スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼菓と金華山。
前日神戸に日帰り旅行で山上へ遊びに行っていたというのに、翌日には金華山登山に参加。
どんだけ山が好っきゃねんというお話です。

とりあえず金華山は距離も標高も知れてるので、それほど装備の支度も手間取らないトコではありました。
が、問題(?)は今回もmixi関連のなごヤンさん主催企画であり、おやつを用意しなきゃという点。

おやつ用意は自分で言い出したことですが、折角自分が関わる登山なら美味しいものを付け加えたいというのがあります。

なごヤンさんはその辺りを汲んで下さるので、今回もばっちりそれっぽいイベントタイトルを命名しちゃってくれました。


イベント名:「5/20(日) mikiyaシェフと金華山


・・・いや、ちょっと待って。
 何で山と一緒に名前が並ぶの!?
  しかも「シェフ」ってついてますよ!?

すぐさまツッコミ入れましたが、リアクションは「これで良いと思います(*^艸^)」でした。


急な募集だったので参加者はmikiyaを含め、りーだーさん、なごヤンさんの三名。
以前のワッフル登山の縮小版なメンバーでした。


たった三名分。それだけ作るだけなのですが、前日神戸から家に帰り着いたのは22時過ぎ。
もうスーパーもやってないというこの状況。

材料棚に何かいいものがないかと引き開けてみたら、長らく使ってなかった透明な板きれが見つかりました。

板ゼラチン。
リュックが生菓子禁止になって以降、全然使ってない原材料でした。

これだったら原材料はジュース、果物くらいでいいので、コンビニとかでも十分確保できるし、金華山登山の装備なら保冷バッグを入れてもしんどくないし、何より山頂でひんやりゼリーが食べれるとか最高じゃない!と良いこと尽くめな脳内シミュレートがされたので、即断でフルーツゼリーが作られることになりました。

さっそくコンビニでフルーツジュースと缶詰を買ってきて、ゼリー液と混ぜ合わせて冷蔵庫に投入。
ついでに前日のリュックで売れ残ってたワインでも試しで作って入れておきました。


疲れもあって、冷蔵庫に入れたらばたんきゅーと寝てしまいましたが、翌日にはちょうどよい固さのゼリーが完成。
リュックに詰め込んで出かけました。



実は今日は岐阜市内で清流マラソンが開かれていて、市内も一部交通規制が敷かれていました。
なので登山口までのアプローチは難しいのじゃないかという意見がコミュでも続々。

だけどもなごヤンさんの下調べで名古屋から北上するルートはちょうど規制に引っかからないことがわかってて、するっと登山口に到着することができました。


登山口のある岐阜公園でりーだーさんと合流し、登山開始。

今回は三人ともほどほどに登山経験があるので、一番の難所コースである馬の背コースで登ってみました。

コース入り口には「老人・子供には絶対無理です」と注意書きがあるこのルート。
前に金華山登山に来たときは使わなかったコースでしたが、その注意書きの通りの難路でした。

IMG_0782c.jpg

へばりつかないと登れないような急坂、岩場。
何度も急登が強いられます。

急な角度を登って登って、を繰り返すので、有酸素運動というか無酸素運動に近い感じで、かなり心臓がばくばくだった気がします。

ただ、その急な角度のお陰かこのルートの登頂時間は最短。
40分程度で山頂にたどり着くことが出来ました。
ちょっと後半は急ぎすぎて他二人を引きずってしまいましたが・・・。

10時40分ということで狭く混み合い易い金華山山頂もベンチに空きがちらほら。
ウッドテラスの側でお昼ご飯とカフェタイムになりました。


お昼ごはんは前日の売れ残り、アヒージョをチャーハン風に。

IMG_0783.jpg



岐阜城と一緒に撮ろうとしたけど、木々が邪魔をします。

IMG_0784.jpg




そしてこちらがデザート、フルーツゼリーとアイスカフェオレ。

IMG_0787.jpg

フルーツゼリーはミックスジュースをベースに、桃のカットをゼリー中に。柑橘系をゼリーの上にトッピングしたスタイル。

極端な日差しがあったわけじゃないのですが、運動後の体にひんやりスイーツが美味しく染みます。
ゆるーい登山でだからこそできる、贅沢なひとときです。

あ、ちなみにフルーツゼリーと一緒に作ったワインは加糖しすぎて失敗でした・・・。


ゼリー食べつつ、カフェオレ飲みつつ、山上でのんべんだらりとしていたら、気づけば時刻は13時半近く。
3時間弱のんびりしてたわけですが、この後の下山は瞑想の小路ルートで40分くらい。

登山・下山時間の倍近くゆったりまったりしちゃってました。
これもやっぱり、ゆるい登山ならではの楽しみ方なのやもしれません。
スポンサーサイト
晴れリュック。
IMG_0774.jpg

久しぶりの摩耶山リュックサックマーケット参戦。
晴天にも恵まれ、よいリュック日和でした。



あんまりにも久しぶりすぎて、おもいっしき出遅れてしまいました。
日差しが強いのはわかりきってたので、早く着いて日陰を確保しようと思ったのに、摩耶ケーブル下はこの混雑・・・!

