スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白空六甲周遊。
土曜日、お昼ごろにリュックサックマーケットの方を切り上げて、青空カフェメンバーと六甲山バスツアーに参加しました。

元々穂高湖とかをめぐる予定のツアーが、雨天のため代替プランへと変更。
ルートとしては、摩耶山掬星台→天上寺→(バス)→高山植物園→(バス)→ガーデンテラス。
阪急六甲のエンジョイパスを買ったので、施設の割引やバス・ケーブル乗り放題が便利でした。


雨+リュックの荷物を担いでという結構動き回るのにはハードな条件でしたけど、がんばって歩いたりしました。
人間がんばれば何でもできる。

あ、それと携帯電話のバッテリーが危うかったので、写真一枚も取れていません。
文字だけ読むのはしんどいって方はスルーで。



【天上寺】

旧天上寺跡ではなくて、再建された方のお寺です。
エンジョイパスを持っているとパワースポットおみくじが引かせてもらえました。
吉凶とかじゃなくて、自分に一番いいパワースポットが7種類の中から当たるというもの。

ちなみに結果は「駒の道」でした。
なんか馬が参る道らしいです。

途中、たまたま通りかかった住職さんのお話を聞かせてもらったりも。
職業柄説法なんかもするだろうからお話が上手いのかもしれませんけれど、生物とか政治とか、いろいろな方面にアンテナを張ってるような面白い方でした。



【高山植物園】

ここも初めてのスポット。

標高が高くて気温がいつも低いので、スイスなんかの高山地域の植物の栽培にも成功しているそうです。
そんな中でもエーデルワイスがここでは見られるということで、大きく案内されてました。
音楽の授業とかでは習ったけども、どんな花かは全然知らず。
エーデルワイスが「気高き白」という意味らしく、白い花弁が細く伸びた凛々しい花でした。

ここでちょっと雨足が増してきました。
霧もまた深くなってきたのですが、霧に閉ざされていく植物を眺められるっていうのも、考え方によっては貴重ですよね。
小さい頃岐阜に遊びに行ってたときも、霧に包まれた朝の山は好きだったなぁ。



【ガーデンテラス】

オープンデッキで荷物を降ろして一息。
リュックで購入したお菓子+白熊工房売れ残りなんかでお茶タイムをしました。

雨のせいか、飲食店は早くも閉まっていたものの、snatchさんがコーヒー淹れてくれるし、わんたんさんとしろたまさんはパンを炒め焼きにしてくれるしとメニューは豊富。ワッフルも液だねがまだ残ってたので焼きました。

食べる面についてなら、青空カフェメンバーはどこでもなんでもできる気がする・・・。


オープンデッキではしばらくまったりと。
ファーストエイドキット講座があったり、shan先生のヨガ講座があったりと、ゆるゆると過ごしていました。

ゆるゆると言いつつ、shanさんと話の流れで数少ない運動特技のブレイクダンス(?)をすることなって、5年ぶりの披露をしたら、いい加減無理を押してきた腹筋やら腰やらが死にました。
教訓:調子に乗って無理をしてはいけない。



【六甲ケーブル~大土神社】

だいぶ日も暮れてきてから下山。
バスで山上駅まで戻って、六甲ケーブルで下りました。

ここでわんたんさんから追加提案。
六甲ケーブル近くの川で蛍の放流がされてるらしくって、ひょっとしたら見られるかもしれないということでした。
この川沿いの散策コースの追加には迷わず全員参加。

てくてくと川沿いに歩いていくも、なかなか姿は見えず・・・ひたすらと下流へ下流へ。

暗くて危なっかしい道を進みながら着いたのが、大土神社というお社。

脇の石垣から川を見下ろすと、ちらほらと光るものが!
石垣から川はちょっと距離があって、遠くに小さく光るものがちらちらを見えている風。
2秒くらい光が線を描いては消えて、またつ点いて。
暗闇の中に2、3そんな光がありました。

遠目で見れたことにもう感動していたのですが、わんたんさんが川に下りるルートを発見。
地元の方も蛍観賞にみえてたようで、足元を照らしてもらいつつ、川へ下りました。

そしたら本当に蛍との距離が近くって、数もたくさんたくさん。
ふと見上げたら目の前を仄黄色い光が走っていったり、空でふたつの光がくるくると円を描いてひとつになったり、足元の草の先端に明滅する光があったり。
蛍のある世界でした。

思ったより蛍の光はシャープ(?)で、「蛍光灯」は本当に蛍の光なんだなぁ、とも。
でも近くで見るとやや黄色かかってた気がします。

初めての蛍、十分に堪能させていただきました。




最後の蛍の追加も合わせて、部屋に帰れたのは21時45分ごろ。
朝からリュックに参加してたことも考えると、部屋を出てから13時間近く遊びに出てたことになります。

帰り着いたときにはくたくたでしたけど、そいでもやっぱり満足した楽しさだったなぁと思います。
飛騨高山。
社内旅行で飛騨高山へ行ってきたので、その写真なんかをぺたぺたと。


