スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白空六甲周遊。
土曜日、お昼ごろにリュックサックマーケットの方を切り上げて、青空カフェメンバーと六甲山バスツアーに参加しました。

元々穂高湖とかをめぐる予定のツアーが、雨天のため代替プランへと変更。
ルートとしては、摩耶山掬星台→天上寺→(バス)→高山植物園→(バス)→ガーデンテラス。
阪急六甲のエンジョイパスを買ったので、施設の割引やバス・ケーブル乗り放題が便利でした。


雨+リュックの荷物を担いでという結構動き回るのにはハードな条件でしたけど、がんばって歩いたりしました。
人間がんばれば何でもできる。

あ、それと携帯電話のバッテリーが危うかったので、写真一枚も取れていません。
文字だけ読むのはしんどいって方はスルーで。



【天上寺】

旧天上寺跡ではなくて、再建された方のお寺です。
エンジョイパスを持っているとパワースポットおみくじが引かせてもらえました。
吉凶とかじゃなくて、自分に一番いいパワースポットが7種類の中から当たるというもの。

ちなみに結果は「駒の道」でした。
なんか馬が参る道らしいです。

途中、たまたま通りかかった住職さんのお話を聞かせてもらったりも。
職業柄説法なんかもするだろうからお話が上手いのかもしれませんけれど、生物とか政治とか、いろいろな方面にアンテナを張ってるような面白い方でした。



【高山植物園】

ここも初めてのスポット。

標高が高くて気温がいつも低いので、スイスなんかの高山地域の植物の栽培にも成功しているそうです。
そんな中でもエーデルワイスがここでは見られるということで、大きく案内されてました。
音楽の授業とかでは習ったけども、どんな花かは全然知らず。
エーデルワイスが「気高き白」という意味らしく、白い花弁が細く伸びた凛々しい花でした。

ここでちょっと雨足が増してきました。
霧もまた深くなってきたのですが、霧に閉ざされていく植物を眺められるっていうのも、考え方によっては貴重ですよね。
小さい頃岐阜に遊びに行ってたときも、霧に包まれた朝の山は好きだったなぁ。



【ガーデンテラス】

オープンデッキで荷物を降ろして一息。
リュックで購入したお菓子+白熊工房売れ残りなんかでお茶タイムをしました。

雨のせいか、飲食店は早くも閉まっていたものの、snatchさんがコーヒー淹れてくれるし、わんたんさんとしろたまさんはパンを炒め焼きにしてくれるしとメニューは豊富。ワッフルも液だねがまだ残ってたので焼きました。

食べる面についてなら、青空カフェメンバーはどこでもなんでもできる気がする・・・。


オープンデッキではしばらくまったりと。
ファーストエイドキット講座があったり、shan先生のヨガ講座があったりと、ゆるゆると過ごしていました。

ゆるゆると言いつつ、shanさんと話の流れで数少ない運動特技のブレイクダンス(?)をすることなって、5年ぶりの披露をしたら、いい加減無理を押してきた腹筋やら腰やらが死にました。
教訓:調子に乗って無理をしてはいけない。



【六甲ケーブル~大土神社】

だいぶ日も暮れてきてから下山。
バスで山上駅まで戻って、六甲ケーブルで下りました。

ここでわんたんさんから追加提案。
六甲ケーブル近くの川で蛍の放流がされてるらしくって、ひょっとしたら見られるかもしれないということでした。
この川沿いの散策コースの追加には迷わず全員参加。

てくてくと川沿いに歩いていくも、なかなか姿は見えず・・・ひたすらと下流へ下流へ。

暗くて危なっかしい道を進みながら着いたのが、大土神社というお社。

脇の石垣から川を見下ろすと、ちらほらと光るものが!
石垣から川はちょっと距離があって、遠くに小さく光るものがちらちらを見えている風。
2秒くらい光が線を描いては消えて、またつ点いて。
暗闇の中に2、3そんな光がありました。

遠目で見れたことにもう感動していたのですが、わんたんさんが川に下りるルートを発見。
地元の方も蛍観賞にみえてたようで、足元を照らしてもらいつつ、川へ下りました。

そしたら本当に蛍との距離が近くって、数もたくさんたくさん。
ふと見上げたら目の前を仄黄色い光が走っていったり、空でふたつの光がくるくると円を描いてひとつになったり、足元の草の先端に明滅する光があったり。
蛍のある世界でした。

思ったより蛍の光はシャープ(?)で、「蛍光灯」は本当に蛍の光なんだなぁ、とも。
でも近くで見るとやや黄色かかってた気がします。

初めての蛍、十分に堪能させていただきました。




最後の蛍の追加も合わせて、部屋に帰れたのは21時45分ごろ。
朝からリュックに参加してたことも考えると、部屋を出てから13時間近く遊びに出てたことになります。

帰り着いたときにはくたくたでしたけど、そいでもやっぱり満足した楽しさだったなぁと思います。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。