スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八曽滝。
ふめさんとヒロが一緒にドライブしたいということで、ひじりんも合わせて四人で、少し前の東海ウォーカーで紹介されてた八曽滝まで行って来ました。
「名古屋に一番近い名水」っていうキャッチだったような。

名水つながりだったら前に郡上の名水のところまで行ったなぁ・・・。

場所は犬山市で、明治村・入鹿池の少し東。
前もリトルワールドまで車で楽に行けたこともあってか、行くまではとても楽観視していた。

そう、楽観視していたのだ。


八曽自然公園という看板を曲がって、少し入っていったところで、おかしなことに気がついた。

前に車がお尻を向けて止まっている。
道は左手が谷、右手が崖の一斜線。
追い抜くこともできないから、停車して様子を見ていると、前の車にバックランプが点灯。

ゆっくり下がってきた車をすりぬけるように、何台もの車がこっちに通り抜けている。
すべての車が通り抜けたあとに、前の車は進んでいった。

それを追っかける形で通っていくと、どうやらこの辺りの道はとっても細い山道らしく、片側は常に谷か崖、一斜線。何十mかおきに、ぎりぎり車がすれ違うスペースが設けられているくらい。

ガードレールもなく、谷側の方は舗装も落ちている始末。
ハンドル操作を誤れば、即谷へまっさかさま・・・。

今までで一番真剣に運転したんじゃなかろうかという。

対面からエルグランドが来た時は泣けた。

結局行きは崖側ばっかりだったから楽だったものの、帰りの場合を思うと気が気でなかった。

そしてあとで気がついたこと。
携帯が完全に圏外だった。

もし車が落っこちても、ロードサービスも呼べやしない。

つくづく、落ちなくてよかったなぁ、と。


なんやかんやで駐車場まで車は無事到着。

目指す滝はそこから40分くらい歩いたところにあるという。

滝がメインなところじゃなくって、キャンプ場、バーベキュー場としての貸し出しが多いところみたい。
山道を四人でてくてくと歩く。

木々があって、下がコンクリートじゃない分、名古屋よりマシだったけど、それでも少し暑かったかな。
途中、虫を見つけておっかけてみたり、わき道に逸れてみようとしたり、色々。

最近とんと山に入っていなかった気がして、水の音や虫の声が新鮮だったなー。

長らく歩き果てて、ザァーっていう特徴のある音を耳にて、たどり着いたのがこの光景。

080814_1410~01

落水点の近くに人が見えるように、水量が少なくて直接打たれても大丈夫なくらい小さな滝。
それでも久しぶりに見た滝に、おーって感心。

さすがに水着とかを用意してたわけではなかったから、滝に打たれるわけにはいかなかったけど、靴を脱いで裾をまくって、足を水につけるぐらいは楽しんでみた。

080814_1418~01

・・・サンダルじゃないから石が痛いっ。

でも冷たくて気持ちよかったー。

ひじりんはタオルをつけて冷やしてた模様。
別のグループの人はブドウ冷やしてたなぁ。

マイナスイオンとかそういうのを信じてるわけじゃないけれど、滝はやっぱりいいと思う。
も一回くらい夏の間に行けたらいいけどなぁ。


帰りは滝の水でひんやりとしていたのと、お昼もすぎたこともあってか、行きよりもずっと涼しい気がした。
それでもやっぱり疲れがあるから、カタカナ限定しりとりなんかをしつつ山道を下る。

帰り道も半ばを過ぎたあたりで、耳を澄ますとカナカナという鳴き声。

ひぐらしの鳴き声を生で聴いたのはそれこそ何年ぶりだろう。


これだけでもあの怖い道を車走らせて来た甲斐があったなぁ、という喜びと―


―あー・・・帰りもあの道走らなきゃいけないのか、という絶望のダブルパンチ。


とりあえず無事名古屋に帰っては来れました。
帰り道が空いてて良かった・・・。
... Read more ▼
名古屋に帰ってきたあとは、四人で晩御飯食べて、さらにふめさんとヒロがハナレに泊まり。

ほとんどwiiやってだらだら。

とりあえずボウリングではリベンジなりませんでした。
というかふめさん、普通にターキー出さないでください。


夜も更けて。
二人ともベッド使えばいいのに、何故かソファーで寝る。
ふめさん曰くお風呂上りでさっぱりしないとベッドには入れないとかなんとか。



あ、二人の寝顔写真撮り忘れた。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。