スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山メシレシピ『麻婆豆腐』。
今日は納古山に登山予定だったのですが、岐阜県の降水確率が高くて断念。

食材とかも揃えてあったし時間もあるし、折角なので山メシでこんなの用意してましたよーというのを紹介してみようと思います。


今回の山メシは「麻婆豆腐」。
辛くて温かくて、まだまだ寒い山頂で食べるにはもってこいです。
通常のレシピを、食材を携行しやすいものにしたり、事前準備などをしてコンパクトにしたりして、山メシ向けにしてみました。



******************************************************************


IMG_0272.jpg

食材と道具はこれで一揃いです。



【道具】
ワンバーナー × 1
クッカー(2セットタイプ) × 1
スプーン(金属製) × 1
ナイフ × 1

IMG_0255c.jpg

クッカーは写真のような2つ付きのタイプだと、下茹でしたり、煮てる作業の間に水溶き片栗粉を溶いたりすることができます。
montbellのステンレスのやつなら中に水の分量線が書いてあるので計量にも便利です。



【食材】
豆腐 一丁 (今回は400gのを使ってます)
ベーコンビッツ 60g
味噌だれ 30g前後
香味油 大さじ2
長葱 一本分
かたくり粉 大さじ1
水 500ml+220ml



IMG_0277.jpg

豆腐は木綿にしました。
普通は絹ごしですが、木綿が好きなので木綿です。
要冷蔵品ですが、冬場なら保冷剤をつけなても断温しておけば登山中くらいは保ちます。


IMG_0273.jpg

ベーコンビッツはサラダとかに振り掛ける素材ですが、ひき肉の代わりに使用します。
常温で持ち運べるのがメリットですが、g単価は結構高いです。



IMG_0274.jpg

味噌だれは、予め必要な調味料をミックスしておいたものです。

原料は
 豆板醤 小さじ1
 甜麺醤 大さじ2
 醤油 大さじ2
 酒 小さじ1
 砂糖 大さじ2
 鶏がらスープ 大さじ1
 塩コショウ 少量

これらを予め練って小瓶などに入れておけば、こまめに調味料を持っていく手間が省けます。
辛いの苦手な人は豆板醤の分量を減らて甜麺醤を増やしましょう。



IMG_0275.jpg

香味油はごま油に予めにんにく、唐辛子で風味をつけてあるものです。

ごま油大さじ2に、スライスしたにんにくをひとかけ入れて、風味が移るまで温めます。
風味が移ってからは温度を落として、予め唐辛子を入れておいた保存容器へ。



IMG_0276.jpg

葱は小口切りにしてタッパーに。
山に持って行く際には予め冷凍しておけば風味が逃げにくいです。



IMG_0278.jpg

水は全量で750mlくらい。
豆腐の下茹でをしないなら250mlでも足ります。


IMG_0281.jpg

キッチンペーパーで薬包紙包みにしてありますが、かたくり粉が入ってます。
粉系はタッパーに入れるよりもこうした方が省スペースになります。



******************************************************************



以上が道具と食材の準備について。
ここからが実際の調理工程になります。


IMG_0279.jpg

クッカー(大)で食べやすいサイズに切った豆腐を500mlくらいの水で一度茹でます。
豆腐の味を良くする工夫ですが、時間がない、水がもったいないなどの理由があれば抜かしても大丈夫です。

下茹でが終わったら、豆腐をクッカー(小)にあけます。


IMG_0280.jpg

水気を取ったクッカー(大)に香味油を入れ、温めます。


IMG_0282.jpg

温まった油にベーコンビッツを入れ、炒めます。


IMG_0283.jpg

ベーコン入れる量をケチったので炒めるというか揚がってます。
ベーコンビッツ自体がそもそも加熱しなくても食べれるものなので、あんまり長時間やらなくても大丈夫です。


IMG_0284.jpg

味噌だれを入れて更にかき混ぜます。
風味を上げるために炒める感じですが、焦げ付きやすいので注意です。

IMG_0285.jpg

水200~250mlを入れ、煮立てます。


ちなみに写真上ではかき混ぜをスポーク(プラスチック製)でやってますが、真似したらいけません。

IMG_0287.jpg

油が高温なので、こうなります。
ちゃんと耐熱性のある道具を使いましょう。



IMG_0286.jpg

味噌だれの味がなじんできたら、豆腐を入れて煮立てます。
大体3分くらい。


IMG_0288.jpg

豆腐の次は葱を投入します。
ここから更に3分煮立てます。

その間にクッカー(小)にかたくり粉と大さじ2の水を入れて水溶きかたくり粉を作っておきます。


IMG_0292.jpg

一度火から下ろして水溶きかたくり粉を注ぎ、かき混ぜたあとほんの少しだけ煮たら完成です。

豆腐のサイズ次第ですが、2~3人前になると思います。


******************************************************************


IMG_0291.jpg

自家製チャーシューとご飯のセットで頂きます。
山の上でもサトウのご飯なんかでいけますね。

調理時間は20分(豆腐の下茹でしないなら15分)でした。
事前準備しておけば比較的少ない量の荷物と時間でできるものだったりするので、挑戦してみたい方は是非。

今回は豆腐でやってしまいましたが、麻婆茄子や麻婆春雨の方が食材が携行しやすいのでお手軽かもしれません。


以上、白熊工房の山メシ紹介でしたー。
スポンサーサイト
xChangeKOBE。
20日の祝日。
実は仕事になるかならないか中々はっきりせず、やきもきしてたんですが無事お休み、しかも晴れてる日に、神戸六甲山の天覧台で開かれていたxChangeKOBEという服の交換イベントに、お菓子販売で出店してきました。