一日目。

名古屋まで新幹線で移動して、そこからバスで北上。

まずは郡上八幡へ寄って食品サンプル作りの工房へ。

パフェとてんぷらのサンプルが選べたので、パフェに挑戦。

SN3O0273.jpg

フルーツや寒天を模したブロックと、メロンソーダ風のゼラチン液をカップに詰めて、グルーガンみたいなのでクリームを絞ってできあがり。

SN3O0274.jpg

食べるな危険。



そのあとは郡上八幡を散策。
実は4年前にも遊びに来たことがあって、その頃を思い出しつつぶらぶらと。


SN3O0275.jpg
(2011/06/11)

g-12.jpg
(2007/06/17)

日本の名水『宗祇水』のお社の近くで撮影した写真の比較。
同じ六月でも、青空いっぱいのときのがやっぱり綺麗。
町並みは変わってないみたい。


裏路地を歩いているとき、手すりに干されているアヒルの抱き枕を見つけてデジャヴ。

SN3O0277.jpg
(2011/06/11)

g-21.jpg
(2007/06/17)

4年前に干されていたのはブタの抱き枕でした。

違う家なのだけど、郡上八幡の家では動物抱き枕が定番なんだろうか・・・。



郡上八幡の次は白川郷の合掌村へ。
小さいときに来たことあるらしいけれど、ほとんど忘却のかなた。

SN3O0278.jpg


展望台から見下ろす合掌村。

SN3O0280.jpg

田んぼに反射している空がいい感じ。
展望台から下って村落を歩いていったのだけど、自由時間が少なくってほとんど通り過ぎる感じだったという。



二日目。

奥飛騨の新穂高ロープウェイを使って西穂高口駅へ。

SN3O0298.jpg

二階建てのロープウェイのゴンドラ。
登っていく速度は結構速くて、途中鉄塔を通過した時はアミューズメントパークの乗り物っぽく揺れるという。
おへそ辺りがふわっとするあの感じ。



西穂高駅の屋上の展望台は360度のパノラマ。

奥穂高、槍ヶ岳などなど・・・まだ雪が残っている山々が連なってます。

SN3O0292.jpg

SN3O0294.jpg

遠くには雲海も。
mixi持ちの方は動画もUPしたので、そちらもどうぞ。


SN3O0299.jpg

しらかばー。
白樺をよじ登ると一年牢に落ちるので気をつけましょう。



西穂高のあとはまた高山に戻って、「まつりの森」という飛騨高山祭の山車を展示している博物館へ。

SN3O0300.jpg

山の中に作られたコンクリートドーム上の中に安置されている山車。
どどーんと存在感がすごいです。


SN3O0302.jpg

山車に仕込まれているからくり人形の実演なんかも。


SN3O0303.jpg

併設された展示より、筋骨隆々な河童。
・・・昔の人は何を考えたのかよくわからない。



いろいろとばたばたぐるぐると回ったのだけど、好きなものをのんびりという雰囲気じゃなかったのが残念。
まぁそこは団体様旅行だからしょうがないトコロ。
青空BBQ。
今日は青空カフェ関連で、わんたんさん主催のバーベキューに参加してきました。

前のリュックで購入した青空カフェに袖を通し、前日に用意したお菓子と、敷物と、食器等々をリュックに詰め込んで出発。

あ、お菓子は久しぶりに生マシュマロを作りました。

SN3O0246.jpg

ベースにしたジュースはりんごジュースとグァバジュース・・・なのですが、グァバの方が思ったより薄くって、味も色も特徴がだせなくって、一様に真っ白けっけに。
無念である。


集合場所の王子公園駅に着くと、同じく青空カフェTシャツを着ている方々が目立ってて丸わかり。
なんと今回のイベントには25名(たぶん)が参加。
小学校のころのクラスの人数とおんなじくらい・・・。
この時点で全員の名前と顔を完全に覚えきるのを諦めてました(こら

集まった一行はまずバーベキューための食材を求めて水道橋商店街へ。

SN3O0247.jpg
※端から端まで、今回のイベント参加の皆さんです


前もって会計担当の方に一定金額を集めておいて、欲しいものがあったら会計さんを呼んで支払ってもらうというシステムでお買い物。
鳥取県産のトマト買ったり、キムチ買ったり、バナナ買ったり・・・。

SN3O0248.jpg

最初設定は2,000円だったのですが、最後に余ったお金のペイバックで800円返ってきたので実質食材費1,200円。
結構好き勝手にたくさん買ってしまってたのですが、最終的には食材も余ってしまうくらいだったという。


