はぷち山メシタイム。
今回はアヒージョとマシュマロメルを持参して提供しました。

IMG_0055.jpg


IMG_0044.jpg

今回のアヒージョの具材はソーセージ、しめじ、マッシュルーム。
パプリカって結構高いんですよね・・・。


食べ終わったらケーブルで下山後、晩御飯がてら水道筋のカフェにも行きました。

今回はテーブルを囲んでご飯を食べる機会が多かったので、普通の登山企画よりずっとたくさんしゃべれたように思えます。

いい勉強にもなったし、いい風景も見れたし、たくさんしゃべれたしで、大満足な神戸行きなのでした。
宮路山~五井山ハイキング。
前々から2月5日は岐阜の納古山で登山をする予定だったんですが、先週の寒波の影響を考えて、三河蒲郡方面の宮路山~五井山ハイキングに切り替えて遊びに行きました。

標高は宮路山が361m、五井山が454m。
しかも今回は宮路山の第一駐車場(標高250m前後)からスタートしたので、標高差200mほど。
距離は片道4kmちょっとだからまあまあ普通。

がっつり登るよりも景色のいいところで山メシを楽しめたらいいかなぁ、という気持ちでスタートしました。

同行者は山繋がりで、はなっこさん、のんさん、まっちゃんのお三方。


名電赤坂駅から細くグネグネした山道を登って第一駐車場を目指します。
幅が狭い+ヘアピンカーブ多い+カーブミラーが無い、という運転手殺しの車道を抜けて第一駐車場に到着。

SN3O0661.jpg

13台停めれるというこちらはすでに先客で10台くらいは埋まってました。
なかなか人気のあるスポットみたいです。
途中でも4台くらい車が道脇に停まってたしな。

SN3O0662.jpg

第一駐車場には立派なお手洗いも。


SN3O0663.jpg

とりあえず宮路山山頂を目指して出発!
といっても、第一駐車場からは30分弱で登れてしまうんですけどね・・・。

そういえば同じく山に登ろうとしてる方に、「そんな重装備が必要な山なんですか?」と訊かれてしまいました。
40リットルのザックは確かにパンパンですが、ファーストエイドキット以外は調理器具と食べ物です。
えらくエンゲル係数が高いザックです。

SN3O0664.jpg

細長く高い木が伸びる植生。
しばらく進むと、開けた谷状の地形に出ます。

SN3O0665.jpg


SN3O0666c.jpg

SN3O0668.jpg

ベンチや木製の東屋が多く設置されていて、背面の音羽蒲郡の町並みやツツジを眺めてのんびりできるみたいです。

が、今回は登り始めたばっかりだし、ツツジもシーズンじゃないのでスルーして九十九折をひた登ります。
開けていて眺めはいいものの、逆にさえぎるものが無くて日差しでちょっと暑いくらい。

SN3O0667.jpg

ちょっと雪が残っているものの、サクサクとした雪で、滑ることもないくらい。

SN3O0669.jpg

30分たらずで宮路山山頂まで到着です。
・・・何か左端に見切れて写ってる。

SN3O0670.jpg

今まで山の北側を登っていたので見られなかった三河湾が、山頂では大パノラマで現れます。
渥美半島がうっすらと奥のほうに。

石碑で記念撮影をしたら五井山の方へ移動開始。
さして休憩するほど疲れてなかったしね。

SN3O0671.jpg

SN3O0672.jpg

SN3O0673.jpg

最初はちょっと開けていた山道も、すぐさま高い木々に囲まれた道に早変わり。
左手にあるはずの三河湾も、木々に隠れてしまいます。

ただ、木々の密度が感じられて、森林浴気分で歩くにはいいやも。

SN3O0674.jpg

時折こんなくぐって通らないといけないようなところも。

道は全体的になだらかで、急激なアップダウンもそれほど多くなく、どんどん歩いて行ける感じ。
休憩所は無いものの、それほど負担にならずに歩ける道のりです。


管理道を何度か横断したりしつつ、宮路山から一時間くらいで五井山到着。


SN3O0675.jpg

SN3O0676.jpg
[動画ver]

こちらも宮路山同様に三河湾の展望がいいのですが、加えてこちらは広々としたスペースがあって、団体でものんびりできる感じです。

また、南側の展望もあり、そちらからは南アルプス・御嶽山まで見渡せる・・・らしいですが、今回はガスっててよくわかりませんでした。


そしてここからが今回のメインイベント。
山上で山メシを作り!

元々はアヒージョを作って持っていくだけのつもりだったんですが、折角なら全員で何か作った方が面白いよねと思って、あれやこれやこっそり手を回して、結局全員で何かしら食べ物を用意・調理するような形に仕向けちゃいました。

SN3O0677c.jpg

左がオニオンスープ。
(オニオンペースト、下茹でしたにんじん、パックのマッシュルーム、チキンコンソメ、塩コショウ)

下がアヒージョ。
(オリーブオイル、パプリカ、タコ、エビ、ブラウンマッシュルーム 前日仕込み済みを再加熱)

右がウインナー&ベーコン。

あとは写真には入ってませんが、バタールなどのフランスパンのカットなど。

SN3O0678c.jpg

わいわい皆で山メシ作り。
神戸ではいつも見慣れてた風景が、名古屋でもちゃんとできるんだなーって思いました。

これからも山にはそんなプラスアルファな楽しみを付けれる形で登っていきたいと思います。

IMG_0028c.jpg

SN3O0679.jpg


10:10 宮路山第一駐車場
 ↓
10:35 宮路山山頂
 ↓
11:45 五井山山頂
 ↓
13:00 昼食終了後、五井山山頂発
 ↓
14:10 宮路山第一駐車場

【おおよその距離 片道4km(往復8km) 高低差200m】
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。