スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマザキ風サクリスタン。
最近発売になった山崎製パンのサクリスタン
会社の上司が買ってきたのですが、これがすごくおいしかったものでつい自分で作ってみたくなってやってしまいました。

普通サクリスタンはパイ生地に砂糖を振り掛けて焼いただけのシンプルなお菓子。
ヤマザキのサクリスタンはそれにケーキ生地とチョコチップを挟んであるので、しっとりな風味も楽しめるという逸品でした。

ネット上でちょっと探してみたのですけれど、そんな風に作ってる人は居なかったのでそこはオリジナルの組み合わせで補完。
タルトなどのフィリングに使われるアーモンドクリームをケーキ生地として使用し、パイ生地にサンドしてから焼いてみたらとてもうまいこといきました。

レシピはこんな風です。


【材料】(12本分)

・冷凍パイシート 1パック(アクリフーズ 300g4枚入り)
・グラニュー糖 120g前後
・[アーモンドクリーム]
  ・無塩バター 60g(室温に戻しておく)
  ・グラニュー糖 50g
  ・卵 1個
  ・アーモンドプードル 75g
  ・バニラエッセンス 1~2滴
・チョコチップ 30g


【作り方】

①パイシートを解凍して柔らかくしておく。冷蔵庫か冬場なら室温でOK。
 解凍している間にアーモンドクリームを作るとちょうどいいかも。

②アーモンドクリームを作る。
 室温に戻したバターに砂糖、卵、アーモンドプードル、バニラエッセンスを順番に加え、
 その都度よく混ぜ合わせれば完成。
 
 ここくらいのタイミングでオーブンを200度に予熱し始める。

③柔らかくなったパイシートを麺棒で伸ばす。
 厚さは2~3mm程度。
 アクリフーズのパイシートなら長方形を正方形になるように縦に同比になるよう
 伸ばしていけばOK。

④パイシートの両面に砂糖をまぶし、1枚当たりを3cm×15cmくらいの帯状に6つに切り取る。
 4枚のパイシートなので、合計24個の帯が取れます。

⑤24個の帯のうち、12枚にアーモンドクリームを乗せて一面に伸ばし、チョコチップを散らす。
 その上から帯をもう一枚乗せてクリームをサンドする。

⑥クリームをサンドした帯をねじって天板に並べ、200度で15分焼く。
 天板に乗り切らなかった分は冷蔵庫にしまっておくと生地がだれません。

⑦こんな色に焼き仕上がれば完成。
IMG_2178.jpg



アーモンドクリームにアーモンドダイスをトッピングしてみたり、シナモンシュガーを使ったりと
バリエーションは色々楽しめそうです。
自宅でパイ生地から作れる人はもっとこだわって作れそう。

ご興味ある方は是非一度お試しあれ。
スポンサーサイト
白い竜の背に乗って。
鈴鹿の山はほとんど行ってなかったのですが、知り合いが登るという話があったので謎のチャレンジ心に駆られて付いて行ってしまいました。

しかも雪中の竜ヶ岳。
SN3O0694c.jpg

標高差はさほどですが、今回利用した遠足尾根のルートは稜線まで上がってからの距離が長く、開けた風景を楽しむことが出来ます。

SN3O0697c.jpg

逆に、山頂までの距離がばっちり見えてしまい、「まだあんなに距離がある・・・」と心が折れてしまうこともあるのだとか。

特に今回は完全な雪山登山。
といっても気温は高く、晴れの陽気だったので寒さ自体はさほどありませんでした。

雪も残っているのは稜線だけ。
といってもこれが曲者で、5歩に1歩はずぼっと膝まで足を取られるというような有様。
埋まるだけではあるのですけど、何歩も足を取られると結構体力を消費します。
しかもこれが上り坂となると尚更。

SN3O0698c.jpg

それでも時には両手両足を駆使したり、尻スキーをしたりしつつ、稜線を進み続けます。

SN3O0701c.jpg

稜線を埋める白と、空の青さのコントラストは雪山ならでは。

SN3O0699c.jpg

SN3O0696c.jpg


スノーシューとか持っていけば楽だったのかもしれません。
実際、すれ違う人、追い越す人はそういう装備持参でしたし。


SN3O0700c.jpg


そして雪にプラスして山頂に近づくにつれ、段々と猛威を振るいだしたのが強烈な伊吹おろし。

風を防ぐ木々がなくなった途端、容赦なく北風が吹き付けてきます。
大の大人がまともによろけるくらいなのだから、その勢いは推してはかるべし。

まるで飛行機が頭の真上を通過したかってくらいの轟音もセットです。


基本的に無音の穏やかな世界が突然一変してしまう。
自然っていうのもなかなか怖いものです。

でもそれも普段自然に触れていないと体験できないもののひとつ。
「怖い」よりも「すごい」が先に来ちゃうのか、突風に晒されてるのに自分が声出して笑ってたのをよく覚えてます。
あれかな、絶叫コースターとかが楽しいノリとかそういうのかもしれません。


とにもかくにも、そんな雪、風、長い道のりを乗り越え、無事山頂に到着することができました。

SN3O0703c.jpg

笑ってますが、山頂も強風が吹き荒れる世界の真っ只中。寒さに耐えるので必死です。
実際5分も山頂に留まらず降りてしまったんじゃないでしょうか。


下山も雪道なのは変わりませんけれど、それでもやはり登りよりは楽なもの。
結果的に登り3時間半、降り3時間程度のコースで下山することが出来ました。

雪の状態によっては登頂も難しいと話を聞いていたのですが、暖かい天候と雪山に馴れている同行者さんに恵まれ、無事下山することができました。

山上でまったり要素ゼロの登山は本当に久しぶりで、いつもの山カフェって本当に贅沢だよなぁと身をもって感じられましたね。
普通の登山者にとってはこっちが普通なのでしょうけれど・・・。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。