スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぷちベルギーワッフルストラップ。
IMG_1892c.jpg

以前から取り組んでいたベルギーワッフルストラップですが、この度ワッフル部分のサイズと生地をリニューアルしてみました。

ミニチュアブレッドと同じ生地を使うことで、油気の減少と生地の丈夫さが少しアップされました。
サイズも小さくなったので、携帯とかのストラップにもぎりぎり使えるラインだと思います。

フリマなんかで並べてても、人目は引くのですがちょっと大きすぎるっていう印象を持たれがちだったので、リニューアルに踏み切ってみました。
今年販売の機会はなさそうですけど、来年のためにちょこちょこ作り溜めしておこうと思います。
雪の中の交換会。
悪天候のため延期になってしまっていたxChangeKOBEに遊びに行ってきました・・・が、タイトルの通り実は延期日もお天気は雪。
ちらちらと雪が舞い散る中、暖かい天覧台内のヒルトップギャラリーで開催されていました。

IMG_1873c.jpg

前回は自分の服を忘れてしまってたのですが、今回はばっちりと持参してきました。

もう着なくなったデザインのパーカーを2枚、白黒のボーダーのカーディガン、耳当てつきのニット帽、夏用のサンダル。

自分ではもう使わないけれど、捨てるのも何か―ということで取ってあったこういうのが、xChangeにはぴったりなんじゃないかなぁと思います。


今回はのんびりとやってきてたので、到着した頃にはすでにたくさんの服が並べられてました。
そこにひっそりとエピソードタグをつけた自分の服を紛れ込ませます。


非常に寒い日だったけれど、お客さんの姿もちらほらあって、楽しんでもらえてるように見えました。


ただ着るものよりも食い気に関心があるのがmikiyaの常で、今回も出店されてた穂の薫さんのパンに心奪われてたり。
IMG_1874c.jpg

あとは先月のブックカフェで出店されてたSlowCafeさんのカレーやぜんざいを美味しく頂いてたり。

花より団子とはまさにこのこと・・・!

そして身内用で持っていってたお菓子が、あんまり身内がいなかったものでもてあましてたところを、特別に並べさせてもらえることになりました。

マンデルチーゲル&鳥の巣。
郷土焼き菓子の組み合わせです。
IMG_1875c.jpg

そう、そういえば今回ってあんまり青空カフェの人って来てなかったのですよね。
そこがちょっと残念・・・。


ともあれ、のんびりとした空間で美味しいもの食べたり、色んな服試着してみたりと、楽しませてもらってきました。
実は一着もらってきた服もあって、それがフード付きのYシャツというの。
Yシャツでフード付きってあんまり見ないものだから、ついついそのままもらってきてしまったという。

自分の持って行ったものもいくつかもらって行ってもらえたし、初めて交換会として楽しめたなぁって気がします。
や、だって今までずっと併設のお菓子屋さんだったんだもの。

また次回の開催は3月くらいになるということでしたけど、それまでにまた何か出せるもの集めておかないとなぁ。
ばぁば工房@11/25。
青川峡に続き、手づくりマーケットの出店をしてきました。
今度は古民家フリースペース「ばぁば工房」で開催されたハンドメイドマーケットです。

IMG_1830c.jpg

ばぁば工房は港区にある古民家で、毎週日曜日に色んな企画が行なわれているフリースペースだそうです。
今回はハンドメイドマーケットですが、作品教室だったり、コーヒーカフェだったり、様々。

そんな古民家にぎゅうと10組以上の手づくり作家さんが、自慢の品を並べます。

IMG_1829c.jpg

古民家の中でアットホームな雰囲気でしたけれど、時にはお客さんが押し合い引き合いして動けなくなるくらいになるときも。

雑貨、陶器小物、裁縫、ビーズ、フェルト細工、消しゴムはんこ、産地直送野菜など、色々な作家さんのものが並んでました。

その中の一隅をお借りして、出してきました白熊工房。

実は今回は非食品で申請をしていたのですが、たまたまお菓子を持ってくる予定の人が来られなくなってしまったとのことで、代打でお菓子も販売させていただけることになりました。

というわけで初参加ながらも2ブース分占拠ということをしでかしています。

こちらが非食品のブース。
ミニチュアブレッドのマグネットとブレッド&ワッフルのストラップが並んでます。

IMG_1827c.jpg


そしてこっちがお菓子の販売のブース。

IMG_1828c.jpg

IMG_1831c.jpg


トルコ風菓子のバリエである鳥の巣や、マシュマロメル、ココアのマドレーヌ、ナッツのキャラメリゼ、ビスコッティの合計5種類が並んでます。
今回はそれぞれにシールでも飾りつけ。
結構前日の突貫作業でやったんですが、それなりに見栄えがあるものです。


食べ物屋さんとしては他にパン屋さんや、こだわりのカレー屋さんなども横並びでお店出されてて、助けたり助けられたりしてました。
こういう作家さん同士の交流っていいなぁと思いつつ。

作家さん以外にも、近所に住んでいる知り合いも遊びてくれたりしました。
もっとびっくりしたのは、今回出している作家さんの作品がお気に入りだったということ。
世の中以外に狭かったりするもの・・・?


