スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼菓と金華山。
前日神戸に日帰り旅行で山上へ遊びに行っていたというのに、翌日には金華山登山に参加。
どんだけ山が好っきゃねんというお話です。

とりあえず金華山は距離も標高も知れてるので、それほど装備の支度も手間取らないトコではありました。
が、問題(?)は今回もmixi関連のなごヤンさん主催企画であり、おやつを用意しなきゃという点。

おやつ用意は自分で言い出したことですが、折角自分が関わる登山なら美味しいものを付け加えたいというのがあります。

なごヤンさんはその辺りを汲んで下さるので、今回もばっちりそれっぽいイベントタイトルを命名しちゃってくれました。


イベント名:「5/20(日) mikiyaシェフと金華山


・・・いや、ちょっと待って。
 何で山と一緒に名前が並ぶの!?
  しかも「シェフ」ってついてますよ!?

すぐさまツッコミ入れましたが、リアクションは「これで良いと思います(*^艸^)」でした。


急な募集だったので参加者はmikiyaを含め、りーだーさん、なごヤンさんの三名。
以前のワッフル登山の縮小版なメンバーでした。


たった三名分。それだけ作るだけなのですが、前日神戸から家に帰り着いたのは22時過ぎ。
もうスーパーもやってないというこの状況。

材料棚に何かいいものがないかと引き開けてみたら、長らく使ってなかった透明な板きれが見つかりました。

板ゼラチン。
リュックが生菓子禁止になって以降、全然使ってない原材料でした。

これだったら原材料はジュース、果物くらいでいいので、コンビニとかでも十分確保できるし、金華山登山の装備なら保冷バッグを入れてもしんどくないし、何より山頂でひんやりゼリーが食べれるとか最高じゃない!と良いこと尽くめな脳内シミュレートがされたので、即断でフルーツゼリーが作られることになりました。

さっそくコンビニでフルーツジュースと缶詰を買ってきて、ゼリー液と混ぜ合わせて冷蔵庫に投入。
ついでに前日のリュックで売れ残ってたワインでも試しで作って入れておきました。


疲れもあって、冷蔵庫に入れたらばたんきゅーと寝てしまいましたが、翌日にはちょうどよい固さのゼリーが完成。
リュックに詰め込んで出かけました。



実は今日は岐阜市内で清流マラソンが開かれていて、市内も一部交通規制が敷かれていました。
なので登山口までのアプローチは難しいのじゃないかという意見がコミュでも続々。

だけどもなごヤンさんの下調べで名古屋から北上するルートはちょうど規制に引っかからないことがわかってて、するっと登山口に到着することができました。


登山口のある岐阜公園でりーだーさんと合流し、登山開始。

今回は三人ともほどほどに登山経験があるので、一番の難所コースである馬の背コースで登ってみました。

コース入り口には「老人・子供には絶対無理です」と注意書きがあるこのルート。
前に金華山登山に来たときは使わなかったコースでしたが、その注意書きの通りの難路でした。

IMG_0782c.jpg

へばりつかないと登れないような急坂、岩場。
何度も急登が強いられます。

急な角度を登って登って、を繰り返すので、有酸素運動というか無酸素運動に近い感じで、かなり心臓がばくばくだった気がします。

ただ、その急な角度のお陰かこのルートの登頂時間は最短。
40分程度で山頂にたどり着くことが出来ました。
ちょっと後半は急ぎすぎて他二人を引きずってしまいましたが・・・。

10時40分ということで狭く混み合い易い金華山山頂もベンチに空きがちらほら。
ウッドテラスの側でお昼ご飯とカフェタイムになりました。


お昼ごはんは前日の売れ残り、アヒージョをチャーハン風に。

IMG_0783.jpg



岐阜城と一緒に撮ろうとしたけど、木々が邪魔をします。

IMG_0784.jpg




そしてこちらがデザート、フルーツゼリーとアイスカフェオレ。

IMG_0787.jpg

フルーツゼリーはミックスジュースをベースに、桃のカットをゼリー中に。柑橘系をゼリーの上にトッピングしたスタイル。

極端な日差しがあったわけじゃないのですが、運動後の体にひんやりスイーツが美味しく染みます。
ゆるーい登山でだからこそできる、贅沢なひとときです。

あ、ちなみにフルーツゼリーと一緒に作ったワインは加糖しすぎて失敗でした・・・。


ゼリー食べつつ、カフェオレ飲みつつ、山上でのんべんだらりとしていたら、気づけば時刻は13時半近く。
3時間弱のんびりしてたわけですが、この後の下山は瞑想の小路ルートで40分くらい。

登山・下山時間の倍近くゆったりまったりしちゃってました。
これもやっぱり、ゆるい登山ならではの楽しみ方なのやもしれません。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。