スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のんびり茶臼山。
天候不順が多く、名古屋に帰ってきてからなかなか山に登れませんでしたが、やっとこ登ってきたのは長野県と愛知県の境にある茶臼山(1,415m)。

本当はアルプスとか御嶽とか狙いたいところだったけれど、前日が飲み会だったのでそれほどきつくなくて、かつこの暑い時期でも涼しそうな山ということでそちらに。
一応愛知県最高峰ですが、山頂周りのレジャー開発が進んでいるので駐車場からの高低差は200m程度。
ファミリーでも楽しめるハイキングスポットです。


車で移動したのですが、登山口のある茶臼山高原まで3時間。
途中、同行してくれる友達を各務原で拾ったせいもあるけれど、遠い。
さすが愛知県の北東の端。

これだったらアルプスのが同じくらいの時間かけてで達成感あるような・・・行くの適した高速道路があんまりないのがネックです。


登山ルートは『名古屋周辺の山200』を元に、あてび平Pからのつもりだったのですが、実際に自分が車を止めたのが本当にそこだったか定かじゃないです。

小鳥茶屋から少し進んだ道の脇に駐車スペースがあったのですが、看板もなにもなかったし・・・。
他にも駐車してる方がいたので、とりあえず停めさせてもらっちゃいました。

小鳥茶屋まで戻ったら、ちょうど人がいたので登山ルートについて訊いてみると、地図をもらえました。
案内板もその近くにはあんまりいいのがなかったので大助かり。
方角を確認しつつ車道沿いに茶臼山方向へ進み、右手に見えた入り口から自然観察路へ入っていきました。

IMG_1427c.jpg

分岐から西向きに進むと、まるで門柱のように路を挟んで並んだ二本の木がありました。
その間を抜けて、さらに進みます。


平坦ながらも、湿地交じりで足元が危うい緑の路。
途中板の上をすべりながらも歩いていきます。

IMG_1433c.jpg

結構野放図的に育った自然は、何かジブリっぽいものを感じます。


IMG_1434c.jpg

IMG_1431c.jpg



IMG_1428c.jpg

IMG_1430c.jpg

時折見られる石製のベンチやテーブルは、もはや苔のための台座です。


IMG_1432c.jpg
これが育つとキッコロになります(違


一度車道に出て、茶臼湖やカエル館を通過して再び山道へ。

IMG_1435c.jpg

この辺りから上り坂になってきます。

そこからは雷岩というスポットまで一直線ということで、ひたすら登ります。

と、10分も立たずに巨岩が現れました。

絶妙なバランスで立っている巨岩で、下の隙間に人が入り込めます。

IMG_1437c.jpg<ギャー 潰されるー


これが雷岩かと思ったのですが、雷岩は「がんばれば登れて、見晴らしはそこそこ」というものだったのを思い出しました。
この岩は大きくて登りやすそうなのですが、実際周囲も切り立ったような岩でつかむとっかかりもなく、たぶんこれは違うのだろうと思いつつ、さらに上へ、上へ。


そしてまた現れた巨岩。

IMG_1438c.jpg

今度は登山道からひょいとその岩の上には乗れる・・・乗れるのですが、岩上は木が生い茂ってて歩きにくい+痛いという。
なんとかかき分けて上から下を覗き込んでみました。

IMG_1458.jpg
(みきやを探せ 難易度:★☆☆☆☆)


乗ることは出来たのですが、やっぱり木が邪魔で見晴らしはよくないという風。
残念と思いながらさらに登ると、今度は「雷岩」と書かれたプレートが!


実はさっきのも勘違いだった模様。
改めて雷岩(本物)によじ登ってみました。

IMG_1457.jpg

とっかかりもあるし、表面も滑りにくいので登るのは楽。
降りはちょっと急だったけれど。

IMG_1439c.jpg

これが雷岩からの眺望。
朝一は雲ひとつなかったんですが、段々と曇ってきてます・・・。


ここから一気に登って、天気の崩れる気配もないうちに山頂の展望デッキに到着。

IMG_1440c.jpg

展望デッキは二つあるのですが、こちらは鉄鋼っぽい高いデッキ、もう片方は少し西にある木製のデッキ。

こちらから360度で茶臼山を一望できました。

IMG_1442c.jpg

IMG_1439c_20120828004133.jpg

IMG_1441c.jpg

IMG_1443c.jpg

デッキ最上部は日差しをさえぎる屋根がなくても、ちょうどいい山風で涼しげなとこでしたね。

IMG_1451c.jpg


ひとしきりのんびりしたら、西へ進んでもう片方の展望台へ。
といっても歩いて5分くらいのすぐそこなのですが。
こちらには三角点や石碑があります。

IMG_1445c.jpg

IMG_1444c.jpg


大体ここに到着したのが一時間くらい。
コースタイム標準でしたが、実際道草は多かったので、歩くペースがよかったかもしれません。


そしてデッキの日陰に隠れてお茶タイム!

IMG_1447c.jpg

既製品のシリアルハニーのおこしと、カボ茶、それと自家挽きのコーヒー使用のカフェオレ。
急な支度だったのでこんなものです。

IMG_1448c.jpg

IMG_1449c.jpg

かぼ茶はフリマ販売の試験も兼ねてたのですが、問題なく淹れれました。
どちらかというと問題は殻付きのカボチャの種をどこで仕入れたものかってことかな。

かぼ茶はアイスが作れないのでホットでしたが、涼しい山風があって気持ちよく、ちょうどいいくらいの温度でいただきました。


一時間くらい山頂でお茶したら、今度は下山。
だいたい40分くらいだったかな。
無事、車まで戻って来れました。

登山としては物足りないかもだけど、くつろぐにはちょうどいい、そんな山じゃないですかねー。
実際Tシャツにジーパンな集団もいたし・・・。

逆に「そんな大げさなもの背負って!」といわれてしまうほど。
でも今日のザックはいつもの35Lよりも小さい24L!
いつものザックだったなら、何て言われてたんだろう・・・。


ともあれ、もうそろそろ9月。
9月のうちにアルプスとか登っておきたいところですねー。
さすがに雪がある時期に登るほど命知らずではありませんよっ。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。