スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館シリーズ読破。
有川浩の、「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」「図書館革命」全四巻を全部読みきりました。

「戦争」と「内乱」を、うちの姉様が買ってきてて、コタツの上にあったから読んでみたら、コレが結構面白くて。

続きの巻は自分で買ったんだけども、近くの本屋に売ってなくて、わざわざJRツインタワーの最上階の本屋まで足を運んでたり。あと、ハードカバーで一冊が高いってのも響いたかな・・・。

本屋の棚にはミステリーで入ってるんだけれども、本当の系統は何と言えばいいんだろう。
サスペンス性、コメディ性、ラブラブ性(?)、色んな面で面白かったんだけれども。

でも、面白いだけじゃなくって考えさせられるところもあったかな。
ちょっと本編に踏み入ったコトになるけれども、「国民が無関心なせいで、一部の人に有益な法案が可決してしまう」ということがこのシリーズの中で取り上げられてる。
それをちょっと派手に表現したのが図書館戦争、ってことになると思うんだけど、これって現実味がある話だと思う。
ネットで割と有名なのに、「人権擁護法案反対運動」とかあるけれど、それ以外にも実は色々あるんじゃないだろうか。

色々と考えされるキッカケにもなるし、面白さもあるし、是非興味があったら読んでみたらどうでしょかい。



そういえば有川浩で調べて初めて気がついたんだけど、昔に「塩の街」っていう本を出してて、部屋にそれがあったり。
SFモノとしては、結構面白い話。

この作者さんの話なら面白いのは当然だなぁ、とつくづく感じたり。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

有川さん読むなら断然「海の底」ですよ。
超オヌヌメです。
巻末に紹介されたなぁ・・・。
安かったら買ってみるかも。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。