交流もさることながら白熊工房の売り上げについてですが、お菓子はほぼ完売、逆に雑貨はほとんど残るという状況・・・。
まだまだ創作物としては魅力が足りないみたいです。


何とかお菓子のほうは売れてくれてたので、その売り上げで色々食べてました。

IMG_1835c.jpg
野菜オンリーで仕上げたバーガーやら。

IMG_1837c.jpg
サツマイモのケーキやら。

他にもルーや小麦粉を一切使用しないカレーなど。
作品じゃなくてもこだわったものが多い印象でした。


日本建築≒冬は寒いの方程式はこのばぁば工房にも漏れず、寒い思いを結構しましたね。
でも色んな趣味の人たちとお話できたのは楽しかったし、いい経験だったと思います。

不定期開催なのがすごく残念。

とりあえず作品の完成度を高めるところから初めていきたいですねー。
そしたら他の作家さんと話すときも自信がもてそう。
青川峡手づくり市。
11月4日、前々から色々と調べていた東海地方での初めてのフリマ出店、三重県いなべ市にある青川峡キャンピングパークの手づくり市での参加でやってきましたー。

名古屋からしたら一時間半くらいかかる山奥だったわけですが、摩耶山のリュックと比べたら全然近いもの。
出店料も1000円とお手ごろだし、手づくり品のみということだったので心のハードルが低かったので、すぐ出店申請を送っちゃいました。

無事出店申請が認可され、徐々に徐々に売り物を作り溜め。
今までは食品だったから作り溜めができなかったけれど、雑貨なら前もって計画的にやれる・・・と思いきや、結構ばたばたしてて前日11月3日をフルで作業してようやく間に合ったという状態でした。
夏休み最終日の宿題ラッシュを思わせます。

さて、そんなこんなで支度を完了してやってきました青川峡キャンピングパーク。

IMG_1740c.jpg

広場の向こうが断崖絶壁。
青川峡は藤原岳と竜ヶ岳という鈴鹿山脈の二峰の間にあります。
キャンプ場なので広々とした芝生エリアがあって、それを周回する道沿いに出店ブースが割り振られてました。

IMG_1741c.jpg

早めに着いたおかげで余裕を持ってテントを張れました。

テント、テーブル、椅子は親戚からの借り物。
リュックとかではいつも地べた販売ですけど、こういう売り場もやったことがないわけじゃないのでなんとかかんとか。

レイアウトもちょっと頑張ってみました。

IMG_1743c.jpg

IMG_1746c.jpg

IMG_1745c.jpg

販売のメインはベルギーワッフルストラップとミニチュアブレッドストラップ。
好きな組み合わせでストラップ作れますので、お気軽に選んでくださいという風。

IMG_1747c.jpg

お天気がいいため、マスコットの白熊くんも久々にやってきました。

IMG_1751c.jpg

今回のポイント、ワッフル型を陳列レイアウトに使ってみたの巻。

これは前日に思いついた手法で、面白そうだと思ってやってみたら、お客さんの受けも上場でした。
ただ、ワッフルを挟んで壊すちびっこもいたけどね・・・!

IMG_1742c.jpg

と、そんな風にレイアウトにこだわってると徐々に他の出店者さんも集まり始め―

IMG_1748c.jpg

10時、青川峡手づくり市が始まりました。

やはりうちの商品は珍しいようで、「かわいい」「本物みたい」と色々声が聞こえたり、何だろうと好奇の目を向けてもらったりするたびに、表面上はニコニコとしておりましたけれど、心の中では「いよっしゃあ!!」とガッツポーズをしていました。


ちなみに結構店頭で多かったやり取りがこちら。

 お客さん「わぁ、本物みたいー」
 みきや「材料は本物ですよ」
 お客さん「へー・・・ Σって、え!? 本物!?」

あんまりにも予想外なのか一瞬本物だと認識するまでタイムラグがあるみたいです。
そういえば初めてミニチュアブレッドの作品を見たとき、自分も似たようなリアクションをしていた気がします。

このやり取りから「食べれるんですか?」「お腹壊してもいいなら食べれますよ」への派生も何度か。


出店者もお客さんも親子連れの比率が多かったようで、店先にもちびっこたちがよく群がってやってきました。
見に来るのは女の子だけと思いきや、男の子も興味津々だったのが意外。

