スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WorldNeverLandStory。
人気の無い、夜の訓練場。

降りしきる雨の中、彼はただ黙々と剣を振り続けていた。

wnl01.jpg


冬の冷たい雨が、彼の体温を奪っていく。

しかし彼は剣を振り続けている。

まるで、世界には剣を振る腕と、踏み込む足と、斬りつける巻き藁人形しか存在しないかのように。


不意に、彼の手が止まる。

幾千、幾万もの剣戟を受けた人形の首が、彼の足元に落ちていた。

表情の無い首が、彼に語りかける。

wnl02.jpg


『理解ってるんだろう? こんな事をしても無駄だってことを。』


wnl03.jpg


「――――――――――――ッ!」

声の無い叫びと共に、彼は人形の首に剣を突き立てた。

そして首無き人形に、がむしゃらに斬りつける。

―それはあたかも

『言いたくはないが、もう君の腕は伸びないだろう。』

―まとわりつく

『止めたまえ! そんな無理をしたら体が壊れるぞ!』

―多くの忌まわしき言葉を

『君の夢は、叶わないんだ。』

―切り捨てようとするかのように。


wnl04.jpg


降り止まぬ雨の中、剣戟の音もまた、止む事は無かった。
... Read more ▼




~解説~

この話はPS用ゲーム『WorldNeverLand2』の実際のキャラクターに起きた事を元に作りました。
このゲームでは、プレイヤーは自由にキャラクターメイキングが出来、仕事をやりまくってお金を稼いだり、武術に励んで大会で優勝したり、のんびりその日暮らしをやったりできます。

このゲーム、従弟に貸してたのが戻ってきたので久々にやってみたのですが、まず最初にどういう風な人生をやらせようか決めてみました。

極限まで武術に励み、世界最高の大会で優勝すること。

それを目標とした一人のキャラクターを作り、ひたすら武術練習に明け暮れました。

他の全てを省みず、訓練場に通い詰めの日々。それが(ゲーム時間で)一年が過ぎたとき、一つの事実が明らかになりました。

成長限界。

このゲームにはある程度素質のようなものがあり、その限界以上はいかなる訓練を行なっても上昇しなく(上昇させてもしばらくするとランクダウンされる)なるのです。

彼の成長限界では、大会でも中堅クラスまでしかいけないぐらいでした。
彼の目標は果たせない物となったのです。


~あとがき~

何かくらーいお話ですが、こういうの書くのは初の試み。

挿絵がちょこちょこ入ってますけど、全部大学の講義中暇な時に描いたものですが、最後の一枚は明らかに手抜きですw

ワーネバというゲームは暇つぶしには持って来いですが、やっぱりこういうような素質の壁に当たるのは辛いところですね。まぁそういう問題はそのキャラクターの子供へと色々受け継がせることで解決していくものなのですが、今回は彼の切なさがナー。

人生の転機として、彼には別の人生を歩ませるか、それともまだ武術に固執させるか、まだ決めておりませんが、いずれにせよ彼の人生としてさっぱりとした終わりをさせてあげたいと思ってます。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

せんせー、原稿まだですかー?
せんせー、原稿まだですk(繰り返し
原稿というのは迷作の原稿なんですけど、まだですかー?(ぉ
作者急病につき・・・
た、担当さん、年内には完成させますから~・・・。たぶん。(ぉぃ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。