直接声がかかったわけじゃなくて、六甲山系のイベントにひっぱりだこの我らがコーヒー王子のカフェ出店に乗っかったカタチです。


今回は黒大豆のビスコッティ、白ワッフル、さつまいもの蒸しパンで出店。

IMG_0214.jpg

詳しくは【作り溜め。】参照です。

最後のリュックが11月で、それから4ヶ月ぶりくらいの出店だったので、準備も試作もばたばたと慌しかったですが、なんとかカタチにできました!
けど、肝心の白熊くんを忘れてでかてしまったという失態・・・。
リュックもずっと雨で留守番させたしなぁ。


とにもかくにも始まったxChangeKOBE。
第一回目の前回は人がたくさん来てたらしいけれど、今回は摩耶山でもイベントがあったせいか、人はまばら。
お陰でのんびりはできましたけどね。

IMG_0213.jpg

時間があるうちにラテアートぽいことさせてもらったり。

IMG_0215.jpg

お隣のリヤカー食堂さんのナンとコラボしてみたり。


大盛況という風ではなかったですが、のんびりとお話聞かせてもらえる機会もあったし、すごく楽しんで帰ってきました。
本当はもっと写真を撮ってあったんですが、何故だろうか。
アップロードすると真っ黒になるんですが・・・どこが悪いのだろう。
とりあえずmixiとかにぺったりするかもです。
作り溜め。
今週末が連休だったので、20日に参加予定のイベントに向け、食品類の試作をまとめてやってました。

お菓子系は特徴を出そうと思って、白熊工房のお菓子=白熊と言えばカナダか北極=カナダと言えばメープルシロップ=メープルシロップだけで味付け、と考えてちょっと試行錯誤をしてみました。



【豆のビスコッティ】

IMG_0178.jpg

いつものビスコッティの砂糖をメープルシロップに置き換え。
トッピング素材は豆なんですが、手抜きで実はこんなの使ってます。

GooTa大豆たっぷりグラノーラ 180g×6袋GooTa大豆たっぷりグラノーラ 180g×6袋
()
日清シスコ

商品詳細を見る

スーパーのシリアルコーナーで売ってて、結構おいしいやつなんですが、これをそのまま練りこみ。
大豆のシリアルなので、ガリガリさが引き立つし、キナコっぽい風味になりますよ。
そんな高いモノでもないし、他でも使ってみようかな。

が、肝心のメープルシロップは風味がなく、というか全体的な甘さも少なくていまいち・・・。


【蒸しパン】

IMG_0182.jpg

蒸し器がないし、蒸し物は無理だよなぁって思ってたんですが、家のオーブンが蒸し調理に対応してたらしく、挑戦してみることにました。
クックパッドのレシピを参考にレシピを組んだんですが、生地はずっしりと重く・・・何かスポンジケーキみたいになりました。
そしてやっぱりビスコッティのときのように、甘さが足りない。

これではいかんなぁ、と二日続けて試作してたんですが、粉を入れた後はかき混ぜすぎないようにすることで、なんとか人に食べてもらえるレベルにすることができました。

甘さは改善されず・・・。
極端に分量を増やせばいいのかもですが、メープルシロップの重さ当りの単価は砂糖の10倍近くするので、コスト圧迫になってしまいます。


【チャーシュー】

AnjOA43CMAAXLFG.jpg

ちょっとお菓子が上手くいかなかったので、ガス抜きにチャーシューを煮立ててみました。

が、こっちも買った肉の脂が多すぎて、ちゃんと綺麗に円にカットできなかったという・・・。
まぁ、自己消費分なのでカタチはどうでもいいのですが。



【白ワッフル】

IMG_0184.jpg

土曜日から種を仕込んでおいて、朝焼いた白ワッフル。
卵黄を使わないことで、生地を白っぽく。白熊っぽいかなと思ってやってみました。

強力粉のみで仕立てた生地はもっちりで食べやすかったです。
でもやっぱりメープルシロップだけの甘味では甘さが足りず。
焼く直前に足すワッフルシュガーも、ベースの甘さがそんなに無いので、悪目立ちしちゃう風に・・・。


ここまで来て、やっぱりメープルシロップだけでの甘さは無理という決断をしました。
あくまで付与するっていう形でやった方が無理ないし、何よりおいしくないものを試食する身がもたないので(何

砂糖を使った蒸しパンはうまいこといきましたし、白熊工房としてまた別のプラスアルファを付けたお菓子を模索しないとですね。

あ、ちなみに白ワッフルですが―

IMG_0187.jpg

ワッフルシュガーなし、塩&黒胡椒のご飯タイプの奴に、前日煮込みのチャーシューを挟んでみました。

おいしいのですが、ほぼチャーシューの味が全勝で、ワッフルの味がわからないという・・・。




【きのこ三種とホタテのアヒージョ】

IMG_0190.jpg

最後に作ったのはご飯系。
しめじ、まいたけ、マッシュルームのきのこ三種にホタテ貝柱を加え、唐辛子とガーリックで風味付けしました。

キノコ率が高いですが、キノコが多いと単価がさがるので、作る側としたら助かりもの。
ホタテ貝柱も特売品だったしね。

自己消費用なので、いつもより材料がチープな感じです。



というわけで五種類ほど作りましたけど、結局新しいものは作れたものの、白熊工房としてはコンセプトが確立できなかったなぁ、というところです。
お店をやるにあたっては、やっぱりその店の売りが欲しいところですしね。
今とこマシュマロメルくらいしかないものなぁ。

まだ日があるうちに色々考えたり作ったりしないと。
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。