スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅しら。
漬け始めてから一ヵ月半、梅シロップがようやくできたみたい。

CA3C0924.jpg

実はこの段階になったのは一週間以上前で、そこから慌しくてずっとほっとかれt(ゲフンゲフン


ともあれ、果実酒瓶からタッパーへ移して冷蔵庫へ。



試しに水割りで飲んでみることに。

CA3C0925.jpg

これは水とシロップが1:1だったのだけど、これがめちゃくちゃ甘かったー。
シロップ少量でも十分味が出そうな濃さと甘さ。

あとやっぱりリカーが入ってる分、アルコール感がある風。

ゼリーにも使ってみたいなぁ。
油断すると全部水割りで飲んでしまいそうだけど。
つけはじめ。
きなちに梅を2kgばかりもらったので、梅シロップを作ることにしました。

CA3C0842.jpg

梅酒より砂糖多め、お酒少な目の配合。
レシピサイトによっては常温保管が出来ないと書いてあったのだけど、ホワイトリカーを入れるなら常温でもいけるみたいだったので、そちらで挑戦。

冷蔵保管しようにも、こんな大きな瓶冷蔵庫に入りませんってば。

完成には一ヶ月くらいだとか。
せっかくだから美味しく仕上がってくれるといいなぁ。




先週末、会社帰りの空。
CA3C0835.jpg CA3C0836.jpg
ほぼ同じタイミングで撮影した、東と西。
赤と青、陽と月の対比と、紅色になった空が何か印象的でした。
噂の『塔』。
ロッテリアの一部店舗限定販売のタワーチーズバーガーのポスターが、モザイクの神戸ハーバーランド店に飾ってあったのでついつい食べに入ってしまいました。
ちょっと遅めの朝ごはんを食べた後だったので、食べきれるかが少し不安だったけども。

タワーチーズバーガーはチーズバーガーにパティが10枚挟まってて、間にもチーズが一枚ずつついているという、ロッテリアってこんなに思い切ったもの作るのか、というハンバーガー。
元々「チーズバーガーに+160円で一枚パティ追加」というシステムの延長で、10枚セットにした場合がこれになるみたい。
10段だと確かちょっと割引になって990円。セットだと330円+の1,320円。

で、注文してから2、3分待って店員さんが持ってきてくれたのがこれ。

CA3C0750.jpg

二重の紙包みを開くと出てきたのは―

CA3C0751.jpg

わー、何かキノコみたい(違

並んでるドリンクのサイズはMサイズ。
おおよそ高さにして12cmほど。当然横から食べるコトなんてできやしない。

持ち帰りだったら分解して食べるってこともできるんだろうけど・・・。

とりあえず食べ方としては上から螺旋を描くようにぐるぐるとかじっていくこと。
そうすれば何とか口周りがちょっと汚れるぐらいでなんとか食べれます。
けど、一回しくってメガネが汚れてしまったのは内緒。

味については絶品・絶妙を謳うロッテリアのバーガーなので悪くないのですけど、ほとんどパンがオマケ状態になってて、食べてるのはほとんど肉とチーズ状態。
量よりも、その単調な味に途中から食べあぐねてしまうこともあるやも。

実際「ハンバーガーを食べている」じゃなくて「肉にかぶりついている」状態だったしなぁ。


汚い食べ方になってしまったらあれだから、と極力隅っこの方の席を選んだのだけど、ちょうどバーガーが届いたころに子連れのお客さんが近くにやってきてて、小学生くらいのお嬢さんがこっちのバーガーの異常さ(?)に気がついて食べるさまをずっとガン見されてしまいました。
まぁ、こんなのあったら気になるよなぁ。


食べ終わるまで大体10分程度かかったかな。
やっぱりボリュームがすさまじくて、お昼に食べたら晩御飯が食べれないくらい・・・。
対費用を考えるとちょっといいかも。
あ、駄目だ。チーズが多すぎてカロリーがとんでもない。
虚空。
この前名古屋に帰っていたときに、友達と大須のマジックスパイスというお店に行ってきました。

基本はカレーで、色んなトッピングや辛さの調節ができるという風。
サイドメニューやデザートも結構豊富。

なかなか飽きさせないお店だと思う。


初めて来てみて、辛さ調節のネーミングセンスがなかなか。

CA3C0708.jpg

ココイチとかだったら数字だけど、なんだかいちいち格好つけてる。
・・・あれ、「天空」の英字ってラピュタ?
ジブリ作品にもあるけど、語源は結局なんだろうか。


さて、これだけ辛さ調節の幅があるわけだけど、ここでどれを選ぶべきか。




当然、最高ランクの「虚空」一択




突っ走るなら最上級。
周りのマジックスパイスの経験者は涅槃とかで抑えているのもどこ吹く風。
「あとで泣いても知らないからな」「これだからmikiyaは・・・」とか言われても、逆にもっと挑戦したくなるのがmikiya魂。



CA3C0709.jpg

チキンカレーの虚空。
カレーというか、醤の色のようにも見える・・・。

一応生命線としてラッシーも注文。



どれほどの辛さか予想できなかったので、わくわくしながら最初のひとさじ。


ある程度予想していたけど、辛いというより痛い&熱い
かといって手元の冷水を飲むと、すっきりした口で逆に辛さが引き立ってしまうのでひたすらカレーをかっこむ。

食べられない辛さではなかったのだけれど、おいしいとも思えなかったのがちょっと残念。
ネタで辛いものに挑戦するのはよかったけど、折角のカレーを辛い辛いばっかりで終始してしまうのはもったいなかったかな。

あとやっぱり、カレーはライスよりもナンのが好きだー。
大事なものが抜けたなら。
CA3C0639.jpg

これ、昨日の晩御飯のグラタン・・・もどき。

というのも、材料に使うはずだった牛乳を、その直前の食事で飲みきってしまったので、このグラタンもどきにはホワイトソースが使われてなかったりする。

作り方
①油を温めた鍋で、カットしたたまねぎ、じゃがいも、ソーセージ、ニンジンを炒める
②水・コンソメ・塩コショウ・小麦粉を足してかき混ぜる
③器に移し変えて、チーズを盛り付けてオーブンで焼成。

そもそもちゃんとレシピを読んだことがないから、牛乳使ってないコト以外にも色々間違ってそう。


で、これを作りながらmixiのボイス機能で「牛乳抜きで作ったら、何になるのだろう」と呟いたところ、何件が反応があったのでちょっと取り上げてみる。




>牛乳なしのグラタンは多分小麦粉グラタンだとおもう

材料は抜けてるのに、名前は伸びたミステリー。
一瞬「小麦粉グルテン」と読んでしまったのは職業病。


>グラ。

え、これの片割れ?


>牛乳抜きでグラタン作ったら小麦粉とその他の固まりになるんじゃなかろうか

そう言われてしまうと、食べ物ではない何かを作ってしまった気分に。


>クッキー作ろうとして小麦粉入れ忘れたおいらが通りますよ。 砂糖の塊になったな…。

チュイルとかだったら粉がそんなに入ってなくても焼けるから、いけるんじゃ・・・と思ったけれど、ちゃんと確認したらバター、砂糖、小麦粉は同量使ってあったりしました。




COOKPADでグラタンのレシピをちょっと覗いてみたのだけれど、レシピ名に「牛乳グラタン」とあるのがちらほらと。
これを考えると、牛乳なしのグラタンもあるってことで、逆に言えばグラタンには必ずにも要らないってことになる・・・のかなぁ?
調べてみたら何かわかるやも。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。