そういえば店頭でかわいいやり取りをしてくれたのも男の子でした。


 男の子「これすごい、すごい!」
 お父さん「おお、ホンマやなぁ。でもこれは食べられへんで?」
 男の子「(きょとん)・・・・・わかってんで! いくら僕でもそれくらいわかってんで!」


慌てて取り繕う男の子がかわいすぎます。


他にも3回もお店にやってきて無言で商品を見つめて、4回目でやっと心が決まったのか買ってくれた子やら、なけなしのお小遣いで商品選んでくれた子やら、色々。
こうして振り返るとほんとに子供ばっかりだなぁ。

IMG_1750c.jpg


今回はひとりだけで行ってたのでお店を空けることができず、お店を見て周ったりすることはできなかったのですけど、左右のお店の方には恵まれてよくしてもらってました。

特に右隣でお菓子を販売されてた方とはカボチャの種のお話に乗っていただいたり、楽器のセッションやらせてもらったり(大失敗したけれど)・・・。

初対面の相手にかぼちゃの種をせびる人間、それがミキヤ。

IMG_1752c.jpg


左隣さんからは、こんなかわいい木工細工買わせてもらいました。

IMG_1767c.jpg

建築部材の余りで作ったというミニハウス。エコでかつかわいらしい。
ブックエンドとかに使えそうです。




太陽が山並みに隠れるくらいに手づくり市は終了、撤収・解散となりました。

IMG_1753c.jpg

最終的な売り上げとしては

ベルギーワッフルストラップ 5個×300円
ミニチュアブレッドストラップ 12個×200円
ミニチュアブレッドマグネット 16個×100円
コーヒー染め手ぬぐい 1枚×300円

総額:5,800円


ワンコイン価格、多種多様な形から選べる辺りや、身につけられるという点でミニチュアブレッドの方が大きく関心を持たれたみたいですね。
ミニチュアブレッドの中でも、角パンやエピが人気でした。
焼き色なんかで判断されるお客さんもいましたけれど。

ストラップ飾りについてはウッドビーズと茶色のチェック柄が人気。
三色のベルギーカラーは不調。

なんあろう、全体的にベルギーワッフルが下火ですね。
お客さんの層が違ったらまた売り上げも変わってくるのかなぁ・・・。


次回は25日に名古屋市港区・ばぁば工房さんのところで出店予定です。
今回のを参考に、また次回の作品作りに活かしてこうっ。
ベルギーワッフルストラップ。
IMG_1530.jpg

最近フリマ向けで作り始めたアイテムがこちら。
ベルギーワッフルストラップです。

まるで本物みたいだね、と言われますが、実は紛う事なき本物のベルギーワッフルを使って作ってます。


普通に焼いたベルギーワッフルをしっかり乾燥させ、上からニス塗りをし、ストラップパーツを組み合わせてできあがり。
多くのフリーマーケットでは食品販売が認められない(家庭のキッチンで作ったものは許可が下りない)ので、じゃあいっそ食べられない風にしちゃおうか?という風でやってみました。

元々ミニチュアブレッドのマグネット品で似たようなことをしていたので、その応用として。

難点は手焼きワッフルの形がばらばらなので、商品に均一性がないところ等。
それはそれで味があるという意見も出そうですが。


とりあえず今度三重県での手作りフリマにこれとミニチュアブレッドマグネットで出店を検討しています。
抽選形式なので通れるか判りませんけれど、やれたらいいなぁ。




あ、当然ながらニス加工してあるので食べられませんよ!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

mikiya(白熊工房)

Author:mikiya(白熊工房)
モノづくりが大好きなC級クリエイター、mikiyaです。
お菓子、パン、イラスト、栞、アレンジ曲等々、モノを消費することよりも作ることのが好きな物体です。

名古屋→神戸→名古屋と、最近また名古屋に帰ってきてます。
でも月に一回は神戸に帰ってます。
どっちもmikiyaにとっては帰るところです。

摩耶山リュックサックマーケットにて、屋号『白熊工房』で手作り雑貨・菓子の販売をしています。その他手作り市にも進出意欲有り。

SHEENAというアイリッシュインストバンドに三宮の路上で出会って、楽しく音楽を演奏しているのをずっと間近で見ていたら、とうとう自分でも楽器演奏に手を出してしまいました。
今日もまたティンホイッスル片手に練習スポットを求めてうろうろと。

山歩きも好きで、お休みである日曜日はどこかの山を徘徊してる可能性有りです。



mikiyaのmixiアカウント

mikiyaのFacebookアカウント



白熊工房のtwitterアカウント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。