バーベキューする場所は都賀川の橋の下。
直射日光の当たるところだったら日射病やら熱中症やらが心配な天気でしたけど、ちょうど涼しいポイントをわんたんさんに確保してもらってました。

SN3O0249.jpg

SN3O0250.jpg

SN3O0251.jpg

食材もメンバーも揃ったのでバーベキュースタート。
水を汲んできたり、食材を切ったり、焼け具合を管理したりとてんやわんや。

SN3O0254.jpg

そんな合間にもちょこちょこと食べつつー。

途中から火の前にずっといて暑くなったので、川にずっと足を浸してました。
深さは20cmくらいだったのだけど流れが急で、ひざ下までズボンがずぶぬれ。
だけども冷たさが気持ちよくって、長らーくそんな風につかりながら火と格闘してました。

SN3O0255.jpg

SN3O0256.jpg

いいお天気だったので、水から離れるとすぐ乾いてしまうというのもあったんですけどね。


SN3O0253.jpg

水平な場所でないとコーヒーが淹れられないので、日向で作業をせざる得なくなったsnatchさん。
今日はハットがおしゃれです。


SN3O0252.jpg

しましまカフェさんのところからはこんなアレンジのかわいい袋に詰まったひつじ型のクッキーが。
肝心のひつじは撮り忘れ。


SN3O0257.jpg

暑い夏にはやっぱり西瓜です。


SN3O0258.jpg

ふと見やると揃って並んでたのでつい撮影。
何で並んでしまったんでしょうか。



この辺りでちょこちょこと後発メンバーも到着。

スイーツ男子のせいろんさんからはバナナケーキの差し入れがありました。
は、写真撮り忘れてた。
とりあえずしっとりとバナナの甘さが出てて美味しかったです。

せいろんさんとは初めてお会いしましたが、同い年で同じような趣味の人ってほっとんど居なかったので、話ができてよかったです。
さわやか系で、もう片方のスイーツ男子の芋っぽさとはえっらい違いますヨ。


夕方に差し掛かってきたころに片づけをして、丸山公園まで移動。
結構しんどく続く上り坂をてくてくと、最後にはわんたんさんとかけっこして駆け上がった先にあったのは、神戸を一望できる風景でした。

SN3O0259.jpg

SN3O0260.jpg

ちょっと曇ってたのであれですけど。


SN3O0261.jpg

振り返って山手側もいい眺めだったので、トイデジモードで一枚。

上り坂をがんばって登ってきた割にはみんな元気で、いろんなことしてました。


SN3O0262.jpg

公園備え付けの遊具で遊んでみる。
何故だろう、青空カフェイベントではあらゆる遊具を遊び倒してる気がする。
主にsnatchさんが率先してますが。


SN3O0263.jpg

ドッジボール+フリスビー=ドッジビー、だそうです。
snatchさんが最後まで活躍してましたけど、悪役顔で相手チームを追い詰めてたせいで株が急落したとかしなかったとか。
その表情をカメラに収められなかったのが残念です。

結構投げる機会が回ってきたんですけど、結構思い通りには飛ばないものですねぇ。
投げる競技は基本的に苦手です。


SN3O0264.jpg

shan先生による青空ヨガ教室。
決して宇宙との交信を試みているわけではないのであしからず。

メニューの中に、小学校の頃体育の授業でやらされてた「かえるバランス」があったんですけど、これって他ではあんまりやらないことだったんだろうか。


元々後半は蛍を観に行く予定だったのですけど、こっちはこっちでとっても楽しかったです。
ヨガで肩がぐえぇってことになってますが。

公園から下り始めたのは夜の七時すぎくらい。
そんなこんなでお昼からずーっと遊び続けてたわけでくたくた・・・。
油断したら泥のように眠ってしまいそうです。

寝てしまう前に、企画してくださったわんたんさん、ありがとうございました&参加された皆様、お疲れ様でした。
また次のイベントでご一緒する機会があったらよろしくお願いします。


とりあえず決まってるのは7月頭のよこちゃんの掬星台のハイクと、しろたまさんが帰り際に話してた流星群を観に行く予定のやつかなぁ。
そのときにはちゃんと参加された皆さんの名前覚えるようにしよう(何
ひつじカフェ@掬星台~六甲牧場。
青空カフェのイベントで、六甲牧場のひつじと戯れる「ひつじカフェ(昼の部)」に参加してきました。

本当は今日は仕事のはずが、GWでの土曜日出勤の調整のせいでお休みに。
その時点では参加が締め切られてたので、掬星台でのチャリティー青空カフェにお菓子の提供だけして、見晴らしの良い山頂で笛の練習でもしてようかと思ってたのですが、snatchさんからお許しいただいて混ぜてもらえることになっちゃいました。

元から登山するつもりなかったので、一人だけ格好がえらく浮いてましたけど・・・。


SN3O0201.jpg

SN3O0202.jpg

青空カフェに提供したのはマシュマロメルとチーズのビスコッティのセット。
本当はひつじカフェのイメージに沿うように、ふわふわの生マシュマロも考えたんですけど、要冷蔵なので袋詰めには適さないんですよね。

一袋100~150円で、売り上げは石巻へボランティアへ行かれるsnatchさんへのカンパ回しにさせてもらいました。


SN3O0204.jpg

SN3O0205.jpg

SN3O0064.jpg

今日はひつじカフェということもあって、ラテアートはひつじです。
たぶんモデルはCAFELINKさんのロゴ。


SN3O0203.jpg

しろたまさんにゆず白玉ゼリーいただきました。
ひんやりもちもち。
普通の白玉は苦手なのだけど、豆腐を使ったというこの白玉はおいしく食べれました。


掬星台でデザート&コーヒータイムが終わったら、歩いて六甲牧場方面へ。
車道沿いのアップダウンも激しくない道をゆるゆると。


SN3O0206.jpg

途中、前回のブックカフェでは行けなかった穂高湖にもちょっと寄り道。
桟橋で昼寝している人がいますよ。

冬だと凍った湖でスケートもできるんだとか。


一時間ほど歩いて、六甲牧場に到着。

SN3O0209.jpg

広い牧場内のそこかしこにひつじが!

SN3O0210.jpg

撫でられようが鼻ぶつかるほど顔寄せようが逃げない子もいれば、近寄るだけで逃げ出すような子までいろいろと。

SN3O0213.jpg

SN3O0214.jpg

そこそこ標高が高いところにあるからか、山の向こうには海もちらっと見えます。


SN3O0211.jpg

牧場といえばソフトクリームですよね!


SN3O0217.jpg

六甲牧場内でもっとも標高が高いゴールデンポイントからの眺め。
たどり着くまでののぼりがかなりしんどかったですよ。


最近は黄砂がすごかったり、急に天候が崩れがちだったたりとか、心配なところはあったのですけど、快晴に恵まれたひつじカフェになってよかったです。


牧場の後はCAFELINKさんで、夜の部(草食プレート&ひつじDVD鑑賞会)なんかも予定されてたのですが、そちらこそ人数が増えても問題だろうし、元町にSHEENAが路上やってそうな気配があったのでそこまでで引き上げさせてもらいました。

掬星台までまた歩いて戻ってたのですけど、道中山間に向かって「SarryGardens」「第九」等を吹き鳴らしてたのは内緒です。
割とよく響きますね、音が。
雨に降られて。
今日は本当は青空カフェの企画で、摩耶山・穂高湖までオススメの本を持ち寄ってくつろぐというブックカフェの日だったのですが、生憎の雨天で中止となってしまいました。

代わりにカフェオフ企画で、CAFE LINKさんと白馬堂さんをはしごしようというお話に。


LINKさんではyamsaiランチ(\900-)いただきました。
有機野菜の根菜ポトフは味がしっかり染みてて美味です。
SN3O0176.jpg

そういえば名古屋で有名なモーニングでついてくるパンって大概食パン・トーストでそれ自体に味が無くって、バターやジャムとかで味をつけて食べるのが普通な印象があります。
逆に神戸はそのまま何もつけずに食べられるおいしいパンを出してくれますね。


LINKさんでは二時間ぐらいだらだらと雑談しつつくつろがせていただきました。

青空カフェ企画初参加の方もいて、なかなか面白いお話も聞けたりしました。

電車に乗って日本一周だけする(途中で観光目的で下車しない)話とか、小学生の頃からコーヒーをブラックで飲むことに目覚めた話とか。
相変わらずよこちゃんはいじられキャラでした。

ところで青空カフェの企画は何回か参加してますけれど、毎回女性比率のが高い気がします。
同世代の男性とかで需要は無いのかな・・・とちょっと思ってみたり。



白馬堂さんは、リュックサックマーケットなんかでお会いしてたりはしてたのですが、お店に行くのは初めて。
お店にはみっしりと登山グッズが並んでました。
トレッキング程度のにしか出ない自分にはしばらく縁がなさそうだなーと思いつつ、コンパスやランタンに憧れてみました。

ちょうど今日はマキさんが新しい六甲Tシャツの納品に来る日だったので、一緒に見せてもらうことに。

ただついでに来ただけなのに写真に撮らせてもらうのは恐れ多くてやってませんが、ROKKOのロゴ入りのカラフルなTシャツは素敵でした。イノシシマークのかわいさも増してます。
そのうち青空カフェTシャツも作るかもなそうで、そちらにも期待。

ゆくゆくは白熊工房Tシャツも・・・! 需要がありませんかそうですか。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。