IMG_0773.jpg

一応これでも本来の始発(今日はリュックがあるので臨時増発で9時50分始発)の10時手前到着だったんですけども。
六甲道のバス停でたまたま合流したしましまカフェのまめちおさんと一緒に、この人ごみに揉まれながら山頂・星の駅へ。ふ

ケーブルではえーちゃん、プクちゃんとも乗り合わせました。


途中、乗り換えのある虹の駅でsnatchさんの虹の茶屋を通過・・・いや、本当はのんびりしたかったけど、急がないといけない理由があって・・・!
慌しくcozyさんの忘れ物託されたり、お願いしてた新スポークもらったりしつつ、虹の駅を後にしました。



10時半にはぎりぎり星の駅に到着。
何がぎりぎりかというと、実は10時半からリュックサックマーケットの受付のお手伝いをすることになってて、それに間に合わないといけなかったので。

そんな受付のお手伝いの前にcozyさんに忘れ物をお届けダッシュ。
お届けついでにお店の場所まで分けてもらえることになりました。

おかげでお店の場所の確保の心配が要らなくなったので、のんびり受け付けお手伝い。
ウツミさん、オテル・ド・摩耶支配人の大物タッグに挟まれてました。
しがない一般市民でごめんなさいっ。



受付時間が終わったらcozyさんのところに戻ってお店の設営スタート。
テラス手前の植木の南面はプクちゃん、しましまカフェさんも並んでの青空商店街になってました。

IMG_0776.jpg


久しぶりだったせいか段取りも悪くって、設営完了まで30分くらいかけてたような気がします。

IMG_0775.jpg

何とかセッティング完了。
表情が微妙なのはカメラ方向にある太陽がまぶしかったせいです。


今回のメニューはこんな感じ。

IMG_0745.jpg
※スパイシーアヒージョは原材料が安く仕入れたので100円に値下げされました。


IMG_0754.jpg
(スパイシーアヒージョ&シーフードアヒージョ)

IMG_0753.jpg
(ソイビスコッティ&チーズビスコッティ)



あと、メニューにはのっけませんでしたが、クリア素材で作った栞も持参。

IMG_0746.jpg

IMG_0758.jpg



天気がよかったせいか食品の競合店も多い中、結構売り上げは苦戦しちゃいました。
青空仲間や、気に入って何度も購入しに来てくれたお兄さんのおかげで何とか赤字は免れましたが・・・たぶん今回のリュックで一番売れなかった食品系のお店だったと思います。

他のフード店は完売続出だったし、二軒隣のcozyさんのチャイショップは大繁盛でしたので、場所のせいというよりはアピールが足りないのだろうなぁ。
もっと大きな看板出すとか、それっぽい鍋を並べてみるとか・・・。
次回の課題です。



そういえば最終的にアヒージョを4杯くらい購入してくださったお兄さん、お話を聞くと去年の最終リュックのときにもうちの店で買い物してくれてて、気に入っててくれてたそうな。
そのとき食べたお菓子がすごくおいしかったということだったのですが、たぶんマシュマロメルのことなのだろうなぁ。
他二つはさほど感銘を与える品質でない気がすr(げふんげふん

来月も是非、と言われてしまったけど、今は土曜日が基本お仕事だからなぁ・・・むむぅ。


のんこさんたち登山チーム、おでんさん、たじーさん、きのこさん、ゆーじさん、マスター、shanさん、顔なじみさんたちもたくさん寄ってってくれました。
toko姉さんは立ち寄りついでに白熊工房の間借りでお店を展開。
ちょうど右隣にいらした出展者さんと話が合ったらしく、楽しそうにお話されてました。


会場には青空メンバー以外にもリヤカー食堂の佐々木夫妻もおみえでした。

IMG_0777.jpg

征弘さん、格好が何か虚無僧みたいです。
空き缶で作ったドラム演奏&体験ということで、小さい子がカンカンと鳴らしていました。

IMG_0778.jpg

フードメニューはピタサンド。
アンチョビ、ドライトマトなど三種類から選べました。
焼き立てなのでやっぱり美味しく、お店も行列ができてたそうです。



如月堂さんは毎回恒例となりつつあるお菓子の差し入れ。

IMG_0779.jpg

久しぶりに胡桃入りのゆべしを頂きました。
如月堂さんはビスコッティの師匠ですが、こちらの和菓子も結構好き。



ちびっこたちも相変わらず元気です。

IMG_0780.jpg



自分で作ったものが売れる売れないとかもありますけど、色んな人に会えるし、楽しいしで来ている摩耶リュック。
今月も目一杯楽しませてもらえました。

とりあえず次回のリュックサックマーケット参加のメドは立ってませんが、別な六甲山イベントの第三回xChangeKOBE(6/17)にはお手伝いで参加・出店できるみたいです。

他ではリュック以外でのフリマでも出店できるように、非食品部門で新しいことに挑戦もしてます。
なんとか形にできるよう頑張りたいです。

最近は作り手としてのエンジンがフル稼働中。
エンスト起こす前に色々やってしまいたいところです。




おまけ:我らがコーヒー王子の優雅な居眠りポーズ

IMG_0771c.jpg
東京GWログ。

続きを